1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. エアーワールドさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: 北米 > カナダ の他のブログはこちら|

エアーワールドのブログ

〜スタッフからの最新情報盛り沢山〜

プロフィール

ニックネーム:
エアーワールド
居住地:
大阪府
会社名:
エアーワールド株式会社
会社英字名:
AIR WORLD CO.,LTD.
会社所在地:
東京都
業種:
旅行業
自己紹介:
エアーワールドでは、常にお客様の立場から、より安全で快適な旅行手配を安心してお任せ頂けますよう、お問い合わせの段階から、迅速・丁寧を心がけております。パラオではすっかりお馴染みの、「アクアマジック」を利用したダイビングツアーから、ライセンス取得コース、体験ダイビング、現地オプショナルツアーなどの手配も承っております。是非、お気軽にスタッフまでご相談・お問い合わせください。

尚、ブログは、大阪営業所のスタッフが中心に更新しております!

カレンダー

7月<2017年8月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

記事一覧

21 - 25件目まで(55件中)

バンクーバー
ハッピー・サニー・デー
エリア:
  • 北米>カナダ>バンクーバー
テーマ:その他 
投稿日:2010/04/23 14:43
コメント(3)
昔の日本では子供たちが冬の陽だまりで【日向ぼっこ】をして遊んでいました。

「紫外線は敵だ」と【美白】をとなえて日焼け止めクリームやアフターケアーの化粧品を売るための陰謀が【アウトドアスポーツ低迷】の一因ではないかと私は思っています。

誰も野外に出なくなったら、日焼け止めクリームも売れなくなります。

コロラド

『ハッピー・サニー・デー』 『イャ!ハッピー・サニー・デー』 『今日は日光浴日和だよ〜』

満面の笑顔で挨拶を交して【世界で一番暮らしやすい町と言われるバンクーバー】の人々は、久し振りの良いお天気の日には午後からの仕事を切り上げ、自宅の庭やベランダでお友人も誘ったりして、食事をしながら【日向ぼっこ】を楽みます。

【スタンレーパーク】
スタンレーパーク

【同上】
スタンレーパーク

職場では「日光浴早退や日光浴休み」が公然と認められていて、日焼けは【アウトドアの象徴であり、お金持ちのステータス】なのだそうです。

前は【小麦色の健康的な美肌】がもてはやされていたのに、今度はしわやしみひとつ無い【真っ白な美白お婆ちゃん】がもてはやされる時代がきたらビックリですネ〜。

トバタハ
トゥバタハリーフ(世界遺産を潜る)
エリア:
  • アジア>フィリピン>プエルト プリンセサ[パラワン島]
テーマ:マリンスポーツ 世界遺産 
投稿日:2010/04/17 15:55
コメント(2)
1993年に世界遺産に登録された【トゥバタハリーフ】はパラワン島のプエルト・プリンセーサ港から約90マイルのスルー海のほぼ真ん中にあり、フィリピン最高のダイブスポットとして、世界中から多くのダイバーや水中カメラマンが、クルーズ船を利用して訪れています。

トバタハ

使われていない灯台のあるサウストゥバタハの、アイランドではなくて【アイレット】と呼ばれる小さい岩礁の付近から、ぐるりと一回り見渡せば360度水平線だけしか見えません。

水中映像

4半世紀前に『これほどの海が!』と大感動した海ですが、公園レンジャーによる17年間の手厚い保護にもかかわらず、透視度と魚影の濃さが落ちたようにも感じました。

Tubbataha

もしかして君たちはパラオのペリリュー島でお見かけした有名な【イレズミフエダイ】では?

イレズミフエダイ

いわゆる地球温暖化の影響か、たまたまタイミングが良くなかったのか分りませんが、次回には最高のトゥバタハリーフに逢えるはずだと私は固く信じています。

マンタ

『何故また潜るのか?』 有名な登山家マロリーの名言は『そこに山があるから』ですが、
私の場合は『潜るたびに新しい遭遇があるから』にさせて下さい。

タージマハル
郷に入れば.....
エリア:
  • アジア>インド>デリー/ニューデリー
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2010/04/02 20:30
コメント(3)
私の親友の一人に風采は上がらないが、れっきとした国家公務員がいまして、彼は節約に節約を重ね、年休(有給休暇)を全部使って『定年までに100ヶ国は行く!』と頑張っています。

【買っても良いけど絶対に飲んではいけないドリンク】
インドの街

彼は海外では【安全対策?と節約対策】で、そこの中流以下【かなり以下?】の人々と同じ服装・格好をするそうで『何処の国へ行ってもその国に人に見られる』と威張っています。

インドのニューデリーの街中を独りで歩いて疲れ果て、しょぼくれた顔をして道端に座っていると、彼の前を通った恰幅の良い中年の紳士がそっと彼の前に小銭を置いて行きました。

『何だろうか?どうしてだろう?』と頭を掻きながら考えていると、今度は見るからにお金持ちらしき美しいご婦人が、先ほどの小銭の上にそっと小銭を置いて立ち去りました。

【この子達もお仕事ダョ〜ン!】
インドの犬

彼が1日中そこに座っていたら、一体幾らくらいの稼ぎになるのでしょうネ〜。

クリスマス
フィリピンの正装(バロンタガログ)
エリア:
  • アジア>フィリピン>マニラ
テーマ:その他 
投稿日:2010/04/02 13:40
コメント(2)
フィリピンの正装は【バロンタガログ】で、ネクタイとスーツに比べて軽くて涼しいので快適です。

パイナップルやバナナ繊維の織物を素材にしたシースルーの生地で作られ、高級品になればなるほど繊細な刺繍が多く施されています。

【クリスマスには家族で正装】
バロン正装

フィリピンがスペインの植民地として統治されていた時代に、衣服の下にナイフなどの武器を隠す事が出来ないように、このスタイルになったのだそうです。
(同じようにスペインの植民地であった中南米の国々でもこのスタイルが残っています)

男性の場合は必ず白のアンダーシャツ(地肌が透き通るので)を着て、黒いパンツと黒い靴を着用するのが一般的な決まりのようです。

【マカティにあるシャングリラホテルでの結婚式で正装した出席者】
バロン

ある時マニラの友人から高級な「バロンタガログ」を頂いたので、早速着て街に繰り出しますと、すれ違う人が私をジロジロと見ています。 (私が急に男前になるはずはありません)

ショッピングモールの入り口にまで来ると、若い女性グループの一人が笑いながら私を指さし、そのうちの数人は座り込んで『キャー』と声を上げ、腹を抱えて笑い転げていたのです。

私は「バロンタガログ」を素肌で着て野球帽をかぶり、ジーンズにサンダル履きでした。

コタキナバル
コタ・キナバル(マレーシア・ボルネオ島)
エリア:
  • アジア>マレーシア>コタキナバル
  • アジア>マレーシア>ボルネオ島
テーマ:観光地 
投稿日:2010/04/01 18:13
コメント(2)
【コタ・キナバル】はボルネオ島の北の玄関口に位置する(山・川・森・海)に恵まれた美しい町で(エコツアー・アドベンチュアーツアー・キナバル山登山・スキューバダイビング・各種マリンスポーツ・ゴルフ)とアウトドアスポーツにはこと欠きません。

【豪華リゾートホテルのガーデン】
リゾートホテル

現地の旅行会社では多くのツアーが用意されていて、日本語のガイドもいます。
世界一大きい花【ラフレシア】の開花情報は、市内の展示場で教えてくれます。

ラフレシァ

川下りを楽しみながら、ボルネオ島にだけに棲息している【テングザル】を見つけるツアーに参加して、夕食のバーベキューの後での珍しいホタル見物は如何でしょうか?

テングザル

ここのホタルは川岸の1本の木に、木が見えなくなるほどの無数のホタルが集まり、まるで誰かが指揮棒を振っているかのように、一斉に光ったり消えたりを繰り返すのが圧巻です。

【ホタルの木】は大きなクリスマスツリーのような不思議な光景です。

おびただしい数のホタルが『何のために1本の木に集まって、一糸乱れぬ行動をとるのか?、他にもこんなホタルがいるのか?』 ご存じの方があれば教えて下さい。

(Photo by Danny Cheong)

21 - 25件目まで(55件中)

▲ このページのトップへ