1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. エアーワールドさんのブログ
  5. マリンスポーツ記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > フィリピン の他のブログはこちら|

エアーワールドのブログ

〜スタッフからの最新情報盛り沢山〜

プロフィール

ニックネーム:
エアーワールド
居住地:
大阪府
会社名:
エアーワールド株式会社
会社英字名:
AIR WORLD CO.,LTD.
会社所在地:
東京都
業種:
旅行業
自己紹介:
エアーワールドでは、常にお客様の立場から、より安全で快適な旅行手配を安心してお任せ頂けますよう、お問い合わせの段階から、迅速・丁寧を心がけております。パラオではすっかりお馴染みの、「アクアマジック」を利用したダイビングツアーから、ライセンス取得コース、体験ダイビング、現地オプショナルツアーなどの手配も承っております。是非、お気軽にスタッフまでご相談・お問い合わせください。

尚、ブログは、大阪営業所のスタッフが中心に更新しております!

カレンダー

7月<2017年8月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(11件中)

クマノミ
ボホール島からバリカサグやカビラオへ
エリア:
  • アジア>フィリピン>ボホール島
テーマ:ビーチ・島 マリンスポーツ 動物 
投稿日:2011/03/28 19:14
コメント(1)
ボホールはダイバーの憧れである【バリカサグ】や【カビラオ】へのダイビング基地で、
マニラから航空機で1時間15分、セブ島からは高速艇で1時間または1時間半です。

日本人常駐の【グッドダイブショップ】が高級リゾート【ボホールトロピックス】内にあります。
ホテルロビー

リゾートホテルのプールはいつも貸し切り状態です。
プール

海側にある【グッドダイブショップ】はホテル敷地内のここから階段を下りて行きます。
ホテルの部屋からショップまで【ダイビング器材自動運搬機】が常時活躍しています。
ショップ入口

ダイブショップの船着き場に停泊中の【バンカーボート】と呼ばれるダイビングボート。
アウトリガー付きで安定性があるので見た目よりも思ったよりも快適なダイビングができます。
バンカボート

ダイビングの目玉【ギンガメアジ】の魚影はこの程度です。
ギンガメ

近くで見ると美味しそうですね〜。
ギンガメアップ

“アバサー汁”が美味しそう。(アバサー汁で検索してみてくださいね〜)
アバサー

美味しそうな名前の【チョコレートヒル】はボホール島の観光の目玉で、
乾季は草が枯れて茶色いチョコレートのようなのでこの名がつきました。
チョコレートヒル

チョコレートヒルの道中で観光の目玉【ターシャ】と呼ばれる【フィリピンメガネザル】
世界最小級のメガネザルで、目玉焼きのような目をしていますが食べられません。
ターシャ

ボホール島にはこの他にも日本のムササビやモモンガのように、前肢と後肢の間にある被膜を広げて木から木へと滑空ができる【フィリピンヒヨケザル】という珍しい原猿類が棲んでいます。

(Photo by good dive shop)

スノーケル
パラオは避暑地?
エリア:
  • ミクロネシア>パラオ共和国
テーマ:観光地 マリンスポーツ 自然・植物 
投稿日:2011/02/25 14:35
コメント(0)
パラオの年間平均気温は27℃と日本の真夏には避暑に行きたいくらいで、日本人スタッフのいるホテルや現地旅行会社が多く、街には各国のレストランやエステがあります。

日本人スタッフ常駐の本格エステ【クール・エ・コール】
エステ

8都市からグアム経由のコンチネンタル航空便(約8時間)で、成田・名古屋・関空からJALのチャーター便(約4時間)で、成田からデルタ航空の直行便(約4時間半)でアクセスできます。

ロックアイランドツアーで行く手付かずのホワイトサンド。
パラオ砂浜

ロックアイランドは珊瑚で出来た200余りの島々があります。
アイランド

釣りは【トローリング・手釣り・ナイトフィシング・ルアーキャスティング】と何でもできます。
ボート

【ミルキーウェイ】で泥パックをしてつやつやのお肌がさらにつやつやに。
ミルキーウェイ

【シーカヤック】を自分で漕いで大自然を探検。
カヤック2

たそがれ時はとても涼しい。
パラオの夕日

原生林を抜けて川を渡り
川

たどり着いた【ガラツアオの滝】は「おー寒い!」
滝

(Photo by IMPAC Palau)

パラオ
パラオは何が?何時の季節が?
エリア:
  • ミクロネシア>パラオ共和国
テーマ:ビーチ・島 マリンスポーツ 
投稿日:2011/01/31 18:48
コメント(0)
『パラオは何が出ますか?』 『何でも出ます』 『お化けも出ますか?』 『もちろん出ま〜す』
『何が出ますか?』と聞かれたら、何でも出るのでホントに返事に困ります。

【とりあえず定番のブルーコーナーのギンガメアジ】
ギンガメ2

【いつ行っても顔見知りの子達がいます】
ギンガメ

【こんな子も】
ハゼ

【こんな子達も】
ハゼ

【こんな子まで】
カメ

【アクアマジックというショップの前にはこんな大シヤコ貝がゴロゴロ】
シャコガイ

【この子達もショップの前】
クマノミ

『何時の季節に行くのが良いですか?』『何時でも良いです』
一応日本の冬場がオンシーズンですが、私は春から秋にかけての混まない時に行きます。

【ブルーコーナー】
パラオナポレオン

【どこだっけ?】
マンタ

【何撮ってるの?】
撮影

台風の襲来はほとんどありませんし、最悪のお天気でも何処かでは必ず潜ることが出来ます。

トバタハ
トゥバタハリーフ(世界遺産を潜る)
エリア:
  • アジア>フィリピン>プエルト プリンセサ[パラワン島]
テーマ:マリンスポーツ 世界遺産 
投稿日:2010/04/17 15:55
コメント(2)
1993年に世界遺産に登録された【トゥバタハリーフ】はパラワン島のプエルト・プリンセーサ港から約90マイルのスルー海のほぼ真ん中にあり、フィリピン最高のダイブスポットとして、世界中から多くのダイバーや水中カメラマンが、クルーズ船を利用して訪れています。

トバタハ

使われていない灯台のあるサウストゥバタハの、アイランドではなくて【アイレット】と呼ばれる小さい岩礁の付近から、ぐるりと一回り見渡せば360度水平線だけしか見えません。

水中映像

4半世紀前に『これほどの海が!』と大感動した海ですが、公園レンジャーによる17年間の手厚い保護にもかかわらず、透視度と魚影の濃さが落ちたようにも感じました。

Tubbataha

もしかして君たちはパラオのペリリュー島でお見かけした有名な【イレズミフエダイ】では?

イレズミフエダイ

いわゆる地球温暖化の影響か、たまたまタイミングが良くなかったのか分りませんが、次回には最高のトゥバタハリーフに逢えるはずだと私は固く信じています。

マンタ

『何故また潜るのか?』 有名な登山家マロリーの名言は『そこに山があるから』ですが、
私の場合は『潜るたびに新しい遭遇があるから』にさせて下さい。

アニラオ
ドゥマゲテのクマノミ城
エリア:
  • アジア>フィリピン>ネグロス島
テーマ:マリンスポーツ 
投稿日:2010/03/24 16:37
コメント(2)
クマノミ城は、フィリピンのネグロス・オリエンタル州の州都【ドゥマゲテ】の近くにあります。

水中映像

比較的浅い造礁珊瑚の上はイソギンチャクだらけ、イソギンチャクにはクマノミだらけ、クマノミ団地かイソギンチャク畑か、これほどのクマノミの集結地帯を私は他に知りません。

他のドゥマゲテのダイビングスポットでは【アポ島】が一番良く知られています。

アポ島の周りの海は、ドゥマゲテにあるシリマン大学校の海洋学部が、政府と協力して魚のサンクチュアリとして管理され、ダイナマイトや水中モリを使う漁方を厳しく規制・監視をしていますので、魚影も濃くダイビングポイントとしては申し分ありません。

一つだけ腑に落ちないことは、ろくでもない欧米人ダイバーのアドバイスで【ダイビング用グローブ着用禁止】となっいて、ボートの上や水中で手袋を使っているのを金髪ダイバーが見つけると、血相を変えて飛んで来るというものです。

「ダイバーが手袋で珊瑚を掴み、珊瑚が壊れる」という理由なのだそうですが、ダイビンググローブは珊瑚を掴む目的で着用するのではなく、有毒の魚やクラゲ、他の危険な障害物などから水でふやけて柔らかくなるダイバーの手や皮膚を守る【ダイバーの必需品】です。
ダイビンググローブ
『珊瑚や岩を掴むな』と言えば済むことを、頭の悪い金髪がよその国へやってきて的外れのアドバイスをし、それに異論をとなえられないフィリピン人プロガイドダイバー達にも困ったものです。

1 - 5件目まで(11件中)

▲ このページのトップへ