1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. エアーワールドさんのブログ
  5. その他記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: 北米 > アメリカ西部 の他のブログはこちら|

エアーワールドのブログ

〜スタッフからの最新情報盛り沢山〜

プロフィール

ニックネーム:
エアーワールド
居住地:
大阪府
会社名:
エアーワールド株式会社
会社英字名:
AIR WORLD CO.,LTD.
会社所在地:
東京都
業種:
旅行業
自己紹介:
エアーワールドでは、常にお客様の立場から、より安全で快適な旅行手配を安心してお任せ頂けますよう、お問い合わせの段階から、迅速・丁寧を心がけております。パラオではすっかりお馴染みの、「アクアマジック」を利用したダイビングツアーから、ライセンス取得コース、体験ダイビング、現地オプショナルツアーなどの手配も承っております。是非、お気軽にスタッフまでご相談・お問い合わせください。

尚、ブログは、大阪営業所のスタッフが中心に更新しております!

カレンダー

7月<2017年8月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(5件中)

Take five
一服しようぜ!【テイク・ファイヴ!】
エリア:
  • 北米>アメリカ西部>アスペン
テーマ:その他 
投稿日:2010/08/03 14:46
コメント(3)
モダンジャズの全盛期、作曲者ポール・デスモンドのアルトサックをフィーチャー(Feature)した、デイヴ・ブルーベック(pf)・カルテットでおなじみの名曲【テイク・ファイヴ】が大ヒットしました。

1小節の中に4分音符が5個ある4分の5拍子、この変拍子ジャズの題名【テイク・ファイヴ】を、
何十年もの間『5を取れ!』と言う意味だけだとばっかり思っていましが........

テイク5

ゲレンデで作業をしていた若者の誰かが『テイク・ファイヴ!』と叫ぶと、みんなが『オーケー・オーケー』と答えて一斉に休むのを見た、私の(目からうろこ)が落ちました。

テイクファイブ

『5分間休もうぜ』とか『ちょっと休憩しようか?』と、フツーに使われていて『テイク・ファイヴ・ミニッツ・ブレイク』の後半分が省略された慣用語なのを知らなかったのは私だけ? <汗>

何故かこの頃は『テイク・ファイヴ!』と言って『オーケー』と返事が来たらとても嬉しいのです。

バンクーバー
ハッピー・サニー・デー
エリア:
  • 北米>カナダ>バンクーバー
テーマ:その他 
投稿日:2010/04/23 14:43
コメント(3)
昔の日本では子供たちが冬の陽だまりで【日向ぼっこ】をして遊んでいました。

「紫外線は敵だ」と【美白】をとなえて日焼け止めクリームやアフターケアーの化粧品を売るための陰謀が【アウトドアスポーツ低迷】の一因ではないかと私は思っています。

誰も野外に出なくなったら、日焼け止めクリームも売れなくなります。

コロラド

『ハッピー・サニー・デー』 『イャ!ハッピー・サニー・デー』 『今日は日光浴日和だよ〜』

満面の笑顔で挨拶を交して【世界で一番暮らしやすい町と言われるバンクーバー】の人々は、久し振りの良いお天気の日には午後からの仕事を切り上げ、自宅の庭やベランダでお友人も誘ったりして、食事をしながら【日向ぼっこ】を楽みます。

【スタンレーパーク】
スタンレーパーク

【同上】
スタンレーパーク

職場では「日光浴早退や日光浴休み」が公然と認められていて、日焼けは【アウトドアの象徴であり、お金持ちのステータス】なのだそうです。

前は【小麦色の健康的な美肌】がもてはやされていたのに、今度はしわやしみひとつ無い【真っ白な美白お婆ちゃん】がもてはやされる時代がきたらビックリですネ〜。

クリスマス
フィリピンの正装(バロンタガログ)
エリア:
  • アジア>フィリピン>マニラ
テーマ:その他 
投稿日:2010/04/02 13:40
コメント(2)
フィリピンの正装は【バロンタガログ】で、ネクタイとスーツに比べて軽くて涼しいので快適です。

パイナップルやバナナ繊維の織物を素材にしたシースルーの生地で作られ、高級品になればなるほど繊細な刺繍が多く施されています。

【クリスマスには家族で正装】
バロン正装

フィリピンがスペインの植民地として統治されていた時代に、衣服の下にナイフなどの武器を隠す事が出来ないように、このスタイルになったのだそうです。
(同じようにスペインの植民地であった中南米の国々でもこのスタイルが残っています)

男性の場合は必ず白のアンダーシャツ(地肌が透き通るので)を着て、黒いパンツと黒い靴を着用するのが一般的な決まりのようです。

【マカティにあるシャングリラホテルでの結婚式で正装した出席者】
バロン

ある時マニラの友人から高級な「バロンタガログ」を頂いたので、早速着て街に繰り出しますと、すれ違う人が私をジロジロと見ています。 (私が急に男前になるはずはありません)

ショッピングモールの入り口にまで来ると、若い女性グループの一人が笑いながら私を指さし、そのうちの数人は座り込んで『キャー』と声を上げ、腹を抱えて笑い転げていたのです。

私は「バロンタガログ」を素肌で着て野球帽をかぶり、ジーンズにサンダル履きでした。

ハニー
インターミッション
エリア:
  • ヨーロッパ>イギリス>ロンドン
  • 北米>アメリカ東部
テーマ:その他 
投稿日:2010/04/01 11:33
コメント(0)
<その1>
イギリスを一人旅している日本人が、田舎の駅で「ロンドン行き」の切符を買おうとしています。

『ツー・ロンドン・プレーズ』 切符を2枚渡されそうになりましたので、あわてて、
『ノー・ノー・フォー・ロンドン』 今度は4枚渡されそうになりました。
『どう言ったら通じるかなぁ〜・エート』 切符は8枚出てきてしまいました。

<その2>
アメリカに渡った日本の議員さんが、アメリカ政府との交渉がこちらの思うようにいきません。

しびれを切らした日本の議員さん『それでは私の顔が立たない!』と言おうとして通訳を手でさえぎって叫びました『マイ・フェイス・ドント・スタンド!』

アラスカ
同時多発テロ(9・11テロ)で連行される
エリア:
  • 北米>カナダ>ホワイトホース
  • 北米>アメリカ西部>アンカレッジ[アラスカ州]
テーマ:鉄道・乗り物 その他 
投稿日:2010/03/08 12:12
コメント(2)
2001年9月11日、悪夢のような世界貿易センタービルがやられた時間に、我々はソウル発アンカレッジ経由ニューヨーク行きの太平洋上の航空機の中で無邪気に眠っていました。

アンカレッジ空港到着予定時間の20分前に、高度を下げ始めた航空機が突如高度を上げはじめ【乗客はスクリーンのナビを見ている】カナダの国境を超えてさらに北上を続け、客室乗務員は一人も客室へ出て来なくなり乗客には何のアナウンスもありません。

『ハイジャックされたのではないか!』と私の前席のアメリカ人男性が、機内からニューヨークの娘に電話をかけ、我々だけは数時間前に起きた忌まわしい大事件を知ることができました。

しかし、乗客には何も知らされないまま入国管理も税関も無いカナダ北部のユーコン州【ホワイトホース】のローカル空港にアメリカ空軍によって連行されて強制的に緊急着陸をしました。

ホワイトホース

後で知った話ですが、世界貿易センタービルに最初のアメリカン航空11便が突入してから1分後には【全米の空を飛行中のすべての民間機を着陸させる】という異例の指令が発せられ、その約3時間半後には、計4,546機が着陸を完了しました。

その後、2002年の8月13日付けの【USA Today紙】の記事で、我々の乗った航空機が米アラスカ州アンカレッジ近くの太平洋上で、ハイジャックされたとの信号を誤って発信したために、【米軍機によって撃墜されるかも知れない緊迫した事態】が起きていたと報じられました。

同紙によると、このボーイング747(乗客乗員215名)がアンカレッジ管制塔からの『ハイジャックされていないか?』との問い合わせ信号に、誤って乗っ取られた事を示す信号を発信した。

【F15のホールドアップは怖い!】
F15

このため警戒飛行中の米軍F15戦闘機2機が追尾、米軍は『もし、この航空機が給油予定地変更に従わず、アンカレッジ上空に達した場合は撃墜する』と管制塔に通告しました。

旅客機は管制官の指示に従いホワイトホース空港に緊急着陸し【かろうじて惨事を免れた】

アメリカ人と私が『何故我々はここに緊急着陸させられたのだろうか?』とホワイトホースの空港管制官に尋ねると『貴方はハイジャックされていませんか?』との質問にパイロットが適切に答えられなかったからだ』という答えでした。

もしかしてパイロットは管制塔からの『いないですね!』の問いかけに『はい、いません』と答えたのでは?つまり、英語では『ノー,いません』と言うのを『イエス,いません』と言ったのでは..。

日本語や韓国語などでは『はい、そうではありません』と言いますものネ〜。

【紅葉が始まりかけた9月中旬のアラスカ】
アラスカ

ホワイトホースでの2泊を余儀なくされて3日目、アンカレッジに引き返す航空機のパイロットが乗客の前を通って航空機に乗る時に、乗客の大半が歓声と共に大きな拍手をしたのですが、機長さんはとても恥ずかしかったのではなかろうかと思います。

私とアメリカ人は思わず顔を見合せて、とても苦々しい苦笑いをしてしまいました。

それにしてもこの航空会社は、帰りの機内でも後日にでも「ごめんなさい」の一言や何の連絡も無かったことが解せないのは、私のメンバーとあのアメリカ人男性だけでしょうか???

1 - 5件目まで(5件中)

▲ このページのトップへ