1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ピタ室長さんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: 南太平洋 > フィジー の他のブログはこちら|

フィジー観光宣伝室 ブラ・ベア ピタ室長のブログ

フィジー共和国大使館 観光公式ブログ

プロフィール

ニックネーム:
ピタ室長
居住地:
東京都
性別:
男性
会社名:
フィジー共和国大使館
会社英字名:
Embassy of the Republic of Fiji
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3587-2038
業種:
その他
自己紹介:
ブラ!

南太平洋の楽園、フィジー生まれのブラ・ベア、ピタです。
フィジー観光宣伝室、室長としてフィジーの魅力をお伝えしていきます。

ヴィナカ!

好きなもの: ラグビー・fmfのBreakfast Crackers

得意なこと: 歌うこと、spear(やり)ダンス

カレンダー

3月<2015年04月    
1 23 4
5 67 89 1011
121314 1516 1718
1920 2122 23 2425
2627 282930

記事一覧

1 - 5件目まで(11件中)

happiness4.27_4
マナ島からHappiness! 〜サメと僕らの幸福な関係〜
エリア:
  • 南太平洋>フィジー>マナ島
テーマ:ビーチ・島 
投稿日:2015/04/27 10:48

Yadra ヤンドラ! ピタ室長です!

今朝もマナ島のダイビング・ショップ、アクアトレック・マナの現地インストラクター よしさんの写真とメッセージによる フィジーの happiness をお届けします!

サメと僕らの幸福な関係

ダイビングやスノーケリングをしていると、よく聞かれる。サメはいますか。恐くありませんか。襲われたことはありますか。などなど。

こたえは順番に「はい」「いいえ」「いいえ」

サンゴ礁の海には数種類のサメが生息している。サメに限らず生き物がその場所に住む理由はそこに食べ物があるから、どんな生き物も栄養分をとることができないところでは生きていけないのだから。

happiness4.27_ネムリブカ
ネムリブカ

happiness4.27_オグロ
オグロメジロザメ

サメにとってサンゴ礁は好物がいっぱいある恵まれた環境だ。種類によって餌となるものは違うが、全ての食料はサンゴ礁の海でまかなえる。まるで回転寿司のカウンターに座って生活しているように新鮮な好物が産地直送でいつも届くのだからうらやましい限りだ。そんな恵まれた環境に暮らすサメが、正体不明の巨大な未確認生物である人間を襲うことになんの利点もない。人間のような大きな生き物を見たことがないのが普通だから、大概の場合は出会ってもサメの方が逃げていく。これは僕たちに当てはめてみてもわかるだろう。回転寿司のベルトコンベアーに乗って未確認の大きな生き物、例えばガチャピンやフナッシーのようなものがやってきたら、僕なら逃げる。戦う価値はないし、負けるかもしれないし、勝っても食べきれない。しかもうまいかどうかもわからない。それより、いつもの好物を必要な分だけ食べる方がいいに決まっている。

だから僕はここマナ島の海でほぼ毎日スノーケリングやスクーバダイビングをしているけど、襲われたことはない。それどころか、そのかっこいいサメをいつも観たいと思っているので。出会ったらうれしい。

そのサメをもっと近くで観る事ができるのが、シャークダイビングだ。ダイビングのプロがこの地域で獲れた魚を持って潜ると数種類のサメが近づいてきて、ガイドの手から魚をもらって食べる。マナ島でのシャークダイビングは、今は伝説のダイバーと呼ばれるマナ島のアピサイ・バティという男が自分が獲った魚を近くにいたサメに分け与えたことから始まった。しばらく中断していたこのシャークダイビングを最近復活させたのには理由がある。

happiness4.27_4

happiness4.27_3

フィジーでもフカヒレ漁が盛んになり、マナ島のあるママヌザ諸島でも鰭を切り取られたサメが海に捨てられるということが度々あった。

サメは海の悪者と思われていたので、それほど関心をもたれることなく結果たくさんのサメたちが同じように、鰭だけ獲られて捨てられるということが続いた。

そこで僕たちダイバーがサメの調査をはじめた。フィジーのサメの生息数を数え、もっとサメのことを知ってもらい保護するように訴えた。

スノーケリングやスクーバダイビングでサメと出会うと、彼らが如何に完成された美しくかっこいい生き物であるかがはっきりわかる。しかもよく見るとなかなか可愛い。

サメは僕たちと同じように生活するいきものだと理解して、サメに意識を向けてもらい結果守りたいと思ってもらえると嬉しい。

サメが魚を食べるように、僕たち人間がサメを食べることを否定するつもりはない。でも食べるなら、サメが魚を残さず食べるように、鰭だけではなくほかの部分も全部食べてもらいたい。

ここマナ島の近くでは、元気に泳ぐかっこいいサメが暮していてスノーケリングやスクーバダイビングで出会うことができる。

ママヌザ諸島ではもうフカヒレ漁は行なわれていない。スノーケラーやダイバーが自分達の住処にやってくることがサメたちにとって嬉しいことかどうかはわからないけど、少なくとも鰭だけ切り取られて捨てられるという不幸は無くなったので、これはサメたちとの幸福な関係だと僕は勝手に思っている。

2015.04.27 きゃくのよしみ

happiness4.27_5

happiness4.27_ツマグロ
ツマグロ


タグ:
マナ島 Happiness 

PR
日本人スタッフが常駐している、マナ島のPADI5スターのダイブ・センター、アクア・トレック・マナ!
関空旅博_タイトル
関空旅博2015まであと1ヶ月!
エリア:
  • 南太平洋>フィジー
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2015/04/23 09:37

Bula ブラ! エセラです!

関西国際空港で開催される 関空旅博2015 まであと1ヶ月!

ピタ室長とルッシはただいませっせと準備中!

関空旅博

今年11回目を迎える 関空旅博2015 は、西日本最大級の「世界に一番近い旅の博覧会」。

大使館や観光局、国内外の旅行を取り扱う旅行会社が集合、さまざまなステージイベントや世界のグルメも楽しめます。

24日(日)にはフィジーを満喫する旅のスタイルとリゾートをご紹介するセミナーを行います。

ご参加いただいた方にはもれなくフィジーのミネラルウォーターとオリジナル缶バッチをプレゼント。

関空旅博_缶バッジ

日本未発売のPure Fijiのココナッツ・オイルやオリジナルグッズが当たる抽選会もあります。

ぜひご参加ください♪



【名 称】 関空旅博2015 〜世界に一番近い旅の博覧会〜 KANKUTABIHAKU 2015

【開催日】 2015年5月23日(土)〜 24日(日)

【開催時間】 午前10時 〜 午後5時

【開催会場】 関西国際空港 (南・北イベント広場、駅コンコース、関西空港会議場など)

【主 催】 新関西国際空港株式会社

【入場料】 無料

【ホームページ】http://tabihaku2015.com/

【 Facebook 】 https://www.facebook.com/kankutabihaku

フィジーブースはN55です。


海外旅行セミナー フィジー共和国大使館
≪楽園フィジーのおすすめ!旅のスタイル&リゾート≫

【開催日】 2015年5月24日(日)

【開催時間】 午前11時30分 〜 午後12時15分

【開催会場】 関西国際空港会議場 <ホテル日航関西空港1階> 鷺の間

【参加料】 無料

【定 員】 50名

【申し込み方法】 関空旅博2015 ホームページ http://www.tabihaku2015.com/seminar/ から

タグ:
イベント 大阪 

PR
フィジーのベストシーズンは5月から11月!
フィジー観光情報サイトはこちらから!
フィジーのベストシーズンは5月から11月! フィジー観光情報サイトはこちらから!
ダクピタ
サヴサヴ湾を見下ろすウッドデッキでのヨガで心と体を整える ダク・リゾート
エリア:
  • 南太平洋>フィジー>バヌアレブ島
テーマ:ホテル・宿泊 
投稿日:2015/04/22 09:29

Bula ブラ! ピタ室長です!

ヴァヌア・レブ島、サヴサヴにある、ダク・リゾート Daku Resort は、
パラダイス・コースという、さまざまなワークショップを行っているユニークなリゾート。

ダク_1
Photo from Daku Resort Facebook

コースは、絵画、ゴスペル、バード・ウォッチング、キルトなど。

ダク_2
Photo from paradisecourses.com Website

特にサブサブ湾を見下ろすウッドデッキでのヨガ教室が充実しています。

ダク_3
Photo from paradisecourses.com Website

サヴサヴの海と熱帯雨林の大自然のパラダイスで心と体を整えるのにぴったりのリゾートです♪


ダク・リゾート Daku Resort

【住 所】 Savusavu, Vanua Levu, Republic of Fiji

【電 話】 679-885-0046

【ホームページ】 http://dakuresort.com/

【パラダイス・コースの詳細】 http://paradisecourses.com/

【ダク・リゾートへのアクセス】 フィジー・リンク Fiji Linkが、ナンディ空港 - ヴァヌア・レヴ島のサヴサヴ空港間を毎日1便 運行、約1時間、サヴサヴ空港から車で約10分

マップ・ダクリゾート


タグ:
ヴァヌア・レヴ島 リゾート アクティビティ 

PR
フィジーのベストシーズンは5月から11月!
フィジー観光情報サイトはこちらから!
フィジーのベストシーズンは5月から11月! フィジー観光情報サイトはこちらから!
happiness4.20_4
マナ島からHappiness! 〜幸福のバディシステム〜
エリア:
  • 南太平洋>フィジー>マナ島
テーマ:ビーチ・島 
投稿日:2015/04/20 09:33

Yadra ヤンドラ! ピタ室長です!

新しい週の始まりは、マナ島のダイビング・ショップ、アクアトレック・マナの常駐インストラクター よしさんの写真とメッセージによる フィジーの happiness をお届けします!

〜幸福のバディシステム〜

スクーバダイビングやスノーケリングは必ず二人組みで行なうというルールがある。信頼し注意しあいながら、互いの命を託し、なによりも潜った海の楽しさと喜びを共有する関係。その関係をダイビングの世界ではバディシステムといい相棒のことをバディと呼ぶ。

happiness4.20_2
マナ島 サウス・ビーチにて

かつてともに働き、今は遠く離れている友がいる。同じ街でトレーニングを受けてスクーバダイビングのプロとして働き始めた。その後僕は、オーストラリア、日本、フィジーと理想の海を探して、たどり着いたここマナ島でインストラクターとして働き続けている。同じようにプロになった友は、あまりスクーバダイビングが盛んではない自分の生まれ育った土地にダイビングを普及させたいと、雪の多い日本海側の町に戻りダイビングショップを開いた。好きなことを仕事にできる幸福と、理想と現実の違いに打ちのめされるような経験を何度も繰り返し、それでもこの仕事を諦めずにもう四半世紀が過ぎた。その間、何年も会わないことが普通になっていたのに、思いがけないところで偶然であったこともあった。ここマナ島に来てくれたときには、二人ともあのころに戻ったように楽しんだ。

happiness4.20_3
ヤマブキハゼ

フェイスブックという便利なものが出来たおかげで、会わなくなっていてもお互いの近況は簡単に知ることが出来る。つい最近の彼のフェイスブックに

“夜中に屋根でゴンッて音がして、朝になって外を見てみたらヤシの実が落ちていた。
ココナッツチップをツマミに飲んでいて、フィジーであったそんなことを思い出した。
笑顔があふれる島だった。”

と言うコメントがあった。

この島の事を思っていてくれることが嬉しく、またいつかここで会えるまでは頑張らねばという思いを抱く。翌日もう一度覗くと、あのころの別の友人も「行くなら誘って欲しい」と言うコメントを載せていた。

これだけ離れていても、互いを思い刺激し合えるバディがいることが、僕にはとても嬉しい。

happiness4.20_1

2015-04-20 きゃくのよしみ


タグ:
マナ島 Happiness 

PR
日本人スタッフが常駐している、マナ島のPADI5スターのダイブ・センター、アクア・トレック・マナ!
マナアイランドリゾートピタ
マナ・アイランド・リゾート 着々リニューアル中!
エリア:
  • 南太平洋>フィジー>マナ島
テーマ:ビーチ・島 ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2015/04/16 09:15

Bula ブラ! ピタ室長です!

マナ・アイランド・リゾートは、週の初めにフィジーのhappinessを紹介してくれる、よしさんが常駐しているダイビング・ショップ、アクアトレック・マナのある、マナ島のリゾート♪

ただ今、ますます快適に魅力的に生まれ変わっています!

島を訪れるゲストをお迎えするレセプションがリニューアル。

マナレセプション
Photo from Mana Island Resort Facebook

レセプション・エリアに、ナンディ、デナラウ島、スヴァで人気のオーガニック・カフェ、Bulaccinoとコラボしたカフェ、Hibiscus が登場。

マナhibiscuscafe
Photo from Mana Island Resort Facebook

スパ The Mana Spaには新しいデイ・ベッドが。

マナdaybed
Photo from Mana Island Resort Facebook

そして5月からはエグゼクティブ・シェフにフィジーのトップ・シェフ、Lance Seeto氏が就任!

ほかにもスイム・アップ・バーのあるプールが6月末に完成予定です。

マナpool
Photo from Mana Island Resort Facebook


タグ:
マナ島 リゾート 

PR
フィジーのベストシーズンは5月から11月!
フィジー観光情報サイトはこちらから!
フィジーのベストシーズンは5月から11月! フィジー観光情報サイトはこちらから!

1 - 5件目まで(11件中)

▲ このページのトップへ