1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ピタ室長さんのブログ
  5. 世界遺産記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: 南太平洋 > フィジー の他のブログはこちら|

フィジー観光宣伝室 ブラ・ベア ピタ室長のブログ

フィジー共和国大使館 観光公式ブログ

プロフィール

ニックネーム:
ピタ室長
居住地:
東京都
性別:
男性
会社名:
フィジー共和国大使館
会社英字名:
Embassy of the Republic of Fiji
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3587-2038
業種:
その他
自己紹介:
ブラ!

南太平洋の楽園、フィジー生まれのブラ・ベア、ピタです。
フィジー観光宣伝室、室長としてフィジーの魅力をお伝えしていきます。

ヴィナカ!

好きなもの: ラグビー・fmfのBreakfast Crackers

得意なこと: 歌うこと、spear(やり)ダンス

カレンダー

2月<2017年3月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

レヴカホームステイピタ
世界遺産レヴカで泊まる レヴカ・ホームステイ
エリア:
  • 南太平洋>フィジー>フィジーその他の都市
テーマ:ホテル・宿泊 世界遺産 
投稿日:2014/06/19 11:00

Bula ブラ! ピタ室長です!

レヴカ・ホームステイ Levuka Homestay 英語 は ピタ室長のふるさと、世界文化遺産 レヴカ Levuka の街の小さなホテル♪

「自分の家のようにくつろげるホテル」でありたいというパース出身のオーナー夫妻の思いから、ホテルでありながら「ホームステイ」の名前がついています!

看板


南国の緑の茂るミッション・ヒルの丘の斜面に沿って建てられた4つの独立したコテージはオーナー夫妻の心遣いが行き届いたシンプルで居心地のいい空間!

コテージ外観

部屋


レヴカの海を見渡すラウンジでオーナー夫人のお手製のケーキをいただきながらノスタルジックなレヴカの街の昔に思いをはせるのはいかがですか。

ラウンジ



レヴカ・ホームステイは、世界最大の旅行口コミサイト、トリップ・アドバイザーのトラベラーズ・チョイス・ホテル・アワード 2014年フィジーのベスト・バリュー・ホテル部門でナンバーワンに選ばれています!


【 レヴカへのアクセス 】

スヴァからバスとフェリー( Patterson Brothers Shipping )を乗り継いで約4時間30分。

またはスヴァのナウソリ空港からオヴァラウ島のブレタ空港まで飛行機 (Northern Air)で約15分。

港からレヴカの町まではバスで約1時間、 空港からは約30分。



フィジー観光情報サイト オープン! こちらから!

タグ:
オヴァラウ島 世界遺産 

レヴカピタ
ノスタルジックな古都 レヴカ
エリア:
  • 南太平洋>フィジー>フィジーその他の都市
テーマ:世界遺産 
投稿日:2014/03/17 15:41

Bula ブラ! ピタ室長です!

昨夜放送されたテレビ番組のもうひとつの舞台、オヴァラウ島 レヴカ

2013年、世界文化遺産に登録されていますー!

熱帯雨林の山と海に挟まれた小さな町 レヴカには、1800年代に建てられたコロニアル様式の
建物が数多く残されています。

そして、その建物のほとんどがいまだに使われていて、レヴカの人々はそこで旅人をもてなし。。

1 ロイヤルホテル


学び。。

2 パブリックスクール


祈りをささげています。

3 セントジョーンズ



【 レヴカへのアクセス 】

スヴァからバスとフェリー( Patterson Brothers Shipping )を乗り継いで約4時間30分。

またはスヴァのナウソリ空港からオヴァラウ島のブレタ空港まで飛行機 (Northern Air)で約15分。

港からレヴカの町まではバスで約1時間、 空港からは約30分。


4 バラ窓
タグ:
オヴァラウ島 世界遺産 

ピタ室長2
ブラ! ピタ室長です!
エリア:
  • 南太平洋>フィジー>フィジーその他の都市
テーマ:世界遺産 
投稿日:2013/09/06 21:37
ブラ!

南太平洋の楽園、フィジー生まれのブラ・ベア、ピタです。
フィジー観光宣伝室、室長としてフィジーの魅力を案内していくよ!

まずは、ぼくの生まれたレヴカをご紹介。
「レヴカの歴史的港湾市街」として今年フィジーで初めて文化遺産として世界遺産に登録されたんだ!

聖心カソリック教会


英国国教会


オヴァラウ島のレヴカは19世紀初めに南太平洋の交易の中心地として栄えて、19世紀中ごろにヴィティ・レヴ島のスヴァに遷都するまで、フィジーの首都だったんだよ。

アメリカ人やヨーロッパ人によって建てられた港湾施設や住宅、店舗、学校、教会などのコロニアル様式の建物が、フィジー独特の文化と融和したユニークな港町。今もその街並みが残っているよ。

ビーチ・ストリート


オヴァラウ島ではダイビングやホエールウォッチングも楽しめるよ!

19世紀の面影が色濃く残る、レヴカ、注目してほしいな!


ピタ室長


スヴァからバスとフェリー( Patterson Brothers Shipping )を乗り継いで約4時間30分。

またはスヴァのナウソリ空港からオヴァラウ島のブレタ空港まで飛行機 (Northern Air)で約15分。

港からレヴカの町まではバスで約1時間、 空港からは約30分。


レヴカ観光協会 Levuka Tourism Association (英語)


フィジーで一番古いホテル Royal Hotel (英語)
タグ:
世界遺産 レヴカ アクティビティ 

1 - 3件目まで(3件中)

▲ このページのトップへ