1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. takashiさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ミャンマー の他のブログはこちら|

中国・東南アジアを個人旅行で楽しむ

〜中国・東南アジアへの個人旅行の経験をもとに、自由で気ままな旅についてのティップス、アイデア等を紹介します。〜

プロフィール

ニックネーム:
takashi
居住地:
兵庫県
性別:
男性
年代:
60代
自己紹介:
2017年、2年間のスリランカでのボランティア活動を終え、日本に戻って来ました。
これからも、東南アジアの個人旅行を続けて行きたいと思います。
また、私の個人旅行サイト enjoyasia.net では、「個人旅行を格安で楽しむ」をモットーに格安個人旅行についてブログ記事を紹介しています。合わせてご覧頂ければと思います。

カレンダー

9月<2017年10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

記事一覧

1 - 5件目まで(68件中)

マンダレーのクドードォーパヤー
LCCで行くミャンマー個人旅行
エリア:
  • アジア>ミャンマー>マンダレー
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 ホテル・宿泊 
投稿日:2017/07/21 16:26
コメント(0)
今回、バンコク経由でミャンマーの個人旅行に行ってきました、ミャンマーはマンダレー、バガン、インレー湖を巡る17日の旅でした。

まず、ミャンマーまでのエアーチケットはLCCのスクートを使いました。エアーアジアの選択肢もありますが、より近いバンコク経由を選びました。料金は関空-バンコク(ドンムアン)往復が、ひとり38,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、座席指定、食事込みの総運賃)でした。フライト時間は約6時間です。

次に、ミャンマーへはエアーアジアを使いました。バンコクからマンダレーまでのフライト時間は、約1時間50分です。料金はバンコク-マンダレー往復が、ひとり12,000円(税金・サーチャージ等の諸費用、委託荷物20kg、座席指定、食事込みの運賃)でした。トータル50,000円で、中国系航空会社でありそうな30,000円台と比べて少し高いのですが、中国系は乗継ぎが2回(上海、昆明など)必要で、宿泊を伴うので使いませんでした。

シンガポールエアーラインのLCC会社スクート スクートで関空からバンコクへ
スクートは最近就航したシンガポールエアーラインのLCC会社。機体は新型を使用しており、他のLCCに比べ大きくてきれいだ。

LCCの場合、プロモーション価格は座席数限定となっているので、早い目の予約が必須となる。


エアーアジアでマンダレーへエアーアジアでマンダレーへ
ヤンゴンへの選択肢もあったが、雨季であるためマンダレーから入ることにした。

エアーアジアでも同じく、割引価格で座席を予約するには出来るだけ早い方が良い。

マンダレー空港に到着 マンダレーに到着
バンコクからマンダレーは近い。約1時間半ほどのフライトで、広大な平原に林立するパゴダ(仏塔)が見えて来た。

時差は-30分なので時計を30分戻す。
マンダレー空港から市内までの交通
マンダレー空港ではタクシーおよびシャトルバスが利用出来る。
タクシーには、シェアが可能なものがあり、他の乗客と乗り合いが出来る。

料金は、ひとり3USDまたは4,000チャット。宿泊ホテル名をドライバーに告げるとホテルまで送ってくれる。

このとき、空港で旅行者をタクシーに案内する係員風の人がいる。親切に荷物も持ってくれるが、タクシーに乗るとチップを要求してくる。私は少額紙幣の200チャット(約17円)をあげたが、他の旅行者(中国人)は無視していた。


PR
EnjoyAsia 東南アジア個人旅行を楽しむ
キャンディ ペラヘラ祭り
2015年キャンディ ペラヘラ祭りは8月17日から29日
エリア:
  • アジア>スリランカ>キャンディ
テーマ:観光地 お祭り・イベント 動物 
投稿日:2015/05/13 16:57
コメント(2)
スリランカ最大のイベント、象とキャンディアンダンサーのパレード、キャンディのペラヘラ祭り、2015年は8月17〜29日に開催されます。

キャンディ行きオブザベーションカーキャンディ行き列車のオブザベーションカー
キャンディへはコロンボから列車かバスで行きます。列車は1等車500ルピー(約400円)、2等280ルピーで約3時間。
1等はきれいでエアコンも効いており快適です。
バスならインターシティバスが速くて便利。

キャンディのゲストハウスキャンディのゲストハウス
ペラハラ祭りの最中はゲストハウスの料金は高くなりますが、私の泊まったゲストハウスはスリーウィーラーに紹介してもらいエアコンなし、WiFi付き、ホットシャワー付きで3,500ルピー、朝食500ルピー/人でした。
ちなみにペラヘラ祭りが終わると2,750ルピーになりました。このゲストハウスはキャンディ湖の南側で、町まで歩いても行ける距離です。


ペラヘラ祭り観客席道路に面した歩道と店は観客席に早替り
ペラハラ祭りは道路を通行止めにして、パレードが行われるので、道路の両側の歩道、店などの建物が観客席になります。現地の人は歩道にシートを敷いて座って見ていますが、外国人観光客は観客席を購入するのがベターです。予約はなくとも当日道路でチケットを販売しており気に入った席を購入することもできます。チケットには8,500ルピーと書いていますが、実際には4〜5,000ルピーで売られています。
根気よく値切ると、2,000ルピー程度まで下がることもあります。(2人で4,000ルピー)

延々と続く象とキャンディアンダンサーのパレード延々と続く象とキャンディアンダンサーのパレード
パレードはキャンディアンダンサーとイルミネーションで着飾られた象が道路を練り歩くのですが、延々と2時間以上も続くのでそれなりの準備が必要です(水、トイレ、カメラのバッテリー等)。

赤のイルミネーションで飾られた象の行進赤のイルミネーションに飾られた象
青、黄色、赤など色とりどりのイルミネーションで飾られた象の行進が延々と続く。



キャンディアンダンサーのファイヤーダンスキャンディアンダンサーのファイヤーダンス
パレードはキャンディアンダンサーの踊りで盛り上がる。ドラムにラッパ、ファイヤーダンスやピーコックダンスなど。



衣装を身に着ける象衣装を身に着ける象
夕方日没前に仏歯寺近辺に行くと、祭りの準備をしているところが見られます。象が衣装を身に着けるところなど、直ぐ近くで写真を撮ることも出来ますので、時間があれば、寄ってみてはいかがでしょうか。




PR
EnjoyAsia 東南アジア個人旅行を楽しむ
世界遺産ゴールの要塞
スリランカ南部周遊の旅(ゴール)
エリア:
  • アジア>スリランカ>ゴール
テーマ:観光地 ビーチ・島 
投稿日:2015/05/11 12:37
コメント(0)
4月13、14日はスリランカの正月で、学校が長期休日になったので、この間にコロンボから南回りの10泊11日の周遊の旅をしました。
ゴールへは、列車、車、インターシティバスなどが利用できますが、今回はインターシティバスで、ベントータまで行き、ウミガメ保護センターなど周辺を観光し、ヒッカドゥワで1泊。明くる日、列車でゴールへ向かい、旧市街のゲストハウスで2泊しました。

世界遺産の街、ゴールの要塞ゴール要塞
400年以上も前、オランダ統治時代に築かれた要塞は今もその堅固な造りを保持している。


ゴール、オールセインツ教会歴史のあるオールセインツ教会
旧市街には、お寺はほとんどなく、代わりに多くの教会に出くわす。
19世紀前半に建立された教会は建築様式も美しく、フォートの街並みに溶け込んでいる。



日本寺ゴール近くにある日本寺
ゴールフォートから東側の半島に見える世界平和を祈る日本の寺。スリーウィーラーで10分のウナワトゥナにある。

住職は日本人で数十年もここスリランカに住み、世界平和を祈りながら地元スリランカ人にも日本式の仏教を伝えている。





ロックテンプルロックテンプル
ゴールからスリーウィーラーで5分ほど行ったところにあるロックテンプル。

石段を上がると、岩を削って造られた寺院がある。




マガラ橋日本の援助で建設されたマガラ橋
ゴール近くに日本のODAにより建設された橋がある。
「2004年12月26日に発生したインド洋津波災害後の復興のため日本国とスリランカ国の友好と協力の証として日本国民により再建された 2006」とある。。

日本の援助がここスリランカでも大いに貢献しているのを知って、日本人として嬉しいが、現地の人にはあまり知られていないのは残念だ。







PR
東南アジア個人旅行のブログです。
コロンボフォート駅
コロンボの街歩き
エリア:
  • アジア>スリランカ>コロンボ
テーマ:観光地 鉄道・乗り物 散歩・自転車 
投稿日:2014/11/09 11:50
コメント(0)
コロンボの街に出てみると、ここは南アジアだと認識する。行き交う人はこれまで訪れた東南アジアの人々と全く異なっている。東南アジアでは割り合い地元の人に溶け込んでいた日本人も、ここでは完全に外国人だ。
スリランカはポルトガル、オランダに続きイギリスの植民地として400年以上も統治された歴史があり、コロンボはフォートと呼ばれるように要塞の街であった。その影響で街にはコロニアルの建物が多く残されている。
まず、コロンボフォート駅から歩いてみよう。

コロンボフォート駅の賑わいコロンボフォート駅の賑わい
コロンボフォート駅は、鉄道駅で国内のあらゆる方面へ向かう鉄道の中心駅である。
多くの路線バスもこの駅の前に発停する。



ペター市場とバスターミナルに向かうバスペター市場とバスターミナルへ向かう路線バス
コロンボフォート駅を出て右に500mほど歩くと地元の人で賑わう大きな市場、ペター市場がある。その隣がセントラルバスターミナルで郊外へ行くにはここからバスに乗る。




ジャミ・ウル・アルファー・モスクジャミ・ウル・アルファー・モスク
スリランカにはイスラム教徒も約8.5%と多く、モスクも多くみられる。


ワールドトレードセンター経済中心地にあるワールドトレードセンター
フォート駅の左側に西方向へ向かうと、逆に今度は官庁、銀行などの並ぶ経済の中心地となる。
写真はヨークストリートにあるスーパーマーケット(カーギルス)と、ワールドトレードセンター。



ゴールフェイスグリーンから見るワールドトレードセンターゴールフェイスグリーンから見るワールドトレードセンター
ワールドトレードセンターを南に行くと、海岸沿いの緑の芝生公園ゴールフェイスグリーンに出る。青い空と海、インド洋の白い波、そしてコロンボの街が1枚の絵の中に納まる。
ここゴールフェイスグリーンは、多くの地元の人が訪れる憩いの場でもある。

ベイラ湖にあるシーマ・マラカヤ寺院
ゴールフェイスグリーンを東の方に歩くと、ベイラ湖に出る。そこには、地元のアーティストジェフェリー・パワの設計による斬新なデザインの小さな寺院、シーマ・マラカヤ寺院がある。従来の仏教建築を更に次元の高いものへと発展させている。

入場には靴を脱ぐが、床が日光で熱くなっているので、靴下などを持参すると良い。




コロンボの街歩きを下記ブログにて紹介しています。是非ご覧ください。
【参考記事】
コロンボ街歩き・・・その1(ゴールフェイスグリーンからバンバラピティヤ)
コロンボ街歩き・・・その2(フォートとぺター)


PR
東南アジア個人旅行のブログです。
派遣先の職業訓練校
スリランカでボランティア活動を始める
エリア:
  • アジア>スリランカ>コロンボ
テーマ:留学・長期滞在 
投稿日:2014/10/02 00:29
コメント(0)
海外ボランティアでここスリランカのコロンボにやって来た。今日でまだ6日目であるが、昨年コロンボに旅行に来ているので、違和感もなくすんなりと馴染めそうである。
ボランティア活動先は国立の職業訓練校で、コロンボから20kmほど南行ったところにある。ここで電気関係の教育カリキュラムについて時代にマッチした技術レベルに引き上げるためのアドバイスを行うもので、当面は授業を参観し現状を把握することになりそうである。
このボランティア活動は、日本のシニア層を対象に海外ボランティアを支援している団体に登録応募することで実現した。私にとっては、これまでの旅行やロングステイから更に有意義な海外での活動が出来るメリットがあった。ボランティア活動の期間は、1〜2年の予定である。


校長、副校長に挨拶校長、副校長に挨拶
初めて派遣先の学校へ出向いた日、最初に校長(左)と副校長(中央)に挨拶をした。
スリランカではほとんどの人が英語を理解し、スピーキングが出来る。イギリス統治下および教育システムの恩恵であろう。
打合せ中、お菓子とか紅茶でおもてなしを受けるが、その紅茶は砂糖が入っていてとても甘かった。


専用の執務室執務室にて
明くる日行ってみると、用意されていた専用の執務室に案内された。これには、少しびっくりしたが、日本から来たボランティアへの一定の敬意の表れと感じられた。
他のスタッフの方も話好きでとてもフレンドリーな人ばかりだったので居心地がいい。
現状はエアコンは校長室と一部の部屋にしかないが、私の執務室にもエアコン工事をしてくれるそうである。また専用のインターネット回線や、電話工事なども近々予定されている。
タグ:
ロングステイ ボランティア 

PR
東南アジアの楽しく個人旅行を紹介しています。

1 - 5件目まで(68件中)

▲ このページのトップへ