1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ユーリンクさんのブログ
  5. アントワープ(ベルギー) 鉄道・乗り物 ブログ記事

特派員ブログ


  海外エリア: ヨーロッパ > ベルギー の他のブログはこちら|

EurLink/ユーリンク ヨーロッパ列車情報

〜ヨーロッパレイル手配の専門会社、ユーリンクがお伝えするこだわりのヨーロッパニュース! 列車、鉄道などの最新情報をメインにさまざまにお伝えしていきたいと思います!!〜

プロフィール

ニックネーム:
ユーリンク
居住地:
東京都
会社名:
ユーリンク(有限会社ユーリンクプランニング)
会社英字名:
Eurlink Planning
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-6434-0468
業種:
旅行業
自己紹介:
ユーリンクはユーロスターやTGV、ICEなどヨーロッパの列車をメインとした専門旅行会社です。ヨーロッパ列車手配はおまかせください!なおこのブログではヨーロッパからのさまざまなニュース、新商品情報などを乗り物好きの旅行者としての視点とをおりまぜて、いろいろお伝えします。

カレンダー

3月<2017年4月    
1
2345678
910 1112131415
16171819202122
23242526272829
30

【ブリュッセル空港駅の利用には駅使用料(DIABOLO FEE)が必要です!】

2016/08/27 13:07
BRU AP
エリア:
  • ヨーロッパ > ベルギー > アントワープ
  • ヨーロッパ > ベルギー > ブリュッセル
  • ヨーロッパ > ベルギー > ブリュージュ
テーマ:
  • 鉄道・乗り物
  • / 旅行準備
ヨーロッパではドイツやスイスなどを初めとして、多くの駅には改札がなく構造上そのまま出入りが可能なのですが、このブリュッセル空港駅では昨年より新たに入出場用のゲートが作られ、駅を利用する際にはDIABOLO FEE(ディアボロフィー)という名の駅使用料が必要となっています。

このゲートを通るためには、そのDIABOLO FEE(現時点では1人当たり5.14ユーロ)を支払う必要があるのですが、では実際どうやって通ればいいかというと、まず現地で購入したチケットについては、このDIABOLO FEEが購入金額にはじめから含まれていて、そのチケットに印字されたバーコードをこのゲートでスキャンして通ることができます。

BRU GATE

一方日本で購入したユーレイルなどのレイルパスや区間乗車券の場合は、この分が含まれていませんし、もちろんチケットにバーコードもありません。このため駅にはDIABOLO FEE分など用の券売機が設置してありますので、それでその場でそのDIABOLO FEE分のチケットを購入し、それをかざしてこのゲートを通ることとなります。

ブリュッセルの空港駅利用の場合にはこうしたプロセスと出費がありますので、利用予定の方は片隅においておくとその場で慌てないですむでしょう。ちなみにご希望の場合には当社にてこのDIABOLO FEE分を代行手配することも可能です。また単にこの空港駅で乗り換えるだけでゲートを通らない場合にはDIABOLO FEEは不要です。

なおこのDIABOLO FEEは空港関連の交通整備にあてられることになっています。ようやく先日のテロ事件の影響もなくなってきましたし、日本からのANAの直行便も飛ぶようになりましたので、今後さらにこの空港駅が便利になることに期待しましょう!
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • ご利用上の注意をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。

▲ このページのトップへ