1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ
  5. ネパール お祭り・イベント ブログ記事

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

4月<2017年5月    
123456
7 8910 111213
14 15 16171819 20
212223 24252627
28293031

アーカイブ

国際女性デー

2017/03/08 14:18
エリア:
  • アジア > ネパール
テーマ:
  • お祭り・イベント
今日3月8日は、国連が決めた「国際女性デー」です。
2017年の国際女性デーのテーマは
「Women in the Changing World of Work: Planet 50:50 by 2030」
(変化する仕事の世界における女性たち
:2030年までにプラネット50:50を実現しよう)だそうでうが、
日本語訳を読んでも、私には「???」の意味不明状態です。
国際女性デーは、女性への差別撤廃と女性の地位向上を訴えるものだそうです。

男女不平等は、ネパールでも顕著です。
結婚問題の不平等について書いてみますが、
これは全ての民族における問題ではないことと、
あくまでも私が見聞きしたことに限ることを最初に断っておきます。
夫と死別した女性は、再婚が難しいようです。
と言うより、認められていないともいえます。
赤い洋服を着ることさえ許されない夫を亡くした女性が、
ひとりで子供を育て、家を守ってきたことを知っています。
またこんな話を聞いたことがあります。
正式に婚約した後、万が一男性が亡くなるようなことがあると、
相手の女性は一生結婚できない、というのです。
一方、妻を亡くした男性は、1年も経たないうちに再婚する人もいます。
大いなる不平等・・・ですよね。

国際女性デーの今日、ネパールは休日です。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • ご利用上の注意をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(823)