1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

7月<2011年08月>9月
1234 56
7 891011 1213
1415 161718 1920
21222324252627
2829 30 31

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(7件中)

Teej
明日は女の祭り「ティーズ」です
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/08/30 15:44
コメント(0)
明日は女の祭り「ティーズ」で、
カレンダーは赤くなっていませんが、
女性のみ休日です。

夫や家族の幸せ、健康、長寿などを祈って1日食を断ちます。
水さえ飲まない人もいます。

昔は、女性は結婚すると婚家の仕事に追われ、
実家へ帰ることの許しがもらえなかったそうです。
しかし、このティーズだけは、文句を言われることもなく、
おおっぴらに実家に帰れたとか。
そこで、親戚や友達が集まり、おしゃべりをし、
踊りを踊ったりして楽しく過ごしたのだそうです。

明日がメーンですが、
明日を入れて3日間が既婚女性にとって一年中で、
最も自由で楽しい日々になるようです。

明日は、テレビも、歌い踊る女性たちを一日中映すでしょう。

ちなみに、明日の色は「赤」。
「赤いサリー」「赤いクルタ・スルワル」(どちらもネパール女性の衣服)で溢れます。

そんなわけ(?)で、明日は私達のオフィスも休みます。
タグ:
Teej 女の祭り 断食 赤 

NoPhoto
ネパールの「おじ」「おば」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/08/29 18:09
コメント(0)
ネパールで「ママ」というと・・・
「(母方の)伯父または叔父」を指します。

初めて聞いた時には、えっ?と驚きました。
私の頭の中には、日本で言われている「(お母さんを意味する)ママ」があったからです。

これだから、言葉っておもしろい!

じゃ、ついでに「おじ、おば」の整理をしようとしたのですが、
(ネパール人のスタッフは否定しますが)
・・・これが私には、実に複雑!なのです。

まず、父方の伯父(父の兄)は「トゥロ・ダイ」叔父(父の弟)は「カカ}

母方の伯父または叔父は前に書いたとおり「ママ」

では、「おば」ですが、
父方の伯母または叔母は「フフ」
母方の伯母は「トゥリ・アマ」 叔母は「サニ・アマ」となります。

こういう表現は、子供の時に教えられるので、そう苦労はないそうです。

ただ、これには裏技があって、
英語の「アンクル」「アンティ」を使って、悩まずに済む方法もあるらしいです。
タグ:
伯父・叔父 伯母・叔母 カカ ママ 

バドウ
ネパール暦バドウ月の始まりです
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2011/08/18 17:37
コメント(0)
今日からネパール暦2068年5月のバドウ月です。

9月17日までの31日間ですが、
今月のカレンダーはいくつもの行事や休日が書き込まれています。

バドウ

人々に人気がある神様クリシュナの誕生日(4日 休日)、
父の日(12日)、
女の祭「ティハール」(14日 休日)、
教育の日(22日)、
インドラ祭(25日 休日)、
こどもの日(29日)等が次々にあります。

結婚式ができる日はないようで、カレンダーには書かれていません。

本格的な雨期が終りますが、
まだまだ暑い日が続くバドウ月です。
タグ:
ネパール暦バドウ月 ネパールの父の日 クリシュナ神 Teej(ティーズ) 

Gai Jatra 12
バクタプルのガイ・ジャトラ
エリア:
  • アジア>ネパール>ネパールその他の都市
テーマ:お祭り・イベント 歴史・文化・芸術 
投稿日:2011/08/15 17:22
コメント(0)
「ガイ・ジャトラ(牛祭り)」は、死者を追悼し、
遺族同士が「悲しいのは、あなただけじゃない。私たちも同じよ」と
互いに慰めあう祭りです。

カトマンズやパタンでも行われますが、
町をあげて大きく行われるのが古都バクタプルです。

3年越しの願いがかなって、昨日のガイ・ジャトラに行ってきました。

今日は、その報告です。

昔、カトマンズの王子が子供の時亡くなりました。
母親の王妃が非常に嘆き悲しみましたので、
王様が身内のものを亡くした国民に呼びかけ、
王妃に悲しいのは自分一人ではないのだと悟らせたのが始まりだそうです。

現在では、過去一年以内に亡くなった人を想い、
悲しみを分かち合います。

ガイ(雌牛)は、亡くなった人を天国に導き、幸せを与えてくれる、と信じられています。
昔は、本物の牛だったそうですが、
Gai Jatra 5
(本物の牛を引くグループもありました)
今は数が少なくなったので、牛にみたてた飾り物を作ったり、
Gai Jatra 4
(耳は藁、牛の顔を書いた紙を貼り、亡くなった人の写真を飾ります)
少女をガイにみたてたりします。
Gai Jatra 3
(ガイになった少女)

大小の太鼓やシンバルが激しく打ち鳴らされ、
手に手に持った棒を打ち合いながら行列がやってきます。
Gai Jatra 9

掛け声、飛び散る汗、響く鳴物の音が、見る者をいつの間にか興奮の渦に巻き込みます。
私も知らず知らずのうちに興奮していました。

Gai Jatra 13

Gai Jatra 11

これなら亡くなった人も寂しくないだろうな…
同じ新盆の行事でも、日本と違い、なんとオープンで明るいのか!
鳴物に誘われて思わず体を揺らしながら、そう思いました。

Gai Jatra 12

ネパール独特の甘酸っぱい線香の強い匂いが鼻をつき、
Gai Jatra 1
鼻の周りに臭いが今朝まで残りましたが、
強く心に残ったガイ・ジャトラでした。

『見物人、その他ジャトラの一場面』
・家の窓々には人々がいっぱい
Gai Jatra 2

・いつも人気の「カフェ・ニャタボラ」からの見物客
特等席のようですが、カメラアングルが全部同じになってるんじゃありませんか…?
Gai Jatra 8

・踊る子供たちに水分補給
Gai Jatra 7
タグ:
ガイ・ジャトラ Gai Jatra 牛祭り バクタプルのガイ・ジャトラ 

Karuna 3
カトマンズの癒しの場
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2011/08/11 18:21
コメント(0)
カトマンズをグルッと取り囲むリングロードの近くに
「Karuna Healthcare (カルナヘルスケア)」があります。

Karuna 3

私が通いはじめた頃は、「指圧マッサージ」の看板が掛かっていましたが、
スタッフも増やして、総合的なケアをしているようです。

私は、ここで時々マッサージをしてもらっています。
体の調子が悪くなると、肩が非常にこってしまい、辛い日を送らなければなりません。
日本では鍼灸医院へ通っていたのですが、カトマンズでは見当たらず、
偶然知った「Karuna」へ行ったというわけです。

マッサージをしてもらうと、肩はもちろんですが、
リラックスして、気持ちが楽になるようで、
1時間近い時間が短く感じられます。

今、私を担当しているマッサージ師の女性です。
Karuna 1

受付のようすです。
「癒しの場です。静かにお願いします」の張り紙があります。
Karuna 2

もともとは、日本人が「指圧」を教えたのが始まりだそうです。
彼女も、日本でもっと指圧の勉強したい、との願いを持っているようです。
タグ:
指圧 指圧マッサージ 

1 - 5件目まで(7件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(855)