1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

6月<2012年07月    
12 3 45 67
89 1011 121314
15 16 17 181920 21
222324 2526 2728
29 3031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(13件中)

NoPhoto
ネパールの「巨大ネコ」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:動物 
投稿日:2012/07/31 21:02
コメント(0)
「ネパールに棲む野生のトラの数が177頭になった」ということです。

ネパールには野生のトラが生息する国立公園がいくつかあります。
今年の4月にはスクラファンタ野生動物保護区で10頭が確認されています。
この他、チトワン国立公園や
パルサ野生動物保護区などがこの絶滅危機種の生息地になっています。

中でもバルディア国立公園は巨大ネコにとって理想的な生息地だそうです。
獲物が見つけやすいこと、
人家から遠く離れているので自由な生活ができること等の好条件に恵まれています。

10年後には、今の2倍まで数を増やしたいと各保護区に期待しています。

密漁などによって年々減少傾向にある野生のトラですが、
現在世界中で3500頭がいるそうです。


〔バルディア国立公園〕
ネパール東部のタライ平原にあり、インド国境に近い。
このジャングルには、ベンガルトラ、サイ、鹿など約30種類の野生動物と、
渡り鳥を含めて約300種類の野鳥が生息しており、
トラに合えるチャンスはチトワンよりも多いといわれている。(ガイドブックより)


・・・ウ〜ン、行きたいところが、また増えちゃった・・・

モヒ
飲むヨーグルト 「モヒ」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:グルメ 
投稿日:2012/07/29 17:36
コメント(0)
「ダヒ」と「水」で、「モヒ」を作ります。

「ダヒ」は、ネパールのヨーグルトです。
作ったものが売られていますが、自分で作る人もいます。

「ダヒ」1に対して、「水」0.5の割合です。

こうして、混ぜ合わせます。
モヒ
何回か繰り返してよく混ぜ、「モヒ」ができました。

できあがったら、氷を入れて飲みます。
冷蔵庫でよく冷やしてもおいしいです。

日本ではたぶん、「ラッシー」として知られているのではないでしょうか。

暑くなると「モヒ飲もうか」という話になります。
涼しい気分が味わえる「ネパール式 飲むヨーグルト」です。
タグ:
ラッシー モヒ ダヒ 

2012年7月26日ボーダナート 3
2012年7月26日のボーダナート
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:世界遺産 
投稿日:2012/07/26 16:18
コメント(0)
今朝のボーダナート寺院は、少し雲はありましたが雨期とは思えないきれいな青空でした。

2012年7月26日ボーダナート 3

ボーダナートは仏教寺院で、何かが起きた時やけじめをつけたい時に訪ねています。

雨で塔の表面に苔がむして、それをたくさんの鳩が啄んでいました。

2012年7月26日ボーダナート 2

境内ではあちこちで何頭もの犬達が気持よさそうに眠っていました。

2012年7月26日ボーダナート 1

数珠を持って念仏を唱えながら塔の周りを歩く人達、五体投地を繰返す人達・・・
いつもと変わらない朝の風景でした。

2012年ナーガ・パンチャミ 3
ナーガ・パンチャミ
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2012/07/24 17:49
コメント(0)
今日は「ナーガ・パンチャミ(蛇神祭)」です。

家の玄関の上部と門扉に蛇が描かれたお札を貼りました。

2012年ナーガ・パンチャミ 3

蛇は神様です。
プジャ(宗教儀式)をして、悪いことが起きないように、と祈ります。

2012年ナーガ・パンチャミ 2

また、お札を貼ることで蛇除けにもなるといいます。

それと同時に、今日から今年の祭のシーズンが始まりました。
人々はこれからの日々に期待しているでしょう。


(使うもの)お札 ガイ(雌牛)の糞 草 硬貨 線香 花 綿

2012年ナーガ・パンチャミ 1

NoPhoto
ネパールのオリンピック初参加は東京大会でした
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2012/07/20 16:53
コメント(0)
ネパール最初のオリンピック選手は二人、
ブペンドラ・シルワルさんと故ガンガ・バハドゥール・タパさんですが、
シルワルさんがロンドンで開かれる第30回の大会に招かれることが決まりました。

シルワルさんら二人は1964年の東京大会に参加し、はだしでマラソンを走っています。

その日から50年を記念しての招待です。

BBCネパールサービスのスマン・カレルさんが
ラジオ番組で最初のオリンピック選手の話を聞こうとしたのがきっかけで、
ロンドン在住のネパール人の組織がカレルさんの要請に応え、
ネパールのオリンピック参加50周年を記念して
シルワルさんを招待することになりました。

シルワルさんは大喜びで
「50年後にこんな名誉があるとは考えてもみなかった」と話しています。
24日にカトマンズを経ってロンドンに向かいます。

なお、今回のオリンピックには
陸上競技の選手5人とコーチ3人など
全部で17名がネパール選手団として派遣されます。

【追記】
マラソンで「はだし」といえば・・・アベベ・ビキラ!!
インターネットで検索してみてください。
映像も見られますよ。

1 - 5件目まで(13件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(823)