1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

9月<2012年10月    
1234 56
7 8 910 111213
14 151617 1819 20
21222324 2526 27
28 2930 31

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(11件中)

おふくろの味1
初めての「おふくろの味」
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:グルメ 
投稿日:2012/10/30 17:58
コメント(0)
「おふくろの味」は、
タメルにいくつかある日本食が食べられるレストランのひとつです。

おふくろの味1
(2階の店内から見下ろすと、路上にみやげ物の店が開かれています)

よく行く韓国料理の店と同じビルに入っています。

初めての訪問です。

日本人の先客がいました。

期待していた「ランチボックス」は、メニューにはありませんでした。
スタッフは、「ハンバーグステーキ」
おふくろの味2
私は、「天ざるうどん」を注文しました。
「ハンバーグステーキ」は、ポーク100%とのことでしたが、
ジューシーで、柔らかく、
「ハンバーグは合挽き肉」の固定観念を破ってくれました。

ソースがケチャップをベースにしたものだったので、
食べるうちに味がしつこく感じるようになり、
さすがのスタッフも参っていたようでした。
・・・そこで、コックさんに提案!
日本風に、大根おろしで食べるのはいかがでしょう・・・
大根は、一年中手に入るし、
日本人のお客さんには喜ばれるのではないかと思いますが。

・・・ごちそうさまでした。

牛を飼う2
牛を飼う
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 動物 
投稿日:2012/10/28 18:27
コメント(0)
カトマンズでも「ガイ(乳牛)」や「バイシ(水牛の雌)」を飼っている家はたくさんあります。

乳を搾るのが目的です。

私の家の周りには、まだ、空き地のままで草が生えている場所がありますので、
毎日のようにこれらの姿が見られます。

朝から時間ごとに場所を移動して、一日中牛たちと一緒に過ごす人。
(この日は日除けの傘をさしていますが、雨の日も傘もさして座っています。)
牛を飼う2

牛につきあいながら手仕事をする人。
(この女性は、綿を撚って礼拝に使う灯心を作っています)
牛を飼う3

ドコという背負い籠に刈り取った草を入れ、家に持ち帰って牛たちに食べさせる人・・・
(刈り取りは、手早くて、手際がよく、あっという間にドコがいっぱいになります。)
牛を飼う1

方法はそれぞれですが、
こうして牛を育て、乳を搾って、近所の人たちに売っているようです。

レモンソーダ2
つい飲みたくなる「レモンソーダ」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:グルメ 
投稿日:2012/10/26 15:50
コメント(0)
「レモンソーダ」
と呼ばれている飲み物です。

道路や広場などで商売をしています。

まず、岩塩を粉状にしたものをひと匙、
レモンソーダ1
次に、レモンを絞ります。
レモンソーダ2

ビー玉状のガラス球をポンと瓶の中に落として、グラスに注ぎます。

これで、できあがり。

はねて顔に飛ぶプチプチを楽しみながら、
岩塩の丁度よい塩加減と香り、
そして、レモンの働きを感じながら飲み干します。

喉の渇きをうるおしてくれる外出時の小さな楽しみのひとつです。

ダサイン1
ダサインはいよいよ10日目、ティカの日です!!
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2012/10/24 14:54
コメント(0)
ネパール最大の祭りダサインは10日目。
今日を山場と見て、10を意味するダサインと呼ばれています。
いよいよ今日はみんなが待っていたティカの日。
開始時間が決められていて、今年は午前11時39分です。

国王在位当時の今日のニュースは、
王宮を訪れた国民一人一人にティカを与える国王と受ける人々の様子でした。
ティカをする、ということは
腕を伸ばして届く距離を意味し、
初めてテレビで見たときの私の驚きは大変なものでした。
さすがに手で直接ではなく、
棒状のものを手にし、それで額に判子を押す、といった感じでした。
外国人が混じっているのを見て、
私もいつかは、と思っていましたが、
誰もが自分達のティカに夢中で、私の希望は叶わず、
今では王制廃止に伴い、そのチャンスもなくなりました。

また、街の写真屋の店先にはティカを受ける瞬間の写真がたくさん展示され、
該当者が買っていたようです。

そんな光景を思い出しました。
・・・もう、昔の話になりました。

このティカですが、今日から最終日までの6日間行われます。
チェトリ族は、思い思いに親戚へ出向き、ティカをもらいます。
その後、食事が出ます。
ティカの期間中、何人の人が来るか分らない、と言っていましたが、
ネワール族の場合は、ティカをもらえるのは呼ばれた人だけだといいますから、
それぞれに違いますね。



チェトリ族の子供たちがティカを受ける様子と、
ダサイン1
額に大きなティカをつけての記念写真です。
ダサイン2

プラスチック製品売り
プラスチック製品を売る人
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2012/10/19 17:30
コメント(0)
頭の上に商品を載せて、歩いてやってくる商売人。
「プラスチック製品を売る人」が、
今日、紹介する「働く人」です。

以前から、興味はあったのですが、
写真を撮るチャンスがなかなかなくて・・・

ボール容器各種、入物、茶漉し、水鉄砲などの遊び道具などなど
を持っています。
どれもひとつ20ルピー(約20円)均一。

子供が遊び道具を10ルピーで買おうとして10ルピー紙幣を差し出しましたが、
受けとる気はなく、「ビス(20)、ビス」を繰返すだけでした。
1度家に引っ込んだ子供が、今度は15ルピーを指し出すのですが、
やはり返事は「ビス、ビス」でした。
・・・そして、子供は、あきらめたようでした。

市販のものよりは安いですが、
壊れやすいものもあるそうです。

私は、蓋付きの容器と調味料入れなどを買いました。

プラスチック製品売り

1 - 5件目まで(11件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(841)