1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

10月<2012年11月    
123
456 78910
111213 14 15 16 17
1819202122 2324
2526 27 282930

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(8件中)

NoPhoto
2011年の国勢調査結果によりますと・・・
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2012/11/27 18:01
コメント(0)
昨年7月に行われた国勢調査の結果が発表になりました。
ネパールの国勢調査は、10年毎に行われますので、2001年以来になります。

ネパールの総人口は、男1284,9041人、女1364,5463人の合計2649,4504人です。
10年前の調査時より14.44%の増加です。

このうち17%が都市に住んでいます。
山間部や高地からタライ平原への移住者が増えています。

宗教に関しては、ヒンズー教徒81.3%、仏教徒9%、イスラム教徒4.4%等ですが、
クリスチャンの増加が目立っています。

識字率が65.9%と前回より大きく伸びています。

一方、結婚に関しては、48.9%が15歳から19歳までに結婚し、
14歳以下の結婚が11.5%もあります。

ネパールに住んでいないいわゆる海外出稼ぎ労働者等の割合は、
10年前と比較して3倍になっていることが分ります。
この調査の対象になっているのは、
ネパール不在が6ヶ月以上になる人達です。
今は4軒につきひとりの男が海外へ行っている勘定です。

その他のデータとしては、
64.36% 携帯電話所有者
7.28% コンピューター所有者
3.33% インターネット利用者
50.82% ラジオ所有者
36.45% テレビ所有者
7.16% 冷蔵庫所有者

調査書には、固定電話、自転車、バイク、自家用車などの
質問項目もあったそうです。

・・・私にも、調査員が質問しましたが、
どうも、統計外のようです・・・

ラヨコ・サーグ
冬 ラヨコ・サーグがたまらなくおいしい!!
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:グルメ 
投稿日:2012/11/26 14:50
コメント(0)
ネパールのタルカリ(おかず)の材料はいろいろありますが、
寒くなって「ラヨコ・サーグ」がおいしくなりました。

日本でいうと「高菜」の仲間になります。

これが一番好き、というネパール人は多いですし、
私もこれにマサラ(香辛料)などを入れて作るネパールのタルカリが好きです。

その他に、私は茹でて鰹節と醤油で食べるのも好きです。
先日、日本レストランで手製の漬物をいただきましたが、勿論漬物もおいしいです。

今年、我が家の小さな畑で育つラヨコ・サーグ、
ラヨコ・サーグ
これが大きな喜びを与えてくれています。
葉っぱの形が3種類あり、
それぞれが特徴を持っていますが、
ミックスして作るタルカリ・・・
これが、今まで味わったことがないおいしさなのです!!
材料が持つ香りと旨味がうまく混じりあって、
ご飯によく合い、思わず食べ過ぎてしまいそうです。

嬉しい限りです。

マナカマナ寺院
膝が問題のマナカマナ寺院
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:街中・建物・景色 歴史・文化・芸術 
投稿日:2012/11/22 17:10
コメント(0)
マナカマナ寺院といえば、
ネパールで唯一のケーブルカーで訪ねる山の上のヒンズー教のお寺です。

願いを叶えてくれる女神マナカマナが祀られ、
大勢の信者が絶えることがありません。
しかし、今、その女神が絶望の淵に立たされています。
というのは、柱や板は数知れないシロアリに、
また、基礎部分はネズミに食い荒らされて
「膝が弱った」寺院を修理するのか、改築するのか、
今後の対策が、まだ、はっきりとしていないからなのです。

専門家によると、新しく基礎工事からやらなければいけないそうです。
首相のバタライさんもメンバーの一員になっている委員会が、
改築工事を支援する動きもあります。
マナカマナ寺院修理委員会の責任者は、
専門家が新しい寺院の設計をするだろうが、
たぶん、今の寺院のレプリカになるのではないかと思っている、
と語っています。
いずれにしても、修理には、5千万ルピー(5千万円弱)が必要だと言っています。

早い救いの手が必要です。



新聞に載っていたマナカマナ寺院です。
マナカマナ寺院
私も何度か行きましたが、
いつもお寺は人々であふれていて、
このような人気のないマナカマナ寺院は、
写真を見てもピンときませんでした。
分かりにくいかもしれませんが、お寺の右側にヒマラヤが見えています。

2069年モンシール月
ティハールが終わり、モンシール月が始まりました。
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2012/11/16 15:36
コメント(0)
「いいティハールでした」と
昨日のバイ・ティカの楽しさの余韻を残して、
スタッフは上機嫌でやってきました。
三晩灯り続けた灯りも昨日までで、
ダサインから続いたネパールの祭りが終りました。


そして、今日からはネパール2069年8月モンシール月です。
12月15日までの30日間で、土曜のほかの休日は1日。
満月はモンシール月13日(11月28日)、新月は28日(12月13日)です。
今月は、結婚式ができますから、
賑やかな音楽が聞こえることでしょう。

今月は日暮れがどんどん早まり、寒さが増す月です。



今月の写真は、「サティヤ・サイ・ババ」です。
ネパールでも人気があり、
彼の写真を飾った家や店がたくさんあります。

2069年モンシール月

バイ・ティカ3
兄弟、姉妹の絆の日「バイ・ティカ」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2012/11/15 14:49
コメント(0)
今日は「バイ・ティカ」の日です。

バイは弟を表し、姉と弟を巡るこんな物語があります。
弟を迎えに来た閻魔大王に姉が様々な策を弄して、
ついに渡すことなく弟を守った、というのです。

この物語に基づいて、女子の守護力を男に与えるのが今日のティカです。

今日のティカはこんな風に行われます。
このふたりは兄と妹ですが、
まず、妹が兄にティカをします。
バイ・ティカ1
このティカですが、
いつも見慣れている赤い粉のティカとは違います。
次に、兄が妹へティカを返します。
バイ・ティカ2
・・・これでできあがりです。
ふたりの表情がなんとなく誇らしげに見えます。
バイ・ティカ3

このティカを大切と思い、この上ない喜びとする男は多いようです。
姉や妹が当日になって、突然ティカができなくなった場合(生理中の女性はできない)
に受ける寂しさはかなり大きいようです。

また、与える女子にとっても準備や買物、そして、ティカは
ダサインのティカより大事で嬉しいことと考えているようです。

初めてこのティカを見たとき、
私は、自分には経験のないこの習慣をとても羨ましく思いました。
兄弟、姉妹であることを確認しあった人々の、
誇らしく、満ちた表情が印象的だったからです。

誰もがいいティカの日でありますように。

1 - 5件目まで(8件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(841)