1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

12月<2014年01月>2月
1 2 34
5 67 8 910 11
1213 1415 1617 18
19 20212223 24 25
262728 29 3031

記事一覧

1 - 5件目まで(15件中)

New Chong Ging Wei
うまい!!中華料理店
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:グルメ 
投稿日:2014/01/31 14:49
コメント(0)
長い名前のレストラン
New Chong Ging Wei Fast Food Restaurant は、
中華料理の店です。
「ホテル・ウッツェ」の目の前です。
この通りは、中華レストランが目白押し。
大小の店が、ここにも、あそこにも・・・立ち並んでいます。

その中にあって、今日紹介するレストランは、
実は先日お客様を案内してガイドが連れて行ったのですが、
私達が希望するような席の空き方ではなかったので、
別の店に行ったのです。
一瞬だけ店内に入ったその時の印象が「(見た目より)ここはおいしそう・・・」でした。

で、その思いが頭を離れず、しばらくしてまた行ってみました。
小さな店で、4人掛けの小さなテーブルが6つあるだけです。

チンジャオロースとチャーハン、スープを頼みました。
次々やって来る客の注文は、チンジャオロースとマーボ豆腐が人気メニューのようでした。

ジャーに炊き上がったご飯が入れてあり、
フロア係りが皿やご飯茶わんに盛って客に出します。
こんなスタイルの店、日本にもあったな、と思いながら見ていました。

実を言うと、もし、予想が外れたら・・・という心配が少しあったのですが、
日本での経験から、こういう店は絶対に美味い!!という自信もありで、
少々複雑でしたが、
出された料理を一口食べて・・・「当たり!!」
パクパクと気持ちよく食べました。

1人で食べに来てもいいな、またきっと来るだろう、と思いました。

New Chong Ging Wei

Bishunumati1
ブダニールカンタ散歩
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:街中・建物・景色 
投稿日:2014/01/29 18:08
コメント(0)
私が住む村ブダニールカンタは、
カトマンズを取り囲むリングロードから6キロのところにあります。

いつも家の屋上から見ているだけだった私が住む村の裏山の一部を歩いてみました。
僅かな登り道をゆっくりゆっくり歩きました。

別の道を登って見ていた村とはまた違う角度で見ると、
全く新しい場所に来たような感じで新鮮な思いでした。

Bishunumati3

Bishunumati5

丘を切り開いた分譲地あり、
Bishunumati4
新しい家、
歴史のある家、
Bishunumati1
松林ありです。
(この松、見てください。一見の価値あり!でしょ?)
Bishunumati2

私の家から見る限りでは林の中の道、としか思えませんでしたが、
国軍のキャンプがあるため、昔から道路の整備がされていたそうです。
家々が途切れずに続いているので、これならひとりでも心配なさそう・・・です。
返り道では、ひと休みをしてミルクティーを飲みました。

いつも見ているだけだった村の裏山が、新しい面を見せてくれました。

しかし、オフィスのスタッフと日本語で話していたためか、
ここの住人から外国人を見る好奇な目を向けられ、
心の中では「私はネパール人だよ」と言い続けましたが、
私はまだまだネパール人には見られないんだと実感した村歩きでした。
・・・次回は、ずっとネパール語で通してみようか・・・
そうすれば、たぶん・・・と思いました。

NoPhoto
お蔭様で
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2014/01/28 18:50
コメント(0)
「予定していたことは、全部できましたか?」「はい、お蔭様で」
ネパールに来てから忘れかけていた「お蔭様」の言葉が
先日スタッフとのやり取りの中で私の口から出ました。
たぶん、スタッフは初めて聞く言葉だったのでしょう。
それ、何ですか?と問うので説明したところ、
ネパールにも同じ意味の言葉がありますとのこと。

「タパ イコ・クリパレ・サンチャイチュ(お蔭様で元気です)」
この中の「タパ イコ・クリパレ」がそれに当たります。
(サンチャイチュは、元気ですを意味する)

多くは、「サンチャイチャ?」(元気ですか?)には、
「ティケチャ」の返事が返るのですが、
「タパ イコ・クリパレ」は、
滅多に使われませんが、大変丁寧な言い方だそうです。

ネパールの「カナ」
日本の「仮名」とネパールの「カナ」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2014/01/24 15:56
コメント(0)
日本の「カナ(仮名)」は、カタカナとヒラガナのカナですが、
ネパールでは「ご飯、食べ物」を指します。

「カナカヨ?(ご飯食べましたか?)」は
人と人が出会うと、「ナマステ (おはようございます)」の後、
決まってといってもいいくらいによく使われている
ネパール人には欠かせない挨拶といえるでしょう。
ネパールは、手でご飯を食べる習慣があるので、
右手の指で食べ物を口に運ぶジェスチャーを伴いながら言うことが多いようです。

ただ、ネパール語のカナの 「カ」はKhaと書きますので
日本語のKaとは発音が異なりますが、
ここでは拘らないことにしましょう。

「カタカナ」という言葉が頭に浮かんだら、
ネパールでは、カナはご飯のことをいうんだったな、と思い出してください。

ネパールの「カナ」

「EMBASSY RESTAURANT」
大使館前にその名も「EMBASSY RESTAURANT」
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:グルメ 
投稿日:2014/01/23 17:30
コメント(0)
パニポカリにある日本大使館の向かい側に
「EMBASSY RESTAURANT」が3ヵ月前に開店しました。

雑誌に、日本食が食べられると紹介されていたので、
期待して出かけてみました。
ネパール、インド、そしてコンチネンタルの食事ができて、
日本食もすしを中心にメニューに載っていました。

今も大工さんが入って、新しいコーナーを造っていましたが、
広い敷地に白を基調とした建物、
使われているテーブルも椅子もまだ新しく見えました。

「EMBASSY RESTAURANT」

「EMBASSY RESTAURANT」

残念なことは、私が期待したような日本の料理がなく、
「日本風カレーライス」を注文しましたが、
私が作るルーを利用したカレーと同じ味がしました。
「EMBASSY RESTAURANT」
「カツ丼」を食べると張り切っていたスタッフは、
日本食のコックがまだ出勤していないとのことで、「ステーキ」に変えました。
「EMBASSY RESTAURANT」

和風メニューが少ないことと、待ち時間が長いことに問題あり、
というのが私の感想です。

1 - 5件目まで(15件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(803)