1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

12月<2016年01月>2月
1 2
34 5678 9
10111213141516
171819202122 23
24252627282930
31

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

フス1
冬のフス
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:その他 
投稿日:2016/01/22 15:02
コメント(0)
今朝9時前のこと。
盆地に流れ込んでくる霧を見ました。
みるみるうちに盆地を囲む山々を隠し、近所の家もかすむようになりました。
私の家も霧に囲まれたと気づくころには、
霧が運ぶガスの臭いがわかるようになりました。
手がチリッチリッと凍る感じになり、冷たく変わる空気を実感しました。
それ以上濃くなることはなく、30分ほどで霧はなくなりましたが、
山々は今も見えません。

この霧、ネパールではフス(朝靄)と呼んでいます。

フス1

フス2
(写真は、ファイルから。上は、フスのときの様子。下は、通常のようす)

NoPhoto
赤ちゃんを寝かしつける
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2016/01/08 15:11
コメント(0)
今の日本では赤ちゃんを寝かしつけるとき、どうするのでしょう。

私のイメージでは、どうしても子守唄が流れます。
それも、シューベルト、モーツアルト、中国地方の子守唄、五木の子守唄・・・
なんでもあれ、の世界ではありますが・・・

では、ネパールの赤ちゃんの寝かしつけ方の紹介です。
母親は胡坐をかいて膝に赤ちゃんを乗せます。
そして、片方の膝を上下に揺すりながら、「アーアーアー・・・」と声を出します。
声には抑揚はありません。
赤ちゃんは、体全体を上下させられ、頬も揺れます。
これは、赤ちゃんが眠るまで続けます。
なかなか眠ってくれないと、膝の動きがより大きくなるようです。
早く寝て頂戴、というお母さんのイライラ感が表れているのかな・・・

今12歳になる私の友達を寝かしつけるときも同じでしたよ。
これがネパールの伝統のようです。

新プラン2
発表!夢の新プラン・・・!?
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2016/01/04 13:57
コメント(0)
発表!!新プラン
みかんと落花生がおいしい季節に楽しむネパール!

1日目 カトマンズ到着・・・ホテル(タメル)
2日目 カトマンズからマナカマナへ(専用車)
ネパール唯一のケーブルカーでマナカマナ寺院へ
みかん食べ放題!
その後、ネパール一の観光地ポカラへ・・・ホテル(ポカラ)
3日目 ポカラ滞在
・早朝 サランコットの丘で朝日に輝くヒマラヤを見る
・朝食後は、ポカラ散策
デヴィス・フォール 日本山妙法寺 ポカラ博物館 国際山岳博物館 セティ・ガンダキ フェワ湖・・・ホテル(ポカラ)
4日目 午前中ポカラ散策(前日回れなかったところへ)
午後、飛行機にてカトマンズに戻る・・・ホテル(タメル)
5日目 カトマンズ市内観光
・ボウダ・ナート スワヤンブ・ナート パシュパテ・ナート バサンタプル
・道端の落花生売りから落花生を買って食べる
・ディナーは、ネパールの踊りを見ながらお楽しみください・・・ホテル(タメル)
6日目 出国 帰国の途へ

・おみやげに みかん2kg
新プラン2

落花生
新プラン1

こんなプランいかがでしょう。
お急ぎください!!期間限定、1月中旬まで
本気でお考えの場合は、お早めに乞うご連絡

*****

以上が、みかんと落花生からふと思いついた夢のプランです。
こんなプランが実現すると・・・どんなにいいでしょう・・・
来年は、もっと早い時期に呼びかけることにしましょうね。

ボウダナート
ご挨拶
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2016/01/01 14:29
コメント(0)
「たくさんの異なる民族から成るネパールは、何百もの花で作られたひとつの花輪」
2007年に制定されたネパール国歌の一節です。
バウン、チェトリ、シェルパ、ネワール、グルン、タルウ、タマン・・・。
私が出合った民族の人たちは、そのほんの一部にすぎません。
民族は60以上ある、とも聞いていますが、言葉もそれと同じだけあるわけです。
人口約2650万人。ヒンドゥ教徒、仏教徒、イスラム教徒・・・など、
民族、言語、宗教において多様の国です。
王制から大統領制に変わった「ネパール連邦民主共和国」は、
前憲法廃止後、2度の制憲議会選挙を経て、
2072年アソジュ3日(2015年9月20日)に新憲法が発布しました。

2015年4月25日の大地震による大きな被害、今も続くテント生活など、
進まない復興救援に苦しむ人たちは多いです。
地震の後、ネパールの自然や歴史、多様性を称えた国歌の歌詞をあらためて読み直し、
さまざまな顔をした、さまざまな民族の人たちが共に暮らす国
ネパールが再び立ち上がる日がくることを信じました。

皆さまの新しい年がよい年でありますよう 祈ります。

*****

新年の今朝、いつものようにボウダナートへ行って来ました。
お参りの人は多かったですが、
今のボウダは土台を残してすべて取り払われていますので、
あの大きな目に見つめられることはできません。
去年の今日、ここを訪れたとき、4ヵ月後の地震を想像すらしませんでした。
何があるかわからない日々を強く思い、大事にしたいとの思いを新たにしました。
人々は、以前と同じように、お経を唱えながら回っていますが、
わかっていたこととはいえ、やはり、寂しい新年でした。
来年は、ぜひ、大きな目に会いたいです。
できるだけ早い再建を期待するばかりです。

ボウダナート

1 - 4件目まで(4件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(803)