1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 海外旅行の情報ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ
  5. ネパール記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

5月<2017年6月    
123
45678 9 10
111213 1415 1617
1819 2021222324
25 26 27 282930

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(833件中)

NoPhoto
首相の車
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2017/06/27 17:44
コメント(0)
先日、カトマンズのはずれにある私の家に帰っている時のこと。
後ろから、ウーウーと、明らかに警察のそれと分かるサイレンの音。
この場所でサイレンを聞くのは、きっと、あれに違いないと思い当たりました。

タクシーの後ろの窓から振り返ってみると、
私の予想は、当たり!でした。
最近、なったばかりの新首相が自宅に向けてやってきました。
首相の自宅は私が住む村にあります。

タクシー運転手は、車を道の端に寄せて止めました。
ネパールでは、救急車がサイレンを鳴らしていても、
他の車が端に寄ったりするのを見たことがないといっても過言ではありません。
そのネパールのタクシーが止まって、首相の車を通したのです。
ちょっとした新発見と驚き、でした。

先頭に1台の白バイ、そのあと2台の警護車、
それに続いて首相の車、後ろにさらに2台の警護車。
ネパールにおける首相の警護のようです。
その後、今度は逆に、仕事に向かう首相の車に出合いましたが、
家に帰ったりするのも大変なことだな、と思っていました。

カトマンズ市内に首相官邸があるのですが、
首相は今はそこに移ったと聞きました。
ですから、これからはそう間近に首相の車を見ることはないでしょう。

小さなネパール、小さなカトマンズでなければ出合えない経験でした。

ナガルコット1
ナガルコット
エリア:
  • アジア>ネパール>ナガルコット
テーマ:観光地 
投稿日:2017/06/26 19:10
コメント(0)
ナガルコット(Nagarkot)は、カトマンズから東へ約35km。
人気の高いヒマラヤビューポイント。

先日、久しぶりに行きました。
決していい天気ではなかったので、
ヒマラヤが見える幸運を頼りにしてでした。
ビュータワーに近づくに連れ、
頭の上の雲の色が白から灰色になり、
展望は望めないだろうと諦めつつタワーへ。
やはり、四方を見回してもどこも雲ばかり。
ナガルコットでヒマラヤが見られなかったのは、
初めての経験でした。
やっぱり・・・残念です。

ところで、ナガルコットに行くまでの道路の悪さといったら。
道の両側の舗装が壊れている、なんてものじゃなく、
真ん中をわずかに残して、両側が深くえぐれています。
通れる場所を探して走る車、
道路がよければ、ドライブを楽しめるのに、
時間ばかりかかってしまいます。
ツーリストが来るところなのに、これではね、
と言いながら進みました。
ただ、途中に、私が覚えている、私の好きな林があり、
ここで車を止めて写真を撮りました。
ナガルコット1
ナガルコット2

ナガルコットの春のシーズンは、もう終わっています。
それでもぼちぼちやって来るそうで、
ビュータワーの登り口にある休憩所は店を開いていました。

ここのラリグラス(シャクナゲの一種)は、3月から4月上旬が見ごろだとか。
国花の赤のほか、ピンクや白、水色のもあるそうです。
ただし、森の中にあるので、ひとりでは行かないでね、とのことでした。
道端に咲くラリグラスだけでも見たいものです。

蛾
「雨が降ったよ!」と「蛾」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:動物 
投稿日:2017/06/25 14:17
コメント(0)
昨日の夕方から降り始めた雨は、
夜になっても止むことなく、長い時間降り続けました。
その前の2,3日も、夜になって雨が降り、気持ちはほっとしていました。
今朝の新聞には、田植えをする農家の人達の写真が載りましたが、
待っていた雨に、人々の嬉しい気持ちが伝わりました。

今朝は、早くから晴れ上がり、
焼けそうな太陽の下には長くいられません。
室内に吹き込む風が、ことのほか爽やかです。

ゴミ集めの人の笛が聞こえてきます。
昨夜の雨といい、今朝のゴミ収集といい、
私には嬉しい午前中になりました。

******

雨が上がった今朝、傘にとまっていた「蛾」・・・です。
広げた羽の左右の長さは、10センチくらい。
体は4センチくらい。
ずっと止まっていましたが、いつの間にかいなくなっていました。
私の勝手な分類法、
飛び回っていて写真を撮らせてくれないのは「蝶」、
ひとところに動かずにいて、いくらでも写真撮影に協力してくれるのが「蛾」、
に従うと、これは明らかに「蛾」です・・・

蛾

エヴェレスト登山
2017年春シーズンのエヴェレスト
エリア:
  • アジア>ネパール>サガルマータ国立公園
テーマ:ハイキング・登山 
投稿日:2017/06/19 18:07
コメント(0)
今年の春シーズンのエヴェレスト登頂は、5月31日に終わっていますが、
今年だけで、455名が世界で一番高い山のてっぺんに立ちました。
外国人190人、登山料を払った32人のネパール人、
233人の高所登山ガイドの、合わせて455人です。
1953年、最初の登頂者ヒラリーとテンジン以来、
全部で5324人が登頂したことになります。

準備段階から含めて、今年は5名が亡くなっています。

登山許可は、外国人一人につき$11000、ネパール人はRs75000です。
2015年の地震の年に許可をもらっていた人の登山が延長されていましたが、
今年で終了しました。
その前年の2014年の事故の年の延長は、2019年まで認められています。

エヴェレスト登山
(写真は、新聞より)

2074年3月アサル月
2074年3月アサル月
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2017/06/15 14:22
コメント(0)
ネパールは、今日(6月15日)から2074年3月アサル月が始まりました。
日本の7月15日までの31日間です。
休日は、土曜日のみです。
「田植えの日」と「先生の日」があります。
「田植えの日」は、ネパール中の人達が田植えを祝い、
ダヒ(ヨーグルト)とチウラ(干し飯)を食べる日です。
〔チウラを食べる時の注意:食べ過ぎないこと。過ぎると、あとで胃が苦しくなります〕。
外国人観光客も加わって、泥んこの田んぼに自ら飛び込んだり、
仲間に放り投げられたりして、毎年大いに盛り上がっています。
この日は農家だけではなく、サラリーマンも商店主も、
誰もが「ダヒとチウラ」を食べて祝います。
私もダヒとチウラを食べて、仲間入りです。
私は、この日が大好きです。

今月は、ネパールにまとまった雨をもたらす雨季が始まります。
これから3ヶ月の間に降る雨が、
ネパールの全て、農業や発電、生活用水などに恵みをもたらします。
田植えをはじめ、雨を待っていろいろな種まきも行われ、
農家にとっては忙しい日になります。

2074年3月アサル月

1 - 5件目まで(833件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(833)