1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ
  5. ドライブ記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

4月<2017年5月    
123456
7 8910 111213
14 15 16171819 20
212223 24252627
28293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 3件目まで(3件中)

NoPhoto
サクーまでの道
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ドライブ 
投稿日:2017/01/16 17:35
コメント(0)
カトマンズから東へ約15キロのところにあるサクー(Sanku)へ行って来ました。
そして、そこから行くお寺ヴァジラ・ヨギニ寺院(Vajra Yogini Temple)
にも足を伸ばしました。
その時の様子を「サクーまでの道路」「ヴァジラ・ヨギニ寺院」「サクー」の
3回に分けて書きます。

1回目は「サクーまでの道路」。
カトマンズを取り囲むリングロードをチャーベル(Chabahil)で離れ、
東に向かいます。
ホテルハイアットを過ぎると道路は工事中とかで、とたんに悪くなります。
道路はでこぼこし、水があります。
歩道は、敷いてあったブロックがはがされ、歩行者には困難な状態です。
私がよく行くボウダナート寺院を過ぎ、ガタンガタンと揺られながら、
進みますが、こんな道路ですから、スピードはあがりません。
スンダリジャルへ行く道との分岐点ジョルパティまで来ました。
そこからまっすぐの道路をサクーへと向かいます。

道路の状態は、同じでした。
というのは、現在、道路を広げる工事が行われており、
車は大きく揺れながら進むほかありません。
実は、サクーへは過去何度か行っているのですが、こんな道路は初めてでした。
これがサクーまで続きました。

サクーは、祭りの最中です。
道路には、行く人帰る人で混雑しています。
そこを抜けてヴァジラ・ヨギニ寺院を目指します。
ガイドブックには、サクーから2キロとありましたので、楽観していました。
ところが思った以上に長い距離を走り、やっとお寺がある丘の麓に着きました。
そこからがさらに大変。
お寺は、丘の中腹にあり、そこを車で登ります。
石がゴツンゴツンと飛び出し、
しかも、細かい土が表面を覆っていて、なかなか進めません。
しかも、カーブの連続。
雨が降れば、スリップして、とても走れるような道路ではありません。
車は喘ぎ喘ぎしながら、それでもなんとかお寺まで到達しました。
私は、以前に1度このお寺をおとずれているのですが、
その時、この道路で苦労した覚えがありませんので、
その後、道路が傷んだのでしょう。

サクーから麓までが、たぶん2キロくらいで、
ジグザクの上りがやはり、2キロくらいはあるのではないでしょうか。
とにかく、遠くて、大変な道路でした。

「BPHighway」
タライ地方への近道「BPHighway」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ドライブ 
投稿日:2015/07/06 17:45
コメント(0)
先週の金曜日(7月3日)、日本の協力で造られたタライ地方への最短道路
「BPHighway」の、日本からネパー ルへの譲渡式が行われました。

ネパール側からはコイララ首相、交通大臣、
日本側は小川正史ネパール大使とJICAの代表が出席しました。
コイララ首相は日本政府へ感謝の念を述べ、
小川大使は、日本¬〜ネパール間の新たな友情のシンボルであると述べました。
1995年から工事が始まり、今年3月に完成していました。
工費は、215億ルピー。

「BPHighway」
「BPHighway」(写真は、新聞より)

NoPhoto
運転にまつわる話題三つ
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ドライブ 
投稿日:2012/02/24 14:25
コメント(0)
その1 運転免許証の更新
先日、運転免許の更新をしました。
10年前は、自分で行かずに手続きができたのですが、
制度が厳しくなった今は本人が行かなければならないというので・・・
行きました。
メディカルチェックがあるということでしたが、
「外国人ですね。ネパール語は話せますか」で始まり、
色盲検査の数字を読まされ、(検査者がちゃんと聞いているとは思えなかった)
次のテーブルに行くよう指示され、
係りがサインをしてくれて、メディカルチェックをパス。
(結局、格好だけのメディカルチェックだった)
5年有効の新しい免許証をもらいました。

その2 シートベルト着用義務
ネパールでは、最近になって運転時のシートベルト着用が義務化されました、
確かに、バスもタクシーも自家用車も、
着用している人が多くなりました。
先日も、助手席に乗っていた人が警官の姿を見て、
あわててベルトを締めていました。

その3 飲酒運転取締り
ネパールでは車運転時のシートベルトの着用義務と同時に、
飲酒運転の取締りが強化されました。
これまでは野放しだった飲酒運転ですが、今は見逃してもらえないとのこと。
私の身近ではまだ経験者はいないようです。
この飲酒の検査ですが・・・お巡りさんに「ハー」をするのです!!
「とってもたまんないよ。こっちが病気になっちゃうよ・・・」
と嘆く気の毒なお巡りさんの声が聞こえてきそうです。
酒類の売り上げにも響いているようですよ。
タグ:
運転免許証更新 シートベルト着用義務 飲酒運転取締り 

1 - 3件目まで(3件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(823)