1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ
  5. お祭り・イベント記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

2月<2017年3月    
1234
56 7 8 91011
12 131415161718
19 20212223 24 25
2627 28293031

記事一覧

1 - 5件目まで(133件中)

ゴラ・ジャトラ(馬祭り)
ゴラ・ジャトラ(馬祭り)
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2017/03/27 13:54
コメント(0)
「ゴラ・ジャトラ(馬祭り)」
新聞によると、トゥンディという名前の悪魔に勝ったことを祝う祭りだそうです。
カトマンズ中心部の広場で祭りが行われます。
兵士たちが馬に乗ってさまざまな芸を披露するようです。
先日から会場の広場には、
障害物など、今日使われると思われる道具が準備されていました。
見物人で賑わうことでしょう。

ゴラ・ジャトラ(馬祭り)
(写真は、昨年の新聞から)

カトマンズ盆地は休日、と暦には書かれています。
カトマンズ盆地とは、カトマンズ、パタン、バクタプルの3都市を指します。

ホーリー1
ホーリー満月祭
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2017/03/12 19:29
コメント(0)
「ホーリー満月祭」
「ハッピー・ホーリー!」の掛け声とともに顔に色の粉を塗り合い、
水を掛け合う祭りが今日でした。

この調子では今年のホーリーは寒くて、とても祝えないのではないかと、
ここ2,3日の天気具合は心配させましたが、
今日はなんと天気が回復してホーリー日和になりました。
キャッキャッと声が響き、それぞれのホーリーを楽しむ様子が伝わりました。
今日は、子供も大人も掛け声を上げ、笑顔がはじけます。
水鉄砲、水風船などはかわいい水掛けで、
バケツの水を頭から掛けたり、
蛇口にホースをつないだりと、極めて大胆な水掛けごっこです。
掛けるほうも掛けられるほうも、思い切り楽しんでいます。

知り合い同士で掛け合うほか、
通りかかった人にも粉をつけたりして、ホーリーの喜びを分かち合っています。
また、スピーカーから大きな音の音楽が流れ、
集まった人たちが踊りまくっているのでしょう。

賑やかな一日が終わろうとしています。

ホーリー2
(互いに粉を塗り合って)

ホーリー1
(ホーリーの品々を売る人、買う人。新聞から)

NoPhoto
国際女性デー
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2017/03/08 14:18
コメント(0)
今日3月8日は、国連が決めた「国際女性デー」です。
2017年の国際女性デーのテーマは
「Women in the Changing World of Work: Planet 50:50 by 2030」
(変化する仕事の世界における女性たち
:2030年までにプラネット50:50を実現しよう)だそうでうが、
日本語訳を読んでも、私には「???」の意味不明状態です。
国際女性デーは、女性への差別撤廃と女性の地位向上を訴えるものだそうです。

男女不平等は、ネパールでも顕著です。
結婚問題の不平等について書いてみますが、
これは全ての民族における問題ではないことと、
あくまでも私が見聞きしたことに限ることを最初に断っておきます。
夫と死別した女性は、再婚が難しいようです。
と言うより、認められていないともいえます。
赤い洋服を着ることさえ許されない夫を亡くした女性が、
ひとりで子供を育て、家を守ってきたことを知っています。
またこんな話を聞いたことがあります。
正式に婚約した後、万が一男性が亡くなるようなことがあると、
相手の女性は一生結婚できない、というのです。
一方、妻を亡くした男性は、1年も経たないうちに再婚する人もいます。
大いなる不平等・・・ですよね。

国際女性デーの今日、ネパールは休日です。

NoPhoto
「ギャルポ・ロサル」
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2017/02/27 17:41
コメント(0)
「ギャルポ・ロサル」 シェルパ族の祭り・新年で、休日です。
シェルパと言う名前は、日本の人たちにも馴染みがある名では・・・。
ヒマラヤ登山隊の現地人ガイド、と覚えている人もいるでしょう。
エヴェレスト最初の登頂者は、
サー・エドモンド・ヒラリーとテンジン・シェルパでしたが、
ネパールに60以上あるとされる民族のひとつシェルパ族の人なのです。
もともとは、チベットから移動してきた人たちで、
独自の言葉を話します。
モモ(餃子)やチャウミン(焼きそば)なども彼らの食べ物です。
蒙古系の民族ですから、赤ちゃんはお尻に青い痣を持って生まれてきます。

今日は、そのシェルパ族の祭りで、新年です。
カトマンズの中心部ラトナパークにテントなどを張り、
賑やかに、楽しく一日を過ごすことでしょう。

休日「マハ・シヴァ・ラトリ」
休日「マハ・シヴァ・ラトリ」
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:お祭り・イベント 
投稿日:2017/02/24 14:22
コメント(0)
休日「マハ・シヴァ・ラトリ」

ヒンドゥ教の神様のひとりで、人々の厚い信仰をうけるシヴァの誕生日。
シヴァは、「創造と破壊の神」といわれており、
2015年の大地震の時、シヴァを思い出す、と言った人がいました。
カトマンズにある世界遺産のヒンドゥ教寺院
「パシュパテナート寺院」が混み合う日です。
今日のイブである昨夜は、
お寺は照明で照らされ、
休日「マハ・シヴァ・ラトリ」
寺の周りには夜を過ごす参拝者が集まりました。
インドからやってきた巡礼者も多く、
寺は独特の雰囲気をかもし出しています。
今日は参拝者で身動きできないほどの混雑ぶりを示すとか。
そこで揉まれるのを避けて、テレビのニュースを見ることにします。

晴天のマハ・シヴァ・ラトリです。

1 - 5件目まで(133件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(803)