1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ
  5. 自然・植物記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

4月<2017年5月    
123456
7 8910 111213
14 15 16171819 20
212223 24252627
28293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(15件中)

フス1
フス
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:自然・植物 
投稿日:2017/01/02 15:23
コメント(0)
昨日は、昼ごろからなんと雨が降り始め、
夕方まで思い出したように時々細々と降り続けました。
寒い寒い一日でした。
ポカラの北、マナンでは雪になり、降る雪がテレビで流れました。
予報官が、明日も寒いよ、と話していました。

今朝、7時半ごろ、白いものがフワーッとやってくるのに気づきましたが、
みるみるうちに100メートルくらい先が見えなくなりました。
この時期の名物「フス」が、この冬初めてやってきたのです。
ガスの匂いもかすかにしました。
30分くらいでフスはなくなり、
そのあとは予報に反して暖かな日差しが注いでいます。
昨日の寒さがうそのようで、ほっとしているところです。
やはり、暖かいほうがいいです。

フスの時と去った後を見てください。


フス1
フス2

フス3
フス4

へちまたわし1
へちまたわし
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:自然・植物 
投稿日:2016/11/14 13:56
コメント(0)
ネパールには、夏がシーズンの「ギロウラ」という名の植物があります。
辞書を見ると、「からすうり」とも「へちま」とも書かれています。
ネパールの人は、これで「タルカリ」と呼ばれるおかずを作って食べます。
私は、習慣がありませんので、自分で作りませんが、食べたことはあります。
柔らかくて、口の中でギロギロする感じです。

これが太くなったものを「たわし」にするのはネパール人も同じですが、
作り方が違います。
まず、たわしにするへちまは、
すっかり水分がなくなって、黒くなるまで収穫しません。

へちまたわし1

皮は手で引きちぎるように剥きます。
中味は何もなくなっていて、たわしの網目と黒くなった種だけです。
種を取り出して出来上がり。

私は、青いギロウラをもらって日本式でたわしを作ってみました。
ボイルして、皮を剥いて、乾かして、種を取り除く。

見た目も、触り心地も異なる2つのたわしができました。

へちまたわし2

久しぶりにへちまたわしで体を洗いました。
自然の持つ柔らかさがやさしく伝わるへちまたわしです。

jacaranda1
jacarandaの花
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:自然・植物 
投稿日:2016/05/08 20:53
コメント(0)
カトマンズは、今、Jacarandaの花盛りです。
私は、これまでずっと「紫の花」と呼んできました。
大木に、紫の花がいっぱい咲いています。
カトマンズの中で、写真を撮ってもっともきれいなのは、
ダルバール・マーグの並木なのですが、
この写真は、カトマンズの中心部にある広場のものです。

jacaranda1

花の写真・・・のつもりですが、
光線の加減で、うまく光が当たらず、わかりにくくて、すみません。
花は、筒状で、長さは3センチくらい。

jacaranda2

やはり、ある程度の距離から見るのが、一番きれいかな・・・

一本だけ咲いているのを見かけたり、
並木を作っていたりしていますが、
結構、あちこちで咲いているのに気づきます。

私は、やはり、「紫の花」で通します。

キノコ1
キノコ
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:自然・植物 
投稿日:2015/11/08 18:35
コメント(0)
この写真を撮ってから、1週間ほどになりますが、
私の家で見つけたキノコです。
笠にゴミが乗っていたので、指で払おうとしたら、簡単に倒れてしまいました。
そこで、仕方なくそのままを撮りました。
2日目にはしおれ始め、今は跡形もありません。

キノコ1

キノコ2

コカナ 地震後3
地震後のコカナへ
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:自然・植物 
投稿日:2015/06/25 14:34
コメント(0)
カトマンズから車で1時間弱。
Khokana(コカナ)は、キルティプルにあるネワール族の村です。
この2年間で8回目の訪問です。

4月の大地震で、村の家が全て崩壊し、住めなくなった・・・
と聞いていました。
この目で確かめたいと思いながら、なかなか機会がなく、
今週、やっとその思いが実現しました。


コカナ 地震後1
(コカナの家々・・・地震前)
私が歩く村の通りは、全壊した家は見当たりませんでしたが、
ちょっと奥をのぞくと・・・倒れた家があります。
見慣れた通りの家々は、倒れていなくても、
歪んだりしている様が分かり、住むことができないようです。
どの家も入り口に錠をかけ、人がいる気配がありません。
たまり場で話をしていたお年寄りたちの姿も、
季節の収穫物を日に当てていた主婦たちの姿も、
いつも聞こえていたネワール語も・・・ありませんでした。
ネパールで最初に電気の電灯が灯った家も、同じように錠が下りていました。
コカナ 地震後5
(最初に電気の電灯が灯った家・・・地震前)
何度か歩いているだけに、人の姿も声もない通りが地震の被害を実感させ、
一層寂しさが増してきます。

人々は空き地にトタン板を利用した簡易な家を造り、そこにいました。

コカナといえば、段々畑(段々田んぼ)と、
コカナ 地震後2
その中心に立つ年老いた大木が私の心の拠り所です。
段々畑は、田植え前で、すっかり乾いていました。
苗代の苗は、植えごろの丈になっていましたが、
水不足とのことで、雨を待っている状態でした。

そして・・・年老いた大木は・・・
ありました!!
コカナ 地震後3
地震前と同じに立っていました。
真冬に訪れた時は、一枚もなかった葉っぱを、今は木いっぱいにつけて、
強い太陽を遮っていました。
嬉しかった・・・
大木にもしものことがあったら・・・と心配していたので、
ホッとしました。
とにかくよかった・・・
大木と一緒に写真を撮りました。
コカナ 地震後4

この日も残念なことにヒマラヤの山々は、雲に邪魔されて見ることができませんでした。

コカナ村・・・
また来るね・・・

1 - 5件目まで(15件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(823)