1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ
  5. その他記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

7月<2017年8月    
1 2345
678 9101112
1314 151617 1819
20212223242526
2728293031

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(360件中)

バドウ月
2074年5月バドウ月
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2017/08/17 17:19
コメント(0)
バドウ月が始まりました。
ネパールのカレンダーで2074年5番目のバドウ月は、
日本の8月17日から9月16日までの31日間です。
6月中旬から始まった雨季が3ヶ月目。
雨季が終わる月といわれています。
ただ、今年は雨季の始まりが遅れていますので、
そういう時は、遅れたぶんだけ雨季が延びるという人もいるので、
どういうことになるのでしょう。
今月のカレンダーは、休日を示す赤い字が溢れています。
祭りのシーズンが本格的に始まった感があります。
例えば、女たちの祭り・ティーズ
(既婚者は赤いサリーを着て、食を断って夫の長寿を、未婚者は良い出会いを祈る。ネパール中が赤に染まるヒンドゥ教徒の祭り)や
生き神様クマリ巡行、父の日、こどもの日など。
賑やかで、忙しい月になりそうです。

バドウ月

カレンダーに描かれているのは、
ヒンドゥ教の神様のひとり、シヴァ。
三又の鉾を持ち、首にコブラを巻き、トラの皮をまとい、額に第3の目を持つ。
破壊の神とされ、2015年の大地震の時に、
「シヴァを思い出した」と言った人がいたのを覚えている。
妻パールバティーとともに、ヒマラヤの奥深くカイラス山に住んでいる。
カイラス山で暮らすシヴァ、パールバティーの様子を
自宅の庭に作っている家も少なくない。

2074年4月のサウン月
2074年4月サウン月
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2017/07/16 13:52
コメント(0)
ネパールは、今日から2074年4月のサウン月が始まりました。
8月16日までの32日間です。

サウン月の女性たちは、メンディで手に模様を描き、
緑色のバングルをはめ、
既婚者は夫や家族の幸せや長寿を、
未婚者は良い伴侶との出会いを祈る月です。
毎週月曜日は、近所のお寺などに出かけます。

今月は、祭りのシーズンが始まったことを告げる月です。
ナーガ・パンチャミは、蛇よけのお札を門口に貼る日です。
ガイ・ジャトラは、この1年に亡くなった人の魂を慰める日です。
右手首に災い除けの糸を巻いてもらう日ラクシャバンダンもあります。
ヒンドゥウ教の神様の一人クリシュナの誕生日も今月です。
新会計年度も始まりました。
色々な行事や祭りが目白押しの1ヵ月になります。

今月も雨季。
十分な雨が降ってほしいですが、
被害のない月であってくれるよう願っています。

2074年4月のサウン月

コカナ10
今のコカナ村
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2017/07/07 18:42
コメント(0)
コカナは、ネワール族が暮らす古い村です。
村を歩いていると、聞こえてくるのはネワール語。
2年振りにたずねたコカナの村の様子です。

2年前の地震で、傷んだ村の家やお寺が並ぶ村の通り。
コカナ1
コカナ2
2年前に行った時は、家には錠がかかり、つっかえ棒で支えた無言の家々が立ち並ぶ様子や、人影も話し声もない村の通りに、ここも地震の被害にあった村ということを、しみじみと感じました。人々は、近くの空き地にテントやトタンで臨時の家を作り、そこで暮らしていました。
今では、こうして、人の姿が村の中に戻り、話し声が聞こえます。
道には、修理用や建て直しのための煉瓦や鉄筋などが置いてあります。
お寺の修理をする人達がいました。
コカナ3

人の動きとは一切関係なく、お寺の隣でゆうゆうと憩うカシ(去勢した食用ヤギ)たち。
コカナ4

「ネパールで初めの電気が来た家」と書かれたミュージアムを兼ねる家。
コカナ5
最初の訪問の時、ここを見学しました。2年前は、しっかりと錠がかかっていましたが、今は住んでいるようです。人影がありました。

コカナの田んぼが見えるところにきて気づく、田んぼの中の大きな木。
コカナ6
行ってみましょう。
コカナ7
コカナのシンボルになっている大きな古木です。
コカナ8
木の下はさすがに涼しい。
コカナ9

コカナの畦道には女が似合う、と私は思っていますが、うまい具合に丁度通りかかった女性がいましたので、思わずカメラを向けました。
コカナ10

学校です。ここにあった学校が地震で壊れ、新しく造り直したそうです。ピカピカしてます。
コカナ11

女性の集会所が造られていました。
コカナ12

村の井戸に水汲みにやってきた若い主婦がいましたので、井戸の中をのぞかせてもらいました。
コカナ13
水はあります、との言葉通りです。水が入りやすいように穴をいくつか開けたポリタンクに紐を付けて、井戸の中に入れ、水が入ったポリタンクの紐を手繰り寄せます。この紐は手作りで、ショールで作ったそうです。
コカナ14

コカナのトリコ・テール(菜種油)は良質といわれています。
これを買うのも楽しみのひとつです。
コカナ15

こうして、地震前と同じとは言えないでしょうが、
コカナに、コカナの時間が戻りつつあるようです。
私の好きなコカナの田んぼへ、また出かけることにします。

NoPhoto
首相の車
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2017/06/27 17:44
コメント(0)
先日、カトマンズのはずれにある私の家に帰っている時のこと。
後ろから、ウーウーと、明らかに警察のそれと分かるサイレンの音。
この場所でサイレンを聞くのは、きっと、あれに違いないと思い当たりました。

タクシーの後ろの窓から振り返ってみると、
私の予想は、当たり!でした。
最近、なったばかりの新首相が自宅に向けてやってきました。
首相の自宅は私が住む村にあります。

タクシー運転手は、車を道の端に寄せて止めました。
ネパールでは、救急車がサイレンを鳴らしていても、
他の車が端に寄ったりするのを見たことがないといっても過言ではありません。
そのネパールのタクシーが止まって、首相の車を通したのです。
ちょっとした新発見と驚き、でした。

先頭に1台の白バイ、そのあと2台の警護車、
それに続いて首相の車、後ろにさらに2台の警護車。
ネパールにおける首相の警護のようです。
その後、今度は逆に、仕事に向かう首相の車に出合いましたが、
家に帰ったりするのも大変なことだな、と思っていました。

カトマンズ市内に首相官邸があるのですが、
首相は今はそこに移ったと聞きました。
ですから、これからはそう間近に首相の車を見ることはないでしょう。

小さなネパール、小さなカトマンズでなければ出合えない経験でした。

2074年3月アサル月
2074年3月アサル月
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:その他 
投稿日:2017/06/15 14:22
コメント(0)
ネパールは、今日(6月15日)から2074年3月アサル月が始まりました。
日本の7月15日までの31日間です。
休日は、土曜日のみです。
「田植えの日」と「先生の日」があります。
「田植えの日」は、ネパール中の人達が田植えを祝い、
ダヒ(ヨーグルト)とチウラ(干し飯)を食べる日です。
〔チウラを食べる時の注意:食べ過ぎないこと。過ぎると、あとで胃が苦しくなります〕。
外国人観光客も加わって、泥んこの田んぼに自ら飛び込んだり、
仲間に放り投げられたりして、毎年大いに盛り上がっています。
この日は農家だけではなく、サラリーマンも商店主も、
誰もが「ダヒとチウラ」を食べて祝います。
私もダヒとチウラを食べて、仲間入りです。
私は、この日が大好きです。

今月は、ネパールにまとまった雨をもたらす雨季が始まります。
これから3ヶ月の間に降る雨が、
ネパールの全て、農業や発電、生活用水などに恵みをもたらします。
田植えをはじめ、雨を待っていろいろな種まきも行われ、
農家にとっては忙しい日になります。

2074年3月アサル月

1 - 5件目まで(360件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(847)