1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパールのわたしさんのブログ
  5. ウェディング記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパールからこんにちは!!

〜昨日のネパール、今日のネパール、これからのネパール。 ネパールに暮らす人々の生活や様子など、【わたしの眼】【わたしの基準】でお伝えします。〜

プロフィール

ニックネーム:
ネパールのわたし
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ヒマラヤトレック社
会社英字名:
Himalaya Trek Pvt. Ltd.
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
977-01-4379666
業種:
旅行業
自己紹介:
カトマンズ郊外ブダニールカンタにある、ネパールをよく知るネパール人と、ネパール大好きな日本人が経営するトレッキング会社「ヒマラヤトレック社(Himalaya Trek Pvt.Ltd.)」です。
トレッキング、登山、国内航空券の予約、観光、ホテルの予約等、ネパール旅行に関する全て、また、ネパールを基点とした旅行を取り扱っています。
ネパールを訪れてくださる皆様が、良い思い出が作れるよう、誠意を込めてお手伝いさせていただきます。

カレンダー

8月<2017年9月    
12
3456789
10111213141516
17 1819 20 21 2223
242526 27282930

アーカイブ

記事一覧

1 - 5件目まで(10件中)

結婚式3
結婚式
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ウェディング 
投稿日:2016/11/30 14:37
コメント(0)
今朝、結婚式の音楽が聞こえてきたので、カレンダーで確かめました。
確かに今日は、結婚式がある日です。
今月は、久しぶりに結婚式ができる月で、今月中には10日あります。

結婚式といえば、ネパールでも年々派手になっているのでは、と感じています。
新婦の家に新郎が出向いて結婚式を挙げ、
夕方には新婦を伴って家に帰る、というのがもともとの結婚式だったと聞いています。
最近では、パーティーパレスと名のつく会場が増え、
そこで結婚式や披露宴をする人たちが多くなっています。
私の村にもそうした会場があり、
私の知人の家でもそこで披露宴をしました。
村の会場で提供する料理が、油も塩も辛味も、
すべてがバランスよく調理されていることに感心した覚えがあります。
ネパールの料理人、勉強しているのですね。
会場としてホテルを利用する人たちがいることも付け加えておきます。

自分の家は戸締りをして会場に出かけるわけですが、
お金がかかっても、そのほうが煩わしくないと考えるようです。

自分の目で見るネパールの変化のひとつです。

結婚式1
(楽隊に先導され、会場へ向かう新郎が乗る飾りつけた車)

結婚式2
(結婚式に欠かせないといわれる楽隊)

結婚式3
(新郎新婦)

結婚式1
ネパールの結婚式
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ウェディング 
投稿日:2015/12/02 15:45
コメント(0)
今朝は、ことのほか賑やかで元気な楽隊を先頭に、
式場へ向かう花婿の一行が、私の家の前を通りました。

先頭の楽隊に続いて、盛装した親戚などの関係者、
結婚式1
その後にきれいに飾った車。
結婚式2
この車には、花婿が乗っています。
そして、参列者の車やバイクが続きます。

ネパールの暦の今月モンシール月は、結婚式があります。
花婿が花嫁側 に出向いて結婚式を挙げますが、
会場は花嫁の家であったり、最近多くなったパーティーパレスであったり、
ホテルでの結婚式もあり、と多様になってきました。

花婿が花嫁を連れて帰ってくるのは夕方から夜にかけてです。
その時も楽隊が演奏する音楽が近づきますので、分かります。
家に着いたら今日の予定が終わるわけではなく、
花婿の家でも歓迎の儀式や親族紹介などが
長い時間かけて行われるのが一般的ですから、
二人にとっては長い一日になる筈です。

ネパールでは、結婚式と披露宴は同じ日にはしません。
披露宴は、日を改めて行いますが、
この時の招待者は、花婿の親戚や関係者のみです。
以前は、自分の家で披露宴もしていたようですが、
今は専門の会場が使えるので、家の人の負担が少なくなったということです。

結婚式いろいろ5
ヒーロー、ヒロインになる日
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ウェディング 
投稿日:2013/12/12 17:57
コメント(0)
11月中旬から12月中旬にかけての1ヶ月間は、ネパールの結婚シーズンです。
ネパール歴8月にあたるモンシール月の結婚は大変目出度いとされています。
今年のカレンダーを見ると、
このモンシール月だけで結婚式に適した日が11日示されています。

近所に花婿がいると、朝から楽隊が賑やかに結婚式の音楽を演奏する音が聞こえます。
花婿が式場に出向くのです。
楽隊は、トランペットの音を高らかに響かせるバンドあり、
ネパール伝統の楽器を奏でる楽隊ありで、さまざまです。

式場は、花嫁の家や、パーティ・パレス、貸切のレストラン、ホテルなど色々です。
屋外にテントを張って行うのが一般的ですが、
最近は、宴会場や高級ホテルでの挙式やパーティが増えつつあるそうです。

ネパールの結婚式は賑やかな音楽と共に行われ、
普通、朝から暗くなるまで続きます。
花嫁を連れ帰った花婿を、友人たちなどが音楽に合わせて歓声を上げたり、
踊ったりして迎えます。
二人を迎え入れる行事がさまざま行われ、それは夜遅くまで続くようです。

華やかな衣装の参加者に囲まれて注目を浴びる花婿花嫁。
誰もがヒーロー、ヒロインになる一生に一度の結婚式。
緊張の表情を見せる花婿と固い表情の花嫁を見ていると、
思いきり祝ってもらって、
二人にとっていい日でありますように、
そして、良い出発になりますようにと、願わずにはいられません。

結婚式いろいろ2
(結婚式に欠かせないバンド)

結婚式いろいろ1
(バンドに導かれて式場に向かう花婿の車)

結婚式いろいろ4
(花婿花嫁)

結婚式いろいろ5
(式に臨む花婿花嫁。右は式を司るお坊さん)

結婚式いろいろ6
(テントの中で祝いの食事を食べる)

結婚式いろいろ3
(花嫁を連れ帰った花婿を迎える人達)

結婚式いろいろ7
(披露宴でのふたり)

ホテル・ヤク・エティ
高級ホテルでの結婚式
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:ウェディング ホテル・宿泊 
投稿日:2013/12/01 17:50
コメント(0)
11月中旬から12月にかけて、ネパールは結婚シーズンです。
最近は、パーティ・パレスといって日本式に言えば結婚式場でしょうか。
ここ2,3年で式場の数もみるみる増えてきていますし、
地方都市でもその傾向は大きくなっているようです。
私が暮らすカトマンズ郊外の村でも、
披露宴をパーティ・パレスで行う家が多くなっているようです。

それとは別に、
カトマンズの5ツ星クラスの高級ホテルを利用する結婚式が
裕福な人達の間で多くなってきているそうです。
あるホテルは12月まで予約でいっぱいとか。
素敵な会場、セキュリティの良さ、良質な食べ物、広い駐車場、
そして、納得いく料金等が魅力らしいです。

そうしたホテルのひとつ「ホテル・ヤク・エティ」では、
参加者ひとり税込みで1200ルピーから1500ルピー(約1200円から1500円)で、
1200人収容できるホールがあるとのことです。

ネパールでも伝統的な結婚式の形が変わりつつあるようです。

ホテル・ヤク・エティ
(ホテル・ヤク・エティ)

Wedding Party1
結婚披露宴
エリア:
  • アジア>ネパール
テーマ:ウェディング 
投稿日:2013/07/25 14:14
コメント(0)
ネパールの結婚式は、一日では終わりません。
「婚約式」「結婚式」そして「結婚披露宴」の3回が日を変えて行われます。

両家の関係者招待者が集まる「婚約式」「結婚式」の後、
「結婚披露宴」になりますが、
これには新郎側の関係者招待者のみが集まります。

披露宴ですが、例えば夕方4時から始まると、
招待者は自分の都合の良い時間にやって来ます。
招待状には、「竈の火を消しておいでください」と書かれるので、
家族連れの姿が結構多いです。

まず、新郎新婦にお祝いを贈ります。
Wedding Party1
その後は、それぞれテーブルを囲んで、飲み物やスナックが振舞われます。
知り合いや友人たちと話が盛り上がるようです。

Wedding Party3

その後、場所を変えてディナーが用意されている部屋へ行き、ディナーを楽しみます。
ここは、ビュッフェ形式になっています。
食事が済むと、家に帰る人もあれば
引き続いて話し込む人もありますが、
ダンス音楽が流れ始めると、人々が踊りだします。

Wedding Party4

この間、帰る人もいれば、新たにやって来る人もあり、
時間が遅くなるほど盛り上がりをみせます。

夜9時頃まで続くようです。

1 - 5件目まで(10件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(855)