1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. 青岩秋子さんのブログ

特派員ブログ


  国内エリア: 東北 > 青森 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

〜〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜〜

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!

プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー

10月<2016年11月    
1234 5
67891011 12
131415161718 19
202122232425 26
27282930

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

まぐろ刺身
下北半島≪下風呂温泉≫で大間のマグロを食べてきました〜♪
エリア:
  • 東北>青森>大間・下風呂温泉
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 温泉・露天風呂 
投稿日:2016/11/25 10:49
コメント(0)
青岩秋子です♪

きた東北の美味しいものを食べるためなら、どこへでも〜!!

ということで・・・先日黒いダイヤを食べに下北半島の下風呂(しもふろ)温泉へ行ってきました〜☆

黒いダイヤ!?
皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが・・・『大間のマグロ』のことなんでですよ(´∀`○)ノイェーイ♪

JR下北駅からバスで約70分、下風呂温泉郷に到着です。

下風呂看板
港の向こうには北海道の恵山(えさん)が見えましたよ!

下風呂温泉は、下北半島・風間浦(かざまうら)村で昔から湯治場として親しまれている本州最北限の温泉。
100mも離れていないところに大湯新湯の泉質の違う温泉が2ヶ所あるのは全国的にも珍しく、海辺から湧いている温泉浜湯もあって、下風呂温泉郷全体で3ヶ所の源泉があるのはこれまた珍しいそうです(o´∀`o)

お宿に到着後すぐに温泉へ入ろうかと思ったのですが、お天気が良かったので温泉郷をのんびり散策することにしました♪

まずは温泉街から西に500mほど歩いたところにある「海峡いさりび公園」
二見岩
公園中央には奇岩・二見岩があって神社が鎮座していました。

新島襄碑
近くには井上靖の小説「海峡」にちなんだ文学碑や、同志社大学創始者・新島襄の寄港記念碑もありましたよ〜

公園の南にある少し急な階段を上ると、海が一望できて最高の眺め!!
そして、鉄道アーチ橋メモリアルロード足湯が見えてきました。

第二次世界大戦中に建設が進められたものの戦況の悪化で工事が中断し、以後放置されていた鉄道用のアーチ橋。
2005年に鉄道メモリアルロードとして完成したそうです。

アーチ橋は112.6m、橋脚の高さは7m。
鉄道の駅をイメージした足湯はとってもきれいに整備されていましたよ(゜∀゜*)
メモリアルロード2連
「下風呂温泉にお越しいただいたお客様に気持ちよく足湯を堪能してもらいたい」
との思いから、下風呂温泉旅館組合おかみの会のメンバーの皆さんで清掃を実施しているそうなんです!

温かいおもてなしの気持ちがとっても嬉しいですね〜
散策の休憩ポイントとしてもお勧めの場所です☆

そのまま下り坂を進み港にある大きな建物が「活イカ備蓄センター」です。
イカ備蓄センター
ここでは新鮮な活イカの刺身を食べられるのはもちろんのこと、風間浦村特産品や水産加工品の販売も行っているのですが・・・

何といっても目玉は「元祖烏賊様レース」!!

備蓄センター前に常設されている1周20mの水槽を使って活イカを泳がせ勝敗を競うレースは、イカのオーナーとしての参加(オーナー料600円)はもちろんのこと、イカの順位を予想する投票でも参加できるユニークなイベントを開催しているんです。

烏賊様レース
実はこのレースに参加することをとーーーっても楽しみにしていたのですが、私が訪れた2日前から海が時化ており、イカ漁に出られない状態が続いていて・・・

活イカがないので備蓄センターが閉まっていたんです(泣)

本当に残念でした(>ω<、)
「元祖烏賊様レース」の開催は、毎年7月中旬〜10月末までなので、また来年のお楽しみということにします(゜ω゜)ノ

1時間ほどの散策のあとは、宿に戻ってお楽しみの「大間マグロ膳」の夕食♪♪

今回は大間マグロを使った料理6品を含む全13品☆
見た目はもちろんのこと、とてもボリュームがあり大変満足のいく内容でしたよ〜

「本マグロを使っているので抜群に美味しいですよ。」と、女将さんの言葉通り本マグロは酸味と甘みのバランスが絶妙!!
モチっとした食感で口に入れた瞬間マグロが溶ける感じがしました。

まぐろ刺身1
お刺身は赤身と中トロ。
赤身はとっても美味しい〜
中トロになるとさらに甘みが増し幸せな気分に〜ヽ(´∀`)ノ

まぐろ握り
握り3貫は赤身・中トロ・大トロの3種。
部位がそれぞれ違うので味の変化を楽しみながら♪
上質な脂の大トロはとっても甘くて口に入れた瞬間溶けてなくなってしまいました☆

まぐろ膳
先附や小鉢、焼き物に〆のマグロ中落ち丼、本当にどれもとっても美味しかった〜〜(〃)´艸`)オイシー♪

下風呂温泉は津軽海峡に面しているので海の幸が豊富なんだなぁって改めて感じました。
食通の観光客に人気と言われていますが、納得!

そして!!
これからの時期、下風呂温泉ではキアンコウが水揚げ時期を迎えますよ〜
キアンコウは鮟鱇の一種で、通常の鮟鱇より美味しいそうですσ(´〜`*)

あんこう料理
全国的にも珍しいアンコウのお刺身も食べられますよ♪

冬の下北半島、あったかい温泉と美味しいお料理で身も心もポッカポカになること間違いなしです!!
是非お出かけください☆


詳しくはコチラ ↓↓↓

下風呂温泉郷HP
http://www.shimohuro.com/

風間浦鮟鱇公式HP
http://www.kazamaura.com/
タグ:
大間のマグロ 下北半島 下風呂温泉 鮟鱇 アンコウ 烏賊様レース 

棟方志功 写真
世界の棟方志功の作品があべのハルカス美術館にやってきます〜♪
エリア:
  • 東北>青森>青森
テーマ:お祭り・イベント 鑑賞・観戦 歴史・文化・芸術 
投稿日:2016/11/18 10:25
コメント(0)
青岩秋子です♪

最近はやりのPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)♪p(□-□)q
ピコ太郎をプロデュース(本人?)しているお笑いタレントの古坂大魔王さんは、青森市出身なんですよ〜☆ギネス世界記録に認定されてすごいですね!

青森市出身で世界的に有名な芸術家のひとり『棟方志功』(むなかたしこう)はご存知でしょうか?
画家をめざして上京し独学で油絵を学んでいた志功は、川上澄生の版画に出会い版画家になることを決意。戦後は数々の国際美術展で受賞し、世界のムナカタと呼ばれました。

板の生まれた性質を大事にあつかわなければならない、木の魂をじかに生み出し、木の声を聞くという信念のもと、自らの「版画」を「板画」と表現し、生涯をかけて多くの木版画を生み出しました。
その世界的芸術家『棟方志功』の作品展が大阪で開催されます。

=わだばゴッホになる世界の棟方志功=

開催場所:あべのハルカス美術館
開催期間:平成28年11月19日(土)から平成29年1月15日(日)
【休館日 11/21(月)、11/28(月)、12/31(土)、平成29年1/1(日・祝)】
開館時間:火〜金 10時〜20時、月・土・日・祝 10時〜18時
*入館は閉館30分前まで


世界の棟方志功(表)

世界の棟方志功(裏)

習作期の油彩画、初期の版画作品から晩年までの代表作、また文学とかかわる作品や肉筆の美人画などもあわせて紹介し、棟方志功の多様な芸術世界をご覧いただけます。

版画特有の線のタッチや、色彩の美しさも気になりますね☆
私もぜひ見に行ってみようと思ってます!O(゜▽゜o)

また、青森県青森市には『棟方志功記念館』があります。
世界に誇る板画家・棟方志功の文化勲章受章をたたえ、その芸業を長く伝えるために建てられた記念館は、2012年に鎌倉市の棟方板画館と合併したことにより、収蔵作品数が国内最多となりました。

棟方志功記念館

「釈迦十大弟子」をはじめとする板画のみならず、倭画、油絵など幅広い作品がコレクションされており、年4回の展示替えによって、作品展示に加え板木を含む関連資料など、幅広く紹介されています。

現在は秋の展示「欧米の旅」の期間中。(平成28年9月13日から12月11日)
志功がアメリカやヨーロッパを訪れた際に、心に残った風物を描いた作品を主に、アメリカ滞在中に日本を想い描いた倭画や書などの作品も鑑賞できます( '∀' )

欧米の旅チラシ

幅広い世界で得た感性と、板画に対する情熱がひとつひとつの作品に込められている棟方志功の世界。郷土の青森をとても愛し、凧絵やねぶたはもちろん故郷の自然や景色が彼に与えた影響も大きいかも知れません。
青森へ行ったら、より多くの作品に触れるとともに志功のゆかりの地にも訪れてみてくださいね☆(´∀`☆)


↓↓ 詳しくはこちら ↓↓

あべのハルカス美術館ホームページ 展覧会情報
http://www.aham.jp/exhibition/future/munakata/

棟方志功記念館ホームページ
http://munakatashiko-museum.jp/
タグ:
棟方志功 ゴッホ 版画 美術館 あべのハルカス 

きりたんぽ鍋
阪急元気東北物産展と東北六県観光展情報〜☆
エリア:
  • 東北>青森
  • 東北>岩手
  • 東北>秋田
テーマ:買物・土産 お祭り・イベント グルメ 
投稿日:2016/11/11 10:25
コメント(0)
青岩秋子です♪
来週に開催される、東北の物産展と観光展の情報をお伝えします!!

《《《 元気 東北物産展 》》》

開催期間:平成28年11月16日(水)〜22日(火)10時〜20時(22日は18時終了)
開催場所:阪急うめだ本店 9階催場


元気東北物産展1

元気東北物産展2

今回のお勧めグルメは・・・

◎秋田のきりたんぽ鍋セット◎
秋田市川反の老舗料亭「濱乃家」が初登場!
昔ながらの伝統技法と手作りにこだわったきりたんぽに、地元食材のセリ、舞茸、比内地鶏といった定番の具、秘伝のだしと名水で作られるきりたんぽ鍋は他では味わえない絶品です。

◎岩手の前沢牛すきやき弁当◎
「前沢牛」は岩手県奥州市前沢区の黒毛和種和牛のブランド。
きめ細やかな霜降りに、とろけるような舌ざわりと風味が特徴です。
こちらも初登場の「前沢牛オガタ」は前沢牛を生産、精肉、販売、レストラン経営と地元でも有名な前沢牛専門店です。今回は贅沢に前沢牛を使った「前沢牛すき焼き弁当」をぜひこの機会に食べてみてください。

◎青森三沢「North・40-40」の洋風ごぼうチップス◎
青森県三沢市にあるフレンチレストラン「North・40-40」
地元名産のごぼうを食べやすいごぼうチップスにし、8種類ものスパイスで味付されています。ビールやワインのおつまみ、ヘルシーなおやつにもピッタリですね。

会場での、出来立ての味も注目ですよ〜♪

◎岩手「盛岡せんべい店」から手焼きで焼きたての南部せんべい◎
通常は硬い南部せんべいも焼きたては温かくやわらか。落花生の香りも立って南部せんべいのイメージも変わるかも知れませんね。

◎青森「赤い林檎」のサクサク甘酸っぱいアップルパイ◎
青森といえばりんご、りんごといえばアップルパイですね〜☆ハートの形もかわいくてうれしくなります♪

◎秋田「比内や」の比内地鶏の親子丼◎
おなじみ「比内や」の比内地鶏親子丼をイートインスペースで味わうことができます。
噛むごとに味わい深い比内地鶏と、とろっとろの卵との相性をぜひ試してみて下さい!


《《《 東北六県観光物産展 》》》

開催日時:11月17日(木)11時〜19時
開催場所:大阪駅前地下街ディアモール ディーズスクエア

ゆるきゃら

各県の観光パンフレットを取り揃え、ポスター・工芸品の展示や観光DVDの放映もされます。
そして、人気のゆるキャラも登場!

◆ゆるキャラ 出演時間と各県のプレゼント◆
12時〜 岩手県『そばっち』
13時〜 青森県『決め手くん』
14時〜 秋田県『んだッチ』


・また、アンケートにお答えいただいた方の中から、先着で50名さまに素敵なプレゼントもご用意しています。

青森県:リンゴジュース
岩手県:龍泉洞珈琲ブラック
秋田県:白神山水または入浴剤(乳頭温泉)


ぜひお越しくださいね〜☆


《《 阪急交通公社グランドビルトラベルセンター東北観光フェア 》》

開催日時:11月17日(木)〜19(土)10時〜17時(17日は14時〜17時)
開催場所:阪急グランドビル30階 阪急交通社内 ギャラクシールーム・サンセットルーム



↓↓ 詳しくはこちら ↓↓

北東北三県大阪合同事務所
http://www.kitatouhoku-osaka.jp/

阪急うめだ本店ホームページ 元気東北物産展
http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/tohoku2016/index.html
タグ:
元気 東北物産展 東北六県観光展 観光フェア 阪急うめだ ディアモール大阪 

公園全景
岩手県一戸町:御所野縄文博物館と縄文公園に行ってきました〜〜☆
エリア:
  • 東北>岩手
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2016/11/04 09:18
コメント(0)
青岩秋子です♪

先日、ずっと気になっていた所へ行ってきました〜♪(*・∀・)

岩手県一戸(いちのへ)町の「御所野(ごしょの)縄文博物館」と「御所野縄文公園」です☆

縄文時代中期後半(約4000〜4500年前)の大集落跡として知られる御所野遺跡を整備して作られた「史跡公園(入場無料)」縄文時代と御所野遺跡・地域の文化について学ぶことができる「博物館(入館料300円)」があるんですよ〜

IGRいわて銀河鉄道「一戸駅」から岩手県北バスで約10分、バス停を降りると目の前には遺跡と駐車場をつなぐ屋根付き木製歩道橋「きききのつりはし」の入口がありました。

「きききのつりはし」、かわいい名前ですね〜(((o(*゜∀゜*)o)))

吊り橋
『木材の「木」をイメージし、他に奇抜の「奇」、渡る喜びの「喜」など利用者が自由に「き」をイメージできるように』と名付けられたそうです!

通路にはいろいろな形の縄文土器が展示してあるので、まるで縄文時代へタイムスリップする気分になれる不思議な吊り橋でした。

橋を渡ると、すぐ目の前に博物館の入口があります。
展示室に入って最初に目に入ったのはガラス張りの床!

焼失住居展示
約4000年前の焼失住居の出土状況を展示していました。
発掘の様子と復元の行程を映像で紹介していたのでとっても分かりやすい〜(*’3`b)

その先にあるドーム型の吹き抜け展示室は、まさに御所野縄文ワールド!!!
御所野遺跡を舞台をした縄文の暮らしや遺跡の四季を巨大スクリーンとプロジェクションマッピングで再現していました。

展示プロジェクションマッピング
春夏秋冬、当時の人々の暮らしの再現が迫力あって凄かったです!!!

やじり
矢じり土器の展示もたくさんありましたよ〜

そして、国の重要文化財「鼻曲がり土面」も見ることができましたヽ(o’∀`o)

鼻曲がり土面
顔全体が歪んでいますね( *´艸`)ユニークなお顔(笑)

顔の両端には紐通しの穴が空いていて、祭祀に使われたのではないかと考えられているそうですよ〜( ゜ ω ゜ ) ! !

2階の屋内体験工房では縄文時代の土器作りや縄文編み体験、アクセサリー作りなどの体験学習を楽しむことができるとのこと。

体験
これは子供達はもちろんのこと、大人でも十分楽しめそうですね!

屋内の博物館をじっくり見た後は、屋外の縄文公園に移動です☆

屋外には案内板が一切ないとの事だったので、無料のボランティアガイドさんをお願いして公園内を案内していただきました♪

土屋根住居
まず最初に案内されたのが西ムラにある「土屋根住居」です

縄文時代の竪穴住居は藁葺きのものしか知らなかったのですが、ガイドさんからの説明で、

「この西ムラでは、火で焼け落ちた竪穴住居の跡がそのままの状態で見つかって発掘されてね、調査によって残っていた炭化材に藁が全くなく、土の体積状況から屋根に土が乗っていたことが確認されたんですよ〜」

との説明がありました。

土屋根 入口
実際に復元された住居にも入ることもできます!!

屋内の補強と保存状態を守る為、定期的に中を燻しているので住居内は煙の臭いがしましたよ〜( ゜ ω ゜ ) ! !

その他、公園内は墓に関するものと考えられている「掘立柱建物」なども復元されていて、周りにはクリなどの樹林が広がり公園全体が縄文時代のムラそのものとなっていました!
西ムラ

交通の便は決して良いとは言えませんが、IGRいわて銀河鉄道一戸駅または二戸駅から御所野遺跡までタクシー利用した場合は500円の補助金が出るんですよ〜〜

これはちょっとうれしいサービスですね(´∀`○)ノイェーイ♪

現在、『北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群』の構成資産のひとつとして世界遺産の登録を目指している御所野縄文遺跡へぜひお出かけください!!


詳しくはコチラ↓↓↓

御所野縄文公園HP
http://goshono-iseki.com/
タグ:
北海道・北東北の縄文遺跡群 世界遺産登録 鼻曲がり土面 焼失住居 土屋根住居 

1 - 4件目まで(4件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

東北
青森(90)
秋田(85)
岩手(83)