1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. 青岩秋子さんのブログ
  5. 世界遺産記事一覧

特派員ブログ


  国内エリア: 東北 > 岩手 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

〜〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜〜

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!

プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー

6月<2017年7月    
1
234567 8
91011121314 15
161718192021 22
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 5件目まで(6件中)

毛越寺伽藍復原図
見どころいろいろ☆平泉☆ 道の駅もオープンしました〜!
エリア:
  • 東北>岩手>平泉・一関
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/06/09 10:29
コメント(0)
青岩秋子です♪

岩手県の平泉(ひらいずみ)の文化遺産がユネスコの世界遺産に登録されてからこの6月で6年目を迎えました☆

平安時代の後期、戦乱の世に巻き込まれ父や妻子を亡くした奥州藤原氏初代清衡(きよひら)が、仏国土(仏の教えによる平和な理想社会)を実現するために、三代にわたって築き上げた平和の理想郷で、往時の文化や歴史を今に伝える文化遺産が残されています。

☆平安時代の美しい浄土庭園 『毛越寺(もうつうじ)』
毛越寺


☆国宝『金色堂(こんじきどう)』をはじめ、3000点以上の文化財が収められている『中尊寺(ちゅうそんじ)』
月見坂入口

この他に観自在王院跡(かんじざいおういんあと)、無量光院跡(むりょうこういんあと)、金鶏山(きんけいさん)の5つが現在世界遺産に登録されています。

もちろん、これだけではありません〜!

☆源義経が兄・頼朝に追われ最期の地となった『高館(たかだち)』
高館
「義経堂(ぎけいどう)」には源義経の木造が安置されています。

☆紀行文「奥の細道」で平泉を訪れた松尾芭蕉の銅像や句碑
松尾芭蕉像
「夏草や 兵どもが夢の跡」は有名な俳句ですね。

たくさんの見どころがある平泉ですが、JR平泉駅を起点に運行している平泉巡回バス「るんるん」やレンタサイクル、または徒歩で巡ることができますよ〜ヾ(⌒▽⌒)ゞ
平泉駅&るんるん

歴史は好きだけどよく覚えていないσ(´ x `;*)・・・という方には現地ガイドさんがおすすめです。

『古都ひらいずみガイドの会』のベテランガイドさんが、詳しく案内してくれますよ〜(^^♪

人気の「毛越寺・中尊寺コース」(約3時間)の他、5つの世界遺産を巡るコースや奥の細道を体験するコースなども。
ひとつひとつが広くて見学にも時間がかかるので、時間が限られている人にもおすすめですね。
ガイドさんがきちんと時間を配分して、効率よく移動しながらしっかりガイドをしてくれるので、見学に集中できます。


自分のペースで周りたい!という人は『平泉町内音声ガイド(音声ペン)』もあります☆
平泉町内音声ガイドパンフレット

専用のパンフレットを音声ペンでタッチするとガイドが流れます。
日本語の他、6か国語にも対応☆
平泉駅前の観光案内所、毛越寺入口、月見坂入口タクシー事務所、中尊寺讃衡蔵(さんこうぞう)の4カ所で貸出・返却ができるので、気軽に利用できますね!

ここで耳よりの情報を2つご紹介しま〜す٩( ´◡` )( ´◡` )۶

柳之御所(やなぎのごしょ)遺跡の近くに新しいスポットがオープンしました♪
柳之御所遺跡

『道の駅平泉・黄金(くがね)花咲く理想郷』は、地元の農作物や特産品販売コーナーはもちろん、地元食材を使った料理が食べられるレストランも人気。平泉・一関エリアのブランド牛「いわて南牛」を味わうことができますよ\(*^¬^*)/
オープン以来、県内外から多くの人が訪れる人気のスポットになっています!

道の駅平泉リーフレット

JR平泉駅からは徒歩で約15分、平泉巡回バスるんるんも停車しますので車以外の方にも好評です!


毛越寺では6/20よりあやめまつりが始まります。
300種、3万株もの花菖蒲が大泉が池の周囲に咲き誇り初夏の庭園を彩りますよ〜☆
毛越寺あやめまつりチラシ

詳しくはこちら↓↓↓

世界遺産の町 平泉の観光ガイド ひらいずみナビ
http://hiraizumi.or.jp/index.html

毛越寺
http://www.motsuji.or.jp/index.html

タグ:
世界遺産 平泉 毛越寺 道の駅平泉 ガイド 

公園全景
岩手県一戸町:御所野縄文博物館と縄文公園に行ってきました〜〜☆
エリア:
  • 東北>岩手
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2016/11/04 09:18
コメント(0)
青岩秋子です♪

先日、ずっと気になっていた所へ行ってきました〜♪(*・∀・)

岩手県一戸(いちのへ)町の「御所野(ごしょの)縄文博物館」と「御所野縄文公園」です☆

縄文時代中期後半(約4000〜4500年前)の大集落跡として知られる御所野遺跡を整備して作られた「史跡公園(入場無料)」縄文時代と御所野遺跡・地域の文化について学ぶことができる「博物館(入館料300円)」があるんですよ〜

IGRいわて銀河鉄道「一戸駅」から岩手県北バスで約10分、バス停を降りると目の前には遺跡と駐車場をつなぐ屋根付き木製歩道橋「きききのつりはし」の入口がありました。

「きききのつりはし」、かわいい名前ですね〜(((o(*゜∀゜*)o)))

吊り橋
『木材の「木」をイメージし、他に奇抜の「奇」、渡る喜びの「喜」など利用者が自由に「き」をイメージできるように』と名付けられたそうです!

通路にはいろいろな形の縄文土器が展示してあるので、まるで縄文時代へタイムスリップする気分になれる不思議な吊り橋でした。

橋を渡ると、すぐ目の前に博物館の入口があります。
展示室に入って最初に目に入ったのはガラス張りの床!

焼失住居展示
約4000年前の焼失住居の出土状況を展示していました。
発掘の様子と復元の行程を映像で紹介していたのでとっても分かりやすい〜(*’3`b)

その先にあるドーム型の吹き抜け展示室は、まさに御所野縄文ワールド!!!
御所野遺跡を舞台をした縄文の暮らしや遺跡の四季を巨大スクリーンとプロジェクションマッピングで再現していました。

展示プロジェクションマッピング
春夏秋冬、当時の人々の暮らしの再現が迫力あって凄かったです!!!

やじり
矢じり土器の展示もたくさんありましたよ〜

そして、国の重要文化財「鼻曲がり土面」も見ることができましたヽ(o’∀`o)

鼻曲がり土面
顔全体が歪んでいますね( *´艸`)ユニークなお顔(笑)

顔の両端には紐通しの穴が空いていて、祭祀に使われたのではないかと考えられているそうですよ〜( ゜ ω ゜ ) ! !

2階の屋内体験工房では縄文時代の土器作りや縄文編み体験、アクセサリー作りなどの体験学習を楽しむことができるとのこと。

体験
これは子供達はもちろんのこと、大人でも十分楽しめそうですね!

屋内の博物館をじっくり見た後は、屋外の縄文公園に移動です☆

屋外には案内板が一切ないとの事だったので、無料のボランティアガイドさんをお願いして公園内を案内していただきました♪

土屋根住居
まず最初に案内されたのが西ムラにある「土屋根住居」です

縄文時代の竪穴住居は藁葺きのものしか知らなかったのですが、ガイドさんからの説明で、

「この西ムラでは、火で焼け落ちた竪穴住居の跡がそのままの状態で見つかって発掘されてね、調査によって残っていた炭化材に藁が全くなく、土の体積状況から屋根に土が乗っていたことが確認されたんですよ〜」

との説明がありました。

土屋根 入口
実際に復元された住居にも入ることもできます!!

屋内の補強と保存状態を守る為、定期的に中を燻しているので住居内は煙の臭いがしましたよ〜( ゜ ω ゜ ) ! !

その他、公園内は墓に関するものと考えられている「掘立柱建物」なども復元されていて、周りにはクリなどの樹林が広がり公園全体が縄文時代のムラそのものとなっていました!
西ムラ

交通の便は決して良いとは言えませんが、IGRいわて銀河鉄道一戸駅または二戸駅から御所野遺跡までタクシー利用した場合は500円の補助金が出るんですよ〜〜

これはちょっとうれしいサービスですね(´∀`○)ノイェーイ♪

現在、『北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群』の構成資産のひとつとして世界遺産の登録を目指している御所野縄文遺跡へぜひお出かけください!!


詳しくはコチラ↓↓↓

御所野縄文公園HP
http://goshono-iseki.com/
タグ:
北海道・北東北の縄文遺跡群 世界遺産登録 鼻曲がり土面 焼失住居 土屋根住居 

平泉パンフレット
世界遺産の町、平泉へ行ってきました☆
エリア:
  • 東北>岩手>平泉・一関
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2016/07/08 10:27
コメント(0)
青岩秋子です。
今回は世界遺産の町、岩手県平泉(ひらいずみ)町へ行ってきました!

平泉は、11世紀末に奥州(おうしゅう)藤原氏・初代清衡(きよひら)が岩手県南部の江刺(えさし)から本拠を移し、二代基衡(もとひら)、三代秀衡(ひでひら)と三代に渡り、中尊寺(ちゅうそんじ)を初めとする寺院や庭園を造営、仏教の「浄土思想」に基づき築いた理想郷です。
2011年6月に、すぐれた普遍的価値を持つ建築物・遺跡・文化的景観として、世界文化遺産に登録されています。

周辺の施設はJR平泉駅前から歩いて廻ることもできますが、岩手県交通の『平泉巡回バスるんるん』が便利!

まずは駅前からるんるんで「毛越寺(もうつうじ)」に向かいます。約3分で到着。
毛越寺は、日本有数の浄土庭園と、堂宇(どうう)や庭園の遺跡が良好な状態で残されており、国の特別名勝と特別史跡に指定されています。
浄土庭園とは平安時代から鎌倉時代に築造された日本庭園で、仏教世界観を表現した池泉回遊式庭園が特徴だそうです。

毛越寺 大泉が池1

毛越寺 大泉が池2

大泉が池3-2
大泉が池

毛越寺 遣水
遣水

「毛越寺」の読み方、難しいですよね。
越は慣用音で「オツ」と読むそうで、「モウオツジ」が「モウツジ」となり「モウツウジ」と変化したそうですよ〜(´∀`σ)σ

毛越寺 あやめ

7/10まで毛越寺あやめまつりが開催されています。
大泉が池周辺の約3万株の花菖蒲が美しいですよ〜。


毛越寺から再びるんるんに乗車して、中尊寺へ。
中尊寺停留所までは約7分です。

バスをおりると、『中尊寺の入口』があります。
入口から金色堂まで、約700mの『月見坂』という参道を歩いていきます。
中尊寺は標高130mほどの東西に長い丘陵に建てられているため、月見坂は上り坂です。

参道の両脇には樹齢300年もの大きな杉木立が続いていて、木立の中を歩いていると、荘厳な雰囲気に吸い込まれそう・・・

中尊寺入口 月見坂

参道沿いに、次々とお堂が現れます。

弁慶堂 弁慶堂
薬師堂 薬師堂
本堂 本堂

いよいよ金色堂(こんじきどう)へ(≡o・x・)o

金色堂

薄暗いお堂に入ると浮かびあがるように輝く金色堂が目に入ります。
金箔を押してある阿弥陀堂に目が行きがちですが、随所に施されている螺鈿細工(らでんざいく)や蒔絵(まきえ)などの漆工芸も見事でした。
平安時代の工芸技術を結集し、仏国土を建設しようとした奥州藤原氏の思いを見ることができました。

金色堂の横には、仏教美術工芸品が収蔵されている讃衡蔵(さんこうぞう)があります。
昭和25年に行われた学術調査の際に見つかった副葬品や、遺体を安置していた枕や4代泰衡の首桶なども展示してあり、800年の間安置されていた金色堂の収蔵品の前では、足を止めてみている人が多かったです。

中尊寺だけでも、ひとつひとつのお堂をじっくり見ながら行くと2時間はかかりますので、時間に余裕をもって行かれたほうがいいですね☆

平泉駅周辺施設に加えて、達谷窟(たっこくのいわや)や、一関市にある厳美渓(げんびけい)、猊鼻渓(げいびけい)なども見学したい場合は、『一関・平泉ワンデーバスパスポート』がお得で便利ですよ!

ワンデーパスポート1 ワンデーパスポート2


世界文化遺産 登録5周年の今年は、記念イベントが開催されています。

詳しくはこちら
↓↓↓

特別史跡・特別名勝 毛越寺
http://www.motsuji.or.jp/

関山 中尊寺
http://www.chusonji.or.jp/

岩手県交通 平泉町巡回バス『るんるん』
http://www.iwatekenkotsu.co.jp/runrun_0419.html

岩手県交通 一関X平泉ワンデーバスパスポート
http://www.iwatekenkotsu.co.jp/freetiket-ondaypassport20160416.html
タグ:
平泉 中尊寺 毛越寺 世界遺産 金色堂 

ブナ葉
白神山地でトレッキング!〜秋田県八峰町・留山〜
エリア:
  • 東北>秋田>白神・能代
テーマ:ハイキング・登山 世界遺産 自然・植物 
投稿日:2015/09/11 09:17
コメント(2)
青岩秋子です♪

青森県から秋田県にかけて広がる白神山地。
今回は、秋田県八峰町(はっぽうちょう)にある、留山(とめやま)
トレッキングをしてきました〜☆ヾ(´∇`。*)ノ

留山 看板1

白神山地にはいくつかの登山ルートや散策ルートがありますが、その中で留山は、
遊歩道が整備されていて比較的歩きやすく、1周は約1時間。藩政時代から保護されてきたブナの森は、樹齢300年以上のブナやミズナラの巨木を見ることができるんです♪

散策にはガイドさんの同伴が必要なので、事前にガイドツアーを予約して
トレッキングに臨みました(´∀`ゞヨシッ

出発は、前日宿泊をしていた八森いさりび温泉ハタハタ館前から。
9時にガイドさんが車で迎えに来てくれました。
ハタハタ館 玄関1

留山散策の入口までは車で約30分、まずは海沿いの道路を走りながら、町の見どころを案内してもらいます。
雨を心配していましたが、こんなにいいお天気♪ よかった〜!!
濤安の乙女 真瀬川
ハタハタ館を出発して間もなく出会った、「濤安(とあ)の乙女」の像。
昭和58年の5月26日に発生した日本海中部地震の犠牲になった方々を悼む為に建てられたのだそうです。

真瀬(ませ)渓谷から流れてくる、真瀬川(ませがわ)の水流には、白神山地の豊富なミネラルが含まれていて、アユやイワナが沢山住んでいます。秋には鮭の遡上がみられるそうですよ〜。

あれ、海岸の砂が黒い!( ゜Д゜;)!?
黒砂海岸1 黒砂海岸2
こちらの黒砂海岸は、かつて近くにあった鉱山の製錬所から流れてきた、鉱物のくずが堆積したものだそうです。


海沿い道路から、山に少し入ったところに、神社が・・・
白瀑神社2

白瀑(しらたき)神社です。

白瀑神社 滝2
神社の奥には滝があり、8月1日の例大祭の日に行われる「神輿(みこし)の滝浴び」が有名だそうです!
この時は雨不足で、水が少な目だったみたい。

神社をあとにし、ここからは林道を経て、散策道へ向かいます。
杉林の中を車を走らせ散策道の入口に到着。
留山 看板2
散策路は7→8(上図:現在地少し上、7からスタート)に向かって歩きますよ〜
どんな森なのかなあ、ワクワク。.o(≧▽≦)o.。

珍しい植物たちが出迎えてくれます。
植物1 植物3 植物4

散策道はこんな感じで、歩きやすいです〜♪
遊歩道1 遊歩道3
ガイドさんの後ろをついて、ゆっくり歩いています。

しばらく歩くとこのような風景が・・・(゜ω゜`)Ξ
わかりますか?道の左側が杉林、右側がブナ林です。
留山 杉林&ブナ林
「その昔、ブナは次々と伐採されて、代わりに杉が植えられました。ブナの森は水を蓄えて山を潤しているんですが、ブナを切ったことで、森が荒れてしまった。それでブナ林を守るために、伐採を留めたことが、「留山」の名前の由来なんですよ。」

そっか〜、ここがちょうど『ブナの伐採を留めた場所』というわけですね〜!すごいなあ(゜o゜〃)

「ブナは落葉広葉樹で、冬には葉をすべて落とします。落ちた葉はどんどん積もって地面を覆い、水分をしっかり蓄えます。」
ブナ 樹幹流
「また、ブナには樹幹流(じゅかんりゅう)という水が流れる道があって、雨は必ずこの樹幹流を伝って地面に流れるんです。」
どんな太さのブナにも必ず樹幹流はあるそうですよ〜

ブナのタネも見せて下さいました。
ブナ 雄花・雌花 ブナ 種子 ブナ新芽


そして、森の奥で樹齢約400年のブナと出会いました!
ブナ 樹齢400年
静かに、じんわりとパワーを感じます☆☆☆

ブナの森が明るく感じるのは、ブナの木がお互いの間隔を開けて大きくなるからだそう。
風通しもよくてほんとに気持ちいい〜♪
ブナ 林

ん?こっちのブナには何かおもしろい形のものがいっぱいついていますよ。(・ω・?)
ツリガネダケ
「これはツリガネダケというきのこ。このツリガネダケがブナに発生するとその木は1〜2年で倒れ、土に返っていきますよ。」
森の共存、森のルールがしっかりあるんですね。

途中少しのアップダウンはありましたが、明るいブナの森に癒され、あっという間の1時間でした!(´∪`*)
ガイドさんがついてくれているので、知らない森の中でも心強く、安心してトレッキングに集中できました。次はまた違うコースで白神のブナの森を歩いてみたいです♪
ハタハタ館まで送っていただてガイドツアー終了!ガイドさん、どうもありがとうございました〜!

トレッキング後の昼食はしょっつるラーメン!!
とってもおいしかった〜♪ヽ(*´∇`)ノ
しょっつるラーメン


詳しくはこちら↓↓↓

世界遺産白神山地-八峰町観光協会
http://www.happouta.jp/home/


八森いさりび温泉ハタハタ館
http://www.hatahatakan.jp/
タグ:
留山 白神山地 トレッキング ブナ 散策 

橋野高炉跡全景
世界遺産登録勧告!釜石市「橋野鉄鉱山」へ行ってきました〜〜
エリア:
  • 東北>岩手>釜石
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2015/06/05 10:20
コメント(0)
鉄の街、岩手県釜石(かまいし)市のとある場所が今アツイ!!

その場所とは・・・『橋野鉄鉱山(はしのてっこうざん』<橋野高炉跡(はしのこうろあと)及び関連遺跡>です♪
橋野鉱山看板

近代製鉄の父といわれる大島高任(おおしまたかとう)の技術指導により安政5(1858)年から翌6年にかけて建設され、その後、南部藩が経営したもので、最古の洋式高炉跡として国の文化財(史跡)に指定されています。

三基の高炉跡のほか、水車場跡や御日払所、長屋跡そして山神社跡なども確認され、その遺構は当時の稼動状況・経営状況までも示していて、その価値は極めて高いものなんですよ〜

日本における製鉄産業の近代化を象徴する史跡として、現在、ユネスコ世界遺産への登録を目指しているんですヽ(*´v`*)ノ

ということで、早速「橋野鉄鉱山」へ行ってきました!!

橋野高炉パンフレット

まずは立派な施設、橋野鉄鉱山インフォメーションセンターがお出迎え♪
インフォメーションセンター
外観はもちろんのこと、館内の展示パネルのひとつひとつがとってもわかりやすく充実していました。

こちらの展示パネルで情報を入れて・・・(笑)いざ高炉跡へ出発!
インフォメーションセンターから緩い坂を300mほど登ります(-∀-`; )

橋野高炉3-2-1
山々の間の渓流沿いに開けていて下から三番高炉→二番高炉→一番高炉の順で見学。
足元は砂利道なので歩きやすい靴がおすすめですよ〜

高炉全景と水路
自然豊かな森林の中に石で組まれた3基の高炉や水路、初期の近代製鉄業の遺構があって見応え十分!!

さすが、『近代製鉄の父・大島高任の指導により築造された現存する日本最古の洋式高炉跡』といわれるだけありますね〜Σ(´ω`*)


釜石駅から車で約50分、遠野駅からは車で約35分。
遠野からの県道利用は道幅が狭く運転には注意が必要・・・(´;д;`)

でもご安心ください!!

ベテランガイドさんの説明を聞きながら橋野鉄鉱山を周るツアーがあるんです♪
こちらは土日祝日限定・要予約ですが、ガイドさんがわかりやすく説明してくださるのがうれしいですよね☆

ぜひ、ガイド付きバスツアーを利用して橋野鉄鉱山へおでかけくださいね(*´∀`)

詳しくはこちら↓↓↓

橋野鉄鉱山ガイド付きバスツアーhttp://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/kanko/detail/1193542_2430.html
タグ:
橋野高炉跡 世界遺産 大島高任 イコモス 

1 - 5件目まで(6件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

東北
青森(85)
岩手(81)
秋田(81)