1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. 青岩秋子さんのブログ
  5. 散歩・自転車記事一覧

特派員ブログ


  国内エリア: 東北 > 秋田 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

〜〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜〜

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!

プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー

10月<2017年11月    
1234
5678910 11
121314151617 18
19202122232425
2627282930

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

記念写真1
大館のひんやり爽やかおすすめスポット「長走風穴」と「大館・小坂鉄道レールバイク」♪
エリア:
  • 東北>秋田>大館
テーマ:観光地 温泉・露天風呂 散歩・自転車 
投稿日:2017/08/04 10:25
コメント(0)
毎日暑い日が続いていて少しバテギミの青岩秋子です(*´Д`*)

少しでも涼しい所へ避難したい〜と思ってしまうのですが・・・

とっておきの『ひんやりポイント』があったことを思い出し、行ってきました!!

秋田県大館(おおだて)市、JR大館駅から車で約30分。
国道13号線の矢立(やたて)峠入り口にある長走風穴(ながばしりふうけつ)です☆

国見山(くにみやま・454m)の西側山麓・標高約200m前後の低地は特異現象地帯で、山の堆積物の関係で真夏でも0〜5℃の冷風を噴き出しています。

このため周辺の植生とは違って、本来ならば標高1000m程度の亜高山帯で見られるようなオオタカナバラやコケモモなどの高山植物が群生しているのだとか。

地層の間を通って冷えた空気が国見山西側斜面一体のところどころで噴き出し風穴となっているのですが、この冷気を利用したかつての天然冷蔵庫跡が今でも残っていて、その一部では実際に中に入って冷気を体感することもできるんです。

風穴館
まずは長走風穴について学べるビジターセンター長走風穴館へ。

長走風穴館では風穴の冷気が吹き出る石の壁や、風穴の仕組みと歴史、長走周辺の歴史についてを紹介するパネルコーナー、風穴の四季や高山植物が生育する原因などをわかりやすく説明しているコーナーなどがありましたよ〜

この日はかなり暑い日。
「暑い〜暑い〜(汗)」と言いながら・・・裏山探検?のような感じで見学スタート(笑)

風穴案内板
順路に従って進みます♪

風穴石垣
石の壁に近づくにつれて、何だか冷たい風が・・・

ひゃ〜っ、冷たい!!( ゜ ω ゜ ) ! !
結構な勢いで冷気が出ていました。

「気持ちいい〜♪(≧ω≦)ノ」

でも、30秒ほど立っていると・・・涼しいを通り越して「寒っ!!(>ω<、)」って叫んでしまいました(汗)

展望デッキがあったので、景色も楽しめましたよ♪
風穴展望デッキ

ぐるり散策していると、かつての天然冷蔵庫跡が見えてきました。

風穴倉庫
明治の終わりから大正時代にかけて使われていた天然冷蔵庫

風穴倉庫として主に関東方面に出荷される津軽リンゴを保存していたそうですよ(・∀・)

ちなみに、この日の大館市の気温は31℃でしたが、
倉庫内の温度計は2℃を表示していました!Σ(゜Д゜ノ)ノ

昔の人の知恵って本当にすばらしいですねヽ(*`゜∀゜´)ノ

高山植物
長走風穴高山植物群落というだけあって、かわいいお花も咲いていましたよ♪

暑くてバテ気味でしたが・・・長走風穴の冷気で復活したので、次は『爽やかポイント』へ移動です(o’∀`)ノ

長走風穴から車で約25分、大館市雪沢地区にある大館・小坂鉄道(おおだて・こさかてつどう)レールバイクにやってきました〜

明治41年(1908年)に小坂鉱山の物資輸送を目的に小坂鉱山と大館駅の間(22.3km)を運行していた小坂鉄道。
多くの製品や鉱石、旅客を運び我が国の近代化に大きく貢献しましたが、平成2年(1990年)に小坂鉱山は閉山。
その後、大館・小坂地域はリサイクル産業の拠点となったのですが、鉄道からトラック輸送に代わったことで、小坂鉄道は平成21年(2009年)、百年の歴史に幕を閉じました。

そして、現在はこの小坂鉄道の廃線跡を利用して大館・小坂鉄道レールバイクとして楽しめるようになっているんですよ〜(´∀`○)ノ

レールの上を走る自転車、実はとっても楽しみにしていたんです!!

こちらのレールバイクは2人乗り用から4人乗り用まであり、更に様々な仕様があるのでグループや家族連れ、カップル・・・誰もが楽しめます♪
「漕ぐのは疲れる〜」って方には、電動車が引っ張る4人掛け対面座席のトロッコもあるので安心☆

バイク8号車
今回、私は『スピードを出しやすい』が売り!?の8号車をチョイス(笑)

バイク受付
受付を済ませたら、係員の方が8号車を準備。

レールバイク記念写真
簡単な操作方法(自転車とほとんど一緒)を教えていただいた後、記念写真を撮っていよいよスタートです(v´∀`*)

スタッフの方が電動トロッコでちょっと先を先導して、その後8号車に乗った私達。
頑張ってペダルを漕ぎます(*゜ω゜)ノ

レールバイク線路
線路の継ぎ目の上を走る度にガタン、ゴトン、ガタン、ゴトン

鉄道そのものの音に感動!!

駅案内2連
小坂鉄道時代の駅跡地の看板を横目に見ながら頑張って漕ぎます(σ´∀`)σ

小さな赤い陸橋を渡ったり、並走する道路を走る車に手を振ったり♪

とにかく楽しい〜〜

「あれ?この先レールの上に雑草が繁ってるけど・・・」ってポイントが見えたら折返し地点。
先に着いていたスタッフの方が車両反転を行い、来た道を戻る形でペダルを漕ぎます(σ´∀`)σ

レール3
パフッパフッって鳴るベルホーンがついているので、無駄に鳴らしてみたり(笑)

片道1.8km、往復30〜40分のレールバイク旅、ずっと笑っていたかも!!

しかも、ガタン、ゴトン、ガタン、ゴトンが大音量なので会話も必然的に大声に(笑)
ゴールに戻ったら、スタート前に撮っていただいた記念写真を受け取って終了〜〜

写真代は乗車料金に含まれているんですよ♪
とってもうれしいサービスですよね☆

長走風穴でいい感じに冷えた体も大館・小坂鉄道レールバイクでひと汗かいちゃいましたが・・・
向かいの雪沢温泉に寄ればスッキリ!
美しい自然景観に囲まれた露天風呂が人気だそうです〜ヽ(*´v`*)ノ

暑い夏にぴったりのひんやり爽やかおすすめスポット、是非お出かけくださいね♪


詳しくはコチラ↓↓↓

大館市観光協会「どだすか大館」:長走風穴高山植物群
http://www.dodasuka.com/area/nagabashiri/

大館・小坂鉄道レールバイクHP
http://railbike.jp/
タグ:
長走風穴 大館小坂鉄道レールバイク 大館 雪沢温泉 

タイトル
きた東北の新緑!新緑!奥入瀬渓流〜☆
エリア:
  • 東北>青森>十和田湖・奥入瀬渓流
  • 東北>岩手
  • 東北>秋田
テーマ:ハイキング・登山 自然・植物 散歩・自転車 
投稿日:2016/05/20 09:16
コメント(0)
青岩秋子です☆

例年より早く桜の季節が終わりました〜!
桜が終われば、「まぶしい新緑」の季節です。

北東北三県大阪合同事務所では、青森・岩手・秋田の新緑スポットをたくさんご紹介していますよ〜〜☆(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)oワクワク
パーテーション新緑

パーテーションでは新緑のスポットの中でも特に人気がある青森県の『奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)』の見どころを特集しています。

パーテーション奥入瀬

『奥入瀬渓流』は、十和田湖から流れ出す唯一の川「奥入瀬川」のうち、湖畔の子ノ口(ねのくち)から約14キロ下流の焼山(やけやま)までのエリアのことを言います。

奥入瀬渓流

十和田八幡平国立公園の特別保護地区、国指定特別名勝地および天然記念物のなんと「三冠」を誇ってるんですって!!

マップ

渓流沿いには多数の滝が点在し、ダイナミックな流れを楽しめる場所もあり、どこに目を向けてもシダやコケなど「隠花植物」と呼ばれる緑が視界に入り、倒木や橋の欄干までが豊かなコケに覆われています。(≧∇≦)キャー♪

『奥入瀬渓流』では、日差しを受けてキラキラ輝く新緑の美しさを堪能することができますよ〜〜

どこで撮ってもキレイな写真が撮れるので、何枚も何枚も撮影したくなります(笑)

北東北三県大阪合同事務所内では、奥入瀬渓流散策におすすめのパンフレットを取り揃えています。(数に限りがあります。)

パンフレット1 パンフレット1

パンフレット3

グリーンシーズン中の奥入瀬渓流へのアクセスは、青森駅・新青森駅・八戸駅・七戸十和田駅・弘前駅(土日のみ)からバスで行くことができます!

『奥入瀬渓流』には、いろいろな楽しみ方があります。O(≧∇≦)O イエイ!!
名瀑を見る、森林浴を楽しむ、こけを観察するなどなど・・・。
『十和田湖』では湖上遊覧も始まりました〜〜〜!

季節や天気によっても表情を変える自然美を楽しんでみてはいかがでしょうか。


↓↓ 詳しい情報はコチラ ↓↓
十和田湖国立公園協会
http://towadako.or.jp/

タグ:
奥入瀬渓流 十和田湖 新緑 バス コケ 

タイトル
名湯『玉川温泉』とスリル満点ドキドキの『玉川自然研究路』探検☆
エリア:
  • 東北>秋田>田沢湖・乳頭温泉郷
テーマ:温泉・露天風呂 自然・植物 散歩・自転車 
投稿日:2015/12/04 09:23
コメント(3)
みなさん、きた東北は雪が降ってきていますよ〜〜!!
青岩秋子は、毎週色々な場所にお出かけしています。
お伝えしたいことは盛りだくさんですっ!!

今週は、スリル満点『玉川温泉にある自然研究路』です!!
知らないですよね〜〜。(●´・△・`)はぁ〜

秋田県仙北(せんぼく)市、焼山(やけやま)のふもとにある効能溢れる癒しの湯治宿として知られる『玉川温泉』
日本一の湧出量と日本一の強酸性泉を目指して、全国から多くの人が訪れます!!!

玉川温泉1

今回はJR「鹿角花輪(かづのはなわ)駅」から秋北バスを利用して玉川温泉までやってきました。(冬期は運行していません。)

硫黄のニオイがスゴイ〜〜。━━Σ(゜Д゜|||)━━!!
さぁ〜〜ひとっ風呂!! の前に、『玉川温泉』にある『玉川自然研究路』をお散歩してみます。

スタート地点
1周1Km、約30分の道のり、看板の前からスタートです!!

早速見えてきたのは、湯気の下にお湯がぶくぶく・・・ここでは「湯の花」を採っているんですって!!
湯の花

なんとも言えない雰囲気にテンションが上がります。ドキドキ(笑)
「湯の花」は売店で買うことが出来ますよ。
お家でも『玉川温泉』の効能を楽しめるんですね〜。

研究路
研究路は整備されていて、とっても歩きやすいです。
うっすらと雪が積もっているのわかりますか?!
この日は『玉川温泉』に初雪が降ったんですよ〜ノ´▽`)ノオオオオッ♪

さらに進むと、源泉湧出口の「大噴(おおぶけ)」があります。
98℃のお湯が湧き出しています。アチーーーΣ(゜д゜)ーーーィ
大噴

ゴツゴツとした岩肌が見えてくると、名物となっている「岩盤浴」に到着です。
「岩盤浴」とは、岩盤から発する地熱を体内に取り入れる「温熱浴」のことです。

岩盤浴

微量の放射線や大量のマイナスイオンなども含まれ、新陳代謝の促進や鎮痛効果が認められているそうですよ〜〜。
ゴザを敷いて利用されている方もたくさん居ました。
岩盤を触ってみると、じんわり〜〜〜と温かかったです。

青森県、下北半島にある恐山のような雰囲気の中「噴気孔」に着きました。
噴気孔

硫黄のニオイが強くなってくると、「有毒ガスが発生するおそれがあります」のカンバンが・・・・
。・゜゜・(>д<;)・゜゜・。 ヒィッ
噴気孔看板

この研究路、かなりスリルがあります。ここからぐるっと周って帰ってきます。

すぐ近くにある「玉川温泉売店」で大きなハンコを押してゴール〜〜〜〜〜
O(≧∇≦)O イエイ!!
玉川温泉巨大ハンコ

写真はありませんが、この後は『玉川温泉』でゆっくり温まりました〜〜。

『玉川温泉』へのアクセスは冬期は異なります、バスでは田沢湖方面から新玉川温泉へ行き、雪上車で玉川温泉へ行くことができます。
雪上車に乗る事ができるなんて、これからの季節も楽しみですね。
玉川温泉の冬期営業は、2016年1月11日までとなります。


↓↓ 詳しい情報はコチラ ↓↓
玉川温泉
http://www.tamagawa-onsen.jp/
タグ:
玉川温泉 自然研究路 岩盤浴 硫黄 湯の花 

奥入瀬渓流
奥入瀬(おいらせ)渓流で森林浴!
エリア:
  • 東北>青森>十和田湖・奥入瀬渓流
テーマ:観光地 自然・植物 散歩・自転車 
投稿日:2014/05/13 16:02
コメント(0)
十和田湖から唯一流れ出る奥入瀬川の渓流「奥入瀬渓流」が新緑のシーズンを迎えました!(^v^)
奥入瀬渓流
「奥入瀬渓流」は、青森が誇る景勝地で、フルで散策すると約4〜5時間かかりますが、そんなに歩くのは苦手だな〜という方には、お手軽に30分〜1時間で散策できるコースもありますよ。

奥入瀬
↑一番人気の「銚子大滝」は水しぶきがかかって気持ちいい!

奥入瀬MAP

全行程約14kmの道のりを楽チンに走破できるレンタサイクル「渓流アシストサイクル“楽チャリ”」もあるので、歩くのが苦手な方も大丈夫です。

渓流のせせらぎを聴きながら森林浴を楽しんでみませんか?


青森県観光情報サイト アプティネット
http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000339.html

十和田湖国立公園協会
http://towadako.or.jp/

ゆるりら十和田 十和田市の観光情報ポータルサイト
http://towada-kankou.jp/site-policy.html

奥入瀬渓流館(渓流アシストサイクル“楽チャリ”)
http://aomori-oirase.com/4473
タグ:
奥入瀬渓流 青森 トレッキング レンタサイクル 

1 - 4件目まで(4件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

東北
青森(96)
秋田(89)
岩手(86)