1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. 青岩秋子さんのブログ

特派員ブログ


  国内エリア: 東北 > 秋田 の他のブログはこちら|

んだ!きた東北

〜〜青森・岩手・秋田の観光情報をお届け〜〜

北東北三県大阪合同事務所
北東北への旅行プランをたてる時、たてた後でも、どうぞ事務所へお気軽にお越しください。 場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階にあります☆ お待ちしております〜!!

プロフィール

ニックネーム:
青岩秋子
居住地:
大阪府
会社名:
北東北三県大阪合同事務所
会社英字名:
会社所在地:
大阪府
会社電話番号:
06-6341-7900
業種:
その他
自己紹介:
青森県、岩手県、秋田県の大阪合同事務所です。
場所は大阪梅田の駅前第1ビル9階。
梅田の事務所では多数の観光パンフレットを取り揃えており、無料で観光相談や観光パンフレットを送付しております。

カレンダー

6月<2017年7月    
1
234567 8
91011121314 15
161718192021 22
23242526272829
3031

記事一覧

6 - 10件目まで(171件中)

タイトル清水
ガイドさんと巡る『六郷湧水群』で湧水み〜つけたっ♪美郷めしもいただきますっ☆
エリア:
  • 東北>秋田>大曲
テーマ:観光地 街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2017/06/16 09:25
コメント(0)
青岩秋子です☆
秋田県美郷(みさと)町の六郷(ろくごう)にある『六郷湧水群』
ここは清水(しみず)巡りができる、これからの季節にピッタリの涼やかスポットで〜す☆彡
清水マップ

美郷町の湧水は町内に126ヶ所、六郷地区には60ヵ所を超える清水が点在していて、「全国名水百選」にも選定されている場所なんです。
水温が年間を通じて12℃前後のきれいな湧水には氷河期の生き残りといわれる魚「イバラトミヨ」が生息しているんですって!!


美郷町観光情報センター
名水市場「湧太郎(ゆうたろう)」という施設の中にある「美郷町観光情報センター」へ。
まずは施設内のレストランで六郷でしか食べられない美郷めしの『美郷たぬ中』で腹ごしらえ(笑)
名前を聞いただけではどんな食べ物かわからないですよね〜〜
(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ-
揚げ玉が浮かんだ和風のつゆに中細のちぢれ麺が入った温かい麺料理で美味しいです☆
たぬ中

では、やっとスタートです。o(^O^*=*^O^)oワクワク
今回はガイドさんの案内を聞きながら8ヶ所の清水を巡りました。
『ハタチや清水 → 久米(くめ)清水 → 鷹匠(たかしょう)清水 → 御台所(おだいどころ)清水 → 藤(ふじ)清水 → 諏訪(すわ)清水 → キャペコ清水 → ニテコ清水』
歩いて見て周っても70分程のお散歩です。

<ハタチや清水>
清水1

お酒屋さんにひと声かけて見せてもらうと・・・コンコンと湧き出てくるのが見えました!!
店内にある水槽では「イバラトミヨ」を発見! o(^∇^)oワーイ♪
イバラトミヨ

<御台所清水>
清水2

鷹狩りに来た佐竹のお殿様が料理用にここの水を使われたことからこの名前がついたそう!
ガイドさんに清水の美味しい飲み方を教わり、柄杓で底の方の湧水をすくって飲んでみましたよ〜〜☆彡

休憩所
途中には休憩所があり、湧水が販売されていました。
買いたい!!けど重い・・・断念・・・

<ニテコ清水>
清水3

アイヌ語のニタイ(森林)、コツ(水たまり)からこの名前がついたそう!
清水の名前はなんだか不思議な名前が多いですね。

竹うち会場
諏訪清水の近くには、毎年2月に行われる『六郷のカマクラ(国指定重要無形民俗文化財)』のクライマックス行事、「竹うち」の会場がありました。
普段は穏やかな公園ですが、小正月の火祭りとして熱い戦いが繰り広げられる場所となります。

ニテコサイダー
ゴールの「湧子(ゆうこ)ちゃん(直売所)」では、名物の「おからドーナツ」と「ニテコサイダー」をゲット〜〜 O(≧∇≦)O イエイ!!

案内図
道のいたる所に案内があり、マンホールにも清水の方向が書かれているので個人で行っても迷うことはありませんが、案内を聞きながら歩くと楽しいですよ〜!
ガイドの申し込みは「美郷町観光情報センター」へ(1週間前までに予約が必要)。


↓↓ 詳しい情報はコチラ ↓↓
美郷町観光協会
http://www.rokugo-mizu.net/
秋田県美里町 観光トップページ
http://www.town.misato.akita.jp/kankou/1154.html

タグ:
六郷湧水群 美郷めし たぬ中 ニテコサイダー イバラトミヨ 

毛越寺伽藍復原図
見どころいろいろ☆平泉☆ 道の駅もオープンしました〜!
エリア:
  • 東北>岩手>平泉・一関
テーマ:観光地 世界遺産 歴史・文化・芸術 
投稿日:2017/06/09 10:29
コメント(0)
青岩秋子です♪

岩手県の平泉(ひらいずみ)の文化遺産がユネスコの世界遺産に登録されてからこの6月で6年目を迎えました☆

平安時代の後期、戦乱の世に巻き込まれ父や妻子を亡くした奥州藤原氏初代清衡(きよひら)が、仏国土(仏の教えによる平和な理想社会)を実現するために、三代にわたって築き上げた平和の理想郷で、往時の文化や歴史を今に伝える文化遺産が残されています。

☆平安時代の美しい浄土庭園 『毛越寺(もうつうじ)』
毛越寺


☆国宝『金色堂(こんじきどう)』をはじめ、3000点以上の文化財が収められている『中尊寺(ちゅうそんじ)』
月見坂入口

この他に観自在王院跡(かんじざいおういんあと)、無量光院跡(むりょうこういんあと)、金鶏山(きんけいさん)の5つが現在世界遺産に登録されています。

もちろん、これだけではありません〜!

☆源義経が兄・頼朝に追われ最期の地となった『高館(たかだち)』
高館
「義経堂(ぎけいどう)」には源義経の木造が安置されています。

☆紀行文「奥の細道」で平泉を訪れた松尾芭蕉の銅像や句碑
松尾芭蕉像
「夏草や 兵どもが夢の跡」は有名な俳句ですね。

たくさんの見どころがある平泉ですが、JR平泉駅を起点に運行している平泉巡回バス「るんるん」やレンタサイクル、または徒歩で巡ることができますよ〜ヾ(⌒▽⌒)ゞ
平泉駅&るんるん

歴史は好きだけどよく覚えていないσ(´ x `;*)・・・という方には現地ガイドさんがおすすめです。

『古都ひらいずみガイドの会』のベテランガイドさんが、詳しく案内してくれますよ〜(^^♪

人気の「毛越寺・中尊寺コース」(約3時間)の他、5つの世界遺産を巡るコースや奥の細道を体験するコースなども。
ひとつひとつが広くて見学にも時間がかかるので、時間が限られている人にもおすすめですね。
ガイドさんがきちんと時間を配分して、効率よく移動しながらしっかりガイドをしてくれるので、見学に集中できます。


自分のペースで周りたい!という人は『平泉町内音声ガイド(音声ペン)』もあります☆
平泉町内音声ガイドパンフレット

専用のパンフレットを音声ペンでタッチするとガイドが流れます。
日本語の他、6か国語にも対応☆
平泉駅前の観光案内所、毛越寺入口、月見坂入口タクシー事務所、中尊寺讃衡蔵(さんこうぞう)の4カ所で貸出・返却ができるので、気軽に利用できますね!

ここで耳よりの情報を2つご紹介しま〜す٩( ´◡` )( ´◡` )۶

柳之御所(やなぎのごしょ)遺跡の近くに新しいスポットがオープンしました♪
柳之御所遺跡

『道の駅平泉・黄金(くがね)花咲く理想郷』は、地元の農作物や特産品販売コーナーはもちろん、地元食材を使った料理が食べられるレストランも人気。平泉・一関エリアのブランド牛「いわて南牛」を味わうことができますよ\(*^¬^*)/
オープン以来、県内外から多くの人が訪れる人気のスポットになっています!

道の駅平泉リーフレット

JR平泉駅からは徒歩で約15分、平泉巡回バスるんるんも停車しますので車以外の方にも好評です!


毛越寺では6/20よりあやめまつりが始まります。
300種、3万株もの花菖蒲が大泉が池の周囲に咲き誇り初夏の庭園を彩りますよ〜☆
毛越寺あやめまつりチラシ

詳しくはこちら↓↓↓

世界遺産の町 平泉の観光ガイド ひらいずみナビ
http://hiraizumi.or.jp/index.html

毛越寺
http://www.motsuji.or.jp/index.html

タグ:
世界遺産 平泉 毛越寺 道の駅平泉 ガイド 

大曲の花火タイトル
2017年「大曲の花火」桟敷席の予約・販売が始まります!!!
エリア:
  • 東北>秋田>大曲
テーマ:観光地 お祭り・イベント 
投稿日:2017/06/02 09:17
コメント(0)
青岩秋子です♪

少し気が早いですが、花火と言えば、何と言っても秋田県大仙(だいせん)市で開催される大曲(おおまがり)の花火「全国花火競技大会」ですよねd(*^v^*)b
大曲の花火

4月には「大曲の花火」春の章として、第16回国際花火シンポジウム「世界の花火」と「日本の花火」が盛大に行われました。

実は大曲の花火は毎月行われているって知っていましたか?
<大仙市花火暦2017>
花火暦

第91回「全国花火競技大会」は8月26日(土)に開催されます。
気になる花火大会の桟敷席チケットですが、来週から予約開始となりますよ〜

毎年70万人もの方が訪れ、雨天決行の花火大会。
「昼の部」17:30〜18:15、「夜の部」18:50〜21:30の2部構成で長時間にわたる大会なので、ゆっくりと桟敷席で観覧することをオススメします(o゜∀`o)

桟敷席(個人)の予約・販売方法について紹介しますね☆

まず、販売は「早い者順」ではなく「抽選」なので、受付期間内に落ち着いて予約できますヾ(・∀・`*)

桟敷席の種類は3つで、
★A席(定員6名)23,000円
★C席(定員5名)15,000円
★イス席(定員1名)3,000円 となっています。

予約方法は、大きく分けて3つ。
大曲の花火 受付

1.電話受付(ローソンチケット専用ダイヤルで受付)
<受付期間>
平成28年6月9日(金)10時〜6月12日(月)23時

販売桟敷:A席/C/イス席のいずれか1種類1人2マス(イス席は最大4席)まで

2.インターネット受付(ローソンチケット専用ホームページで受付)
<受付期間>
平成28年6月9日(金)10時〜6月12日(月)23時

販売桟敷:A席/C席/イス席のいずれか1種類1人2マス(イス席は最大4席)まで

3.大曲商工会議所(※昨年と異なります)での直接販売
<販売日時>平成28年7月2日(日)午前9時抽選後、販売
販売桟敷:A席/C席/イス席のいずれか1種類1人3マス(イス席は最大4席)まで

電話受付番号やネット受付、決済方法、抽選確認機関など詳細は大曲の花火「全国花火競技大会」HPに掲載されています。
予約日までにcheckしておきましょう!

詳しくはコチラ↓↓↓
http://www.oomagari-hanabi.com/
タグ:
大曲の花火 桟敷席 自由席 全国花火競技大会 大仙市 

岩木山正面
69のカーブを走り抜ける「津軽岩木スカイライン」ドライブ♪
エリア:
  • 東北>青森>弘前
テーマ:ハイキング・登山 自然・植物 ドライブ 
投稿日:2017/05/26 10:32
コメント(0)
青岩秋子です♪

先日の記事でも紹介させていただいたきた東北の山開き♪

一歩一歩自分の足で登る山は達成感があってとっても魅力的ですが、ハードルが高い・・・という方も多いですよね(´_`。)

青森県 津軽平野のどこからでも見ることができ、日本百名山のひとつである岩木山はその美しい姿から「津軽富士」とも呼ばれているのですが、この岩木山は8合目までドライブしながら登ることができるんですよ(σ´∀`)σ

「お天気の良い日に見る岩木山はとってもきれいだよ〜」と聞けば、行かないと!(笑)
と、お出かけ大好きな私、先日津軽岩木スカイラインをドライブしてきました!(´∀`○)ノ

津軽岩木スカイライン
津軽岩木スカイラインは、岩木山の麓から8合目までを結ぶ全長9.8kmの有料道路で、つづら折りのカーブが何と69もあるんです!

弘前市街から津軽岩木スカイラインへ向かう県道3号線からも岩木山がとってもきれいに見えます〜
両側にはりんご畑♪

岩木山正面
この景色にテンション上がらないわけがないですよねヾ(≧ω≦)ノ

料金所
弘前市街から約40分、津軽岩木スカイラインの料金所に到着です。

さぁ、ここから69のカーブが始まりますよ〜
「カーブの数を数えないと!!」と意気込んで、同乗者にハンドルを任せました(笑)

1、2、3・・・・
カーブには番号の案内板も見えましたよ(v´∀`*)

体が揺られる〜〜〜Σq|゜Д゜|p
(もちろん安全運転です)


ブナ林
密生するブナの原生林の中を上るにつれ、視界が広がってきました〜(*´∀`)

助手席に座っていると、木々の間から見晴らしの良い景色がチラチラと見えます♪
道路がそれほど広くないので車を停めて写真撮影はできないのが残念ですが、ここはぐっと我慢。
しっかりと瞼に焼きつけておきました(笑)

常に体が揺られていたことと、綺麗な景色に気を取られ・・・
途中まで数えていたカーブも一体何番なのかわからなくなり(笑)

8合目
気づいたら「69」の文字が見えて・・・無事8合目に到着〜!!

リフト
ここから9合目まではペアリフトを利用しましたよ(´∀`○)ノ
(もちろん登山道を歩いて頂上まで登ることもできます!)

乗車時間は約10分。

リフトより望む
お天気がとっても良かったので、遠くに日本海を望むことができました☆☆☆
空気の澄んだ晴れの日には北海道の松前崎が見えることもあるんだとか!

頂上を望む
9合目から見上げる岩木山の頂上

ここから頂上までは30〜40分の登山。

岩場
登山道というより岩といった方が合っているようなところですね〜( ゜ ω ゜ ) ! !

ここまでせっかく来たので頑張って登りたかったのですが、この後のスケジュールの都合でこの日はリフトで折り返しました(´_`。)

またいつかリベンジしたいなぁ〜

高山帯のこのエリアはこれからお花の季節がやってきますよ!!

また、岩木山の麓には古くから津軽の人々の信仰を集めている岩木山神社や、登山で疲れた体を癒してくれる温泉がたくさん((´∀`*))
神社 温泉 嶽きみ
夏にはとっても甘くて美味しいブランドとうもろこしの嶽きみも販売されます〜

自分で運転するのは自信がない・・・という方には、弘前駅から津軽岩木スカイライン8合目までのバスがオススメです!

スカイラインバス チラシ
往復利用だと割引もありとってもお得♪

天空へと続く道『津軽岩木スカイライン』でとっておきのロケーションを楽しんでみませんか?


詳しくはコチラ ↓↓↓

津軽岩木山スカイライン HP
http://www.iwaki-skyline.jp

岩木山観光協会 HP
http://www.iwakisan.com/

弘南バス スカイライン往復乗車券
http://www.konanbus.com/travel/skyline.html
タグ:
岩木山 津軽岩木スカイライン 津軽富士 

じゃじゃ麺タイトル
駅ビルリニューアルオープン!!盛岡駅フェザンと秋田駅トピコに行ってきました♪
エリア:
  • 東北>岩手>盛岡
  • 東北>秋田>秋田
テーマ:買物・土産 鉄道・乗り物 グルメ 
投稿日:2017/05/19 09:19
コメント(0)
青岩秋子です☆
3月17日にリニューアルオープンした盛岡駅ビル「フェザン」と4月1日にグランドオープンした秋田駅「トピコ」に行ってきました〜。
o(^O^*=*^O^)oワクワク
駅ビルと言えば、お土産や駅弁を買ったり、電車の待ち時間にちょっと立ち寄る便利な場所というイメージでしたが、どちらも見どころいっぱいでした。

まずは盛岡駅「フェザン」からご紹介。
まず、明るい〜〜!!オシャレ〜〜!!
コンセプトは『ナンブモダン』
岩手の伝統工芸「南部鉄器」をイメージしているとのこと☆彡

レストランゾーンには、短時間でも岩手の食が楽しめる魅力的なお店が8店舗。
盛岡三大麺のひとつ「じゃじゃ麺」の有名店「白龍(ぱいろん)」は素通りできません(笑)
駅ビルで食べられるなんて幸せ〜〜☆彡
白龍

岩手の地酒を揃えた日本酒バル「南部ビストロ うんめのす」やグリル料理の純情産地いわての店「みのるダイニング」も気になる〜〜。
店舗1

土産・物販ゾーンには、お弁当の「さかなや田清」や岩手の酒「KiKiZAKEYA」
店舗2

スイーツもありますよ〜〜。
人気の「タルトタタン」「チーズケーキのチロル」
店舗3

岩手だけでなく東北のお土産が揃います!!
どの店もとっても賑わってました。

そろそろ帰ろうかと歩いていると、駅東側の1階になんだか不思議なものを発見!!
岩手の名物や特産品のイラストや方言の川柳が書かれています。
ロッカー1

これ、よく見ると「ロッカー」です。

ロッカー2
ひとつ見ると、気になって全部見てしまう人続出!!
こんな楽しいロッカー今までなかった〜〜。((*´∀`))ウキャキャ


続いて、秋田駅ビル「トピコ」のご紹介
秋田駅の中央改札口を出ると、秋田の夏の風物詩、秋田竿燈まつりの「竿燈」がドドーンとお出迎え。迫力ある〜〜〜っ☆彡
改修されて秋田杉に囲まれた「自由通路ぽぽろーど」を通り、いざ「トピコ」へ。
トピコ1

秋田の美味しいものがいっぱいあり、お土産を買いすぎてしまうかも・・・(笑)
上質な白あんをカステラ状の皮で包み丁寧に焼き上げた「金萬(きんまん)」や秋田名物のきりたんぽは人気のお土産だそう!!

私が気になるのは、秋田の地酒を気軽に立ち飲みで楽しめる「あきたくらす」
酒器やお皿も県内の作家による作品を使用しているとか・・・o(^∇^)oワーイ♪
トピコ2

今回は時間がなかったけどまたゆっくり楽しんできます〜〜♪

どちらも電車の待ち時間だけではもったいない!!
今注目の新しいスポットでした。∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))ヨロシク


↓↓ 詳しい情報はコチラ ↓↓
盛岡駅ビル「フェザン」
http://www.fesan-jp.com/fesan/
秋田駅ビル「トピコ」
http://www.caoca.net/
タグ:
トピコ フェザン 白龍 竿燈まつり 駅ビル 

6 - 10件目まで(171件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

東北
青森(85)
岩手(81)
秋田(81)