1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパール子ちゃんさんのブログ

  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパール子ちゃんの ナマステ旅案内♪♪  

〜ようこそ素顔のネパールへ。〜

人と地球にやさしい旅を。

プロフィール

ニックネーム:
ネパール子ちゃん
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ガーレ トレックス- リバティーホリデイズ
会社英字名:
GHALE TREKS - LIBERTY HOLIDAYS
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
00977-1-4411001
業種:
旅行業
自己紹介:
ナマステ!

カトマンドゥに実店舗を持つ旅行・トレッキング代理店 「リバティーホリデイズ」「ガーレトレックス」のネパール子ちゃんが、治安情報や旅の穴場スポットなど役立つ情報をいち早く、ネパールの暮らしや街角の風景、また多様な民族と文化、自然遺産などなど盛りだくさんのネパールの魅力を余すところなくお伝えしてまいります。
お楽しみに!!

ネパール旅行のプランニング、宿泊、航空券、お車の手配もお任せ。
ご予算、日程、ご希望をお伺いの上、存分に楽しんでご満足いただけるよう、オーダーメイドのご旅行をご提案いたします。
女性お一人様、小さなお子様連れの旅もご安心を。
安全第一でサポートいたします。

ヒマラヤトレッキング・登山
リバーラフティング
ジャングルサファリ
農村エコホームステイ
世界遺産観光
ヒマラヤ遊覧飛行
ヨガリトリート
アーユルベーダトリートメント
ゴルフ
パラグライダー
バンジージャンプ
バードウォッチング
ネパール料理教室
博物館・ギャラリー巡り
チベットツアー
ブータンツアー
インドツアー
撮影・ロケハン
ネタ・リサーチ

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

Facebook
http://www.facebook.com/iinenepal

Twitter
http://twitter.com/iinenepal

在ネパール日本人商工会 観光部会会員です。

カレンダー

6月<2016年7月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記事一覧

1 - 5件目まで(126件中)

のんびりおしゃべりを楽しみながら
土曜の朝はファーマーズマーケットへGo!
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:買物・土産 グルメ その他 
投稿日:2016/06/12 15:03
カトマンズ市内数箇所で毎週土曜日の朝に市内各所で開かれているファーマーズマーケット。
ネパール各地の新鮮なオーガニック野菜や果物、加工品、健康食品、パン、お惣菜、スイーツ、香辛料、飲み物、パーソナルケア製品、ハンディクラフト製品などなどたくさんの出店で活気に溢れています。
のんびりおしゃべりを楽しみながら

カトマンズはマハラジガンジのレストランLe Sherpaの敷地内で開催されるサタデー ファーマース マーケットは、人気のレストランのお惣菜やスイーツ、お茶専門店、コーヒー、蜂蜜、ジャム、ドライフルーツなどのオーガニック食品、アロマ製品や石鹸などお土産になりそうなものも揃っていて、朝市の中では一番規模が充実しています。

タルトは新鮮フルーツをその場でカット

飲み物や加工品

ベトナム料理

焼きたてのパンやサンドイッチ、チベットの肉まん、ベトナムの生春巻きやフォー、チーズやお肉の加工品、ワインやコーヒー、どら焼きも♪
朝は8時半から昼12時半頃まで、ブランチがてら日程が合えば是非足を運んでみてください。
普通の観光やアクティビティー、ショッピングとはまた違った面白さがあってどなたでも楽しめること間違いなしです!


Le Sherpa
ラジンパトからマハラジガンジに移転しました。日本大使館を北上して、ポリスアカデミー手前。インターナショナルフレンドシップ子供病院斜向かいの祠が目印。レストラン自体はまだオープンしていません。
大通りから路地の入り口にバナー

※出店は、季節や週によって変わることがあります。そのほかナラヤンチョールの1905レストラン、ボウダナートのハイアットホテル敷地内タラガオンミュージアム。日曜朝パタン市はサネパのレストランイエローハウス、サミットホテルでも開催されています。

PR
ネパールは夏の避暑地としてもおすすめ!
高地で涼しいドゥリケル、ナガルコット、ナモブッダ、ブダニルカンダなどカトマンズから近場のファームハウスステイのご予約も承っております♪
ネパールは夏の避暑地としてもおすすめ! 高地で涼しいドゥリケル、ナガルコット、ナモブッダ、ブダニルカンダなどカトマンズから近場のファームハウスステイのご予約も承っております♪
ダパオ
ヒマラヤ料理 Lupis Himalayan Bistro
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:グルメ 
投稿日:2016/04/27 15:41
たいへんご無沙汰しておりました。
ジャカランダの花が満開となりすっかり夏!のカトマンズです。
インド国境封鎖が解けましたが、燃料不足の状態からはまだ脱することが出来ないものの少し心に余裕が出てきました。


ということで、久しぶりに食レポエントリーです!
ネパールに来たなら、ヒマラヤ料理をどうぞ〜。
Lupi's Himalayan Bistroチベットやマナン、シェルパ族のお料理を提供するカジュアルなお店です。

山岳地の郷土料理ですので小麦粉を使った粉もんがメインです。
シェルパの家庭料理「アルコロティ」はジャガイモのおやき。シェルパシチュー「シャクパ」はなかなか一般のレストランには無いアイテムです。

チベタンヌードル
ネパール子ちゃんのおススメは「チベタンドライヌードル」
手延べ太麺で日本の焼きうどんよのうですが、山椒がピリリときいています。
ベジタリアン用の具はマッシュルームとパニール、トマトととてもヘルシー。


「ダパオ」いわゆる肉まんです。
具はほうれん草とチーズのベジ、チキン、ポーク、バフ(水牛)の4種類からチョイスできます。
1プレートに拳大の肉まんが4個ももってボリューミー☆蒸したての生地は熱々フカフカです♪
ダパオ

そして「シャファレ」は揚げたミートパイ。(バレップとも呼ばれるようです)
サクっとクリスピーな生地にひき肉の餡が詰まったパイは子どもも大好き。ビールにもよく合います。
発音のコツは、サザエさんのオープニングのように「シャファレでございま〜す」で通じます。もちろんメニューを指差すだけでもOK!

変り種では、オーダーに勇気が必要なヤク?の血と大麦のソーセージ「ギュマ」干し肉「シャ カンポ」でしょうか。きっと美味しいと思いますよ。
もちろん定番の「モモ」も、チベット人の主食「ツァンパ(麦焦がし)」も食べてみてくださいね!

Lupi's Himalayan Bistro
ラジンパット フランス大使館向かい(元HimThaiがあった場所です)
https://www.facebook.com/lupishimalayanbistro/
タグ:
ネパール カトマンズ ヒマラヤ グルメ チベット料理 

PR
ネパールは夏の避暑地としてもおすすめ! 高地で涼しいドゥリケル、ナガルコット、ナモブッダ、ブダニルカンダなどカトマンズから近場のファームハウスステイのご予約も承っております♪
NoPhoto
新憲法草案に対する不満表明のゼネストに関する情報
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
  • アジア>ネパール>ポカラ
  • アジア>ネパール>ネパールその他の都市
テーマ:留学・長期滞在 旅行準備 その他 
投稿日:2015/09/16 10:00
新憲法草案に対する不満表明のゼネストに関する情報

新憲法草案に対する不満を表明するため各民族、政治団体がバンダ(ゼネスト)を呼びかけています。


9月16日(水)の「ネパール・マガル協会」及び「連合マガル・フォーラム」によるバンダ(中西部から西部にかけての18郡は無期限としています。
※ ラムジュン郡、ゴルカ郡、カスキ郡、シャンジャ郡、タナフ郡、ナワルパラシ郡、パルパ郡、アルガカチ郡、グルミ郡、バグルン郡、ミャグディ郡、パルパット郡、ピュータン郡、ロルパ郡、サリヤン郡、ルクム郡、ダン郡、ドルパ郡
9月17日(木)から同月20日(日)までの間「リンブワン統一闘争委員会」東部地域の内、以下の9郡で交通スト
※スンサリ郡、モラン郡、ジャパ郡、イラム郡、ダンクタ郡、ボジプール郡、テラトゥム郡、パーチタル郡、タプレジュン郡
9月20日(日)ネパール全土でチャンド派マオイストによるバンダ
9月21日(月)「統一タムワン闘争委員会」タムワン州(グルン族を中心とする州)の設置を求め、ガンダキ県に属する6郡でバンダ
※カスキ郡(ポカラ市を含む)、ゴルカ郡、ラムジュン郡、マナン郡、タナフ郡、シャンジャ郡

なお、マデシ系グループやタルーグループによるインド国境の20郡とウダヤプール郡、マクワンプール郡におけるバンダは、一部地域を除いて8月18日以降、現在も継続中です。
カトマンズ市内の制憲議会ホール前で、抗議活動によって国際機関の使用車両が攻撃を受けました。同ホール前の道路では、憲法草案に不満を抱くグループによって、連日抗議活動が行われています。同地域にお出かけの方は細心の注意を払うようお願い致します。


以上、在ネパール日本国大使館からのお知らせより抜粋いたしました。
各地域へのお出かけ、移動の際はご注意ください。

PR
9月26、27日旅の祭典ツーリズムエキスポジャパ(東京ビッグサイト)に参加いたします。
ネパールブースにぜひお立ち寄りくださいませ!
9月26、27日旅の祭典ツーリズムエキスポジャパ(東京ビッグサイト)に参加いたします。 ネパールブースにぜひお立ち寄りくださいませ!
バサンタプール ダルバールスクエア
ネパール大地震から3ヶ月のカトマンズダルバールスクエアと郊外の村
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
  • アジア>ネパール>ネパールその他の都市
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2015/07/31 12:49
バサンタプール ダルバールスクエア
ネパール大地震から3ヶ月。
モンスーン真っ只中のカトマンズダルバール広場とパタンの南に位置するブンガマティ、コカナの村を訪ねました。

カーラバイラヴ神像

ダルバール広場の建物には修復のための足場が組まれ、工事現場には安全のため立ち入り禁止エリアのロープが張られています。バサンタプール広場の避難民のテント村は解散となり、以前のように骨董市が開かれるようになりました。ハヌマンドカ内へは立ち入ることができませんが、広場は以前のように観光することができます。普段よりも土埃が舞っていますのでサングラス、帽子、マスクは必携です。
8月のティージ、ガイジャトラ、秋にはインドラジャトラ、ダサイン、ティハールとネパールはこれからお祭りシーズンに入ります。人々の笑顔と活気がそろそろ戻ってくる頃でしょう。

ラトマチェンドラナート山車
カトマンズからの日帰り農村ビジット先として外国人観光客も多く訪れていたブンガマティ、コカナ両村は、甚大な被害を受けた地域です。段々畑が広がるネワール族が多く暮らす村では、古いレンガ造りの家屋やラトマチェンドラナート寺院が全壊し、村の人たちは現在も不自由なテント生活を送りながら、田植えや瓦礫の片付けに追われています。

倒壊したラトマチェンドラナート寺院
発災後、世界で最も長い期間の祭りともいわれるラトマチェンドラナート祭りは中断され、高い山車は村の手前に留め置かれてありました。御神体を山車から移し、9月頃に祭りを再開する予定だそうです。雨乞いの祭りが中断しているせいでなのか、今年の降雨量は例年より少なめになっています。

コカナ村メインストリート

世界遺産サイトは重機や軍隊を導入するなどして復興が順調に進んでいますが、郊外の小さな村落や山岳部では予算が付かず、人手も少ないことから復興が思うように進んでおらず、取り残されている現状があります。

PR
震災復興応援ツアーは4泊5日より。
地震の被害の爪跡を残す世界遺産サイトへ。
また農村ビジットでは村の人たちと共に復旧活動に参加します。
震災復興応援ツアーは4泊5日より。 地震の被害の爪跡を残す世界遺産サイトへ。 また農村ビジットでは村の人たちと共に復旧活動に参加します。
トゥマディ広場のニャタポラ寺院
世界遺産バクタプール近郊の今
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
  • アジア>ネパール>ナガルコット
  • アジア>ネパール>ネパールその他の都市
テーマ:街中・建物・景色 ホテル・宿泊 歴史・文化・芸術 
投稿日:2015/06/04 15:23
以前のエントリーにも書きましたように、カトマンズダルバール広場の多くの寺院や建物に被害が出ましたが、無事に残っているものもあります。現在再公開に向けて復旧活動が続いています。

地震の爪痕が残る広場を訪れるのは心が痛みますが、多くの人に訪れていただき、関心を持ち続けてもらうことこそが観光産業、カトマンズ、国の復興には不可欠です。
カトマンズ盆地内の世界遺産サイト、ボウダナートは仏塔の修復作業中ですが、入場可能。パシュパティナートも通常通り観光可能となっています。

さて、前回に続いてカトマンズから東に位置する古都バクタプル、ナガルコット、マナカマナ寺院の地震後の現状をお伝えします。
バクタプールへの道の状態ですが、すでに地割れ箇所は補修済みで通行に影響はありません。

トゥマディ広場のニャタポラ寺院
バクタプール世界遺産エリア内は一部区域を除いて入場可能です。古い住宅や世界遺産の一部に大きな被害が出ましたが、ネパール一高い寺院といわれるニャタポラ寺院をはじめ、奇跡的にもほとんど被害を受けていない建造物も多く残されています。トゥマディ広場、博物館広場も見学可能。
宿泊施設、土産物店、レストランの営業はまばら状態で、テントや路地裏にはつっかえ棒が目立ちます。

バクタプルダルバールスクエア55窓の宮殿

バクタプールの北に位置するネパール最古の仏教寺院のチャングナラヤン。

参道にも全半壊の被害が出ましたが、瓦礫もほぼ撤去され、通行可能となりました。参道のチャング博物館もオープンしています。寺院自体にもかなりの被害が及んでいるため境内は立ち入り禁止。オープン間もなかったLiving Traditions Museum Nepalも大きな被害を受け、当面閉鎖中。
チャングミュージアム

ヒマラヤの展望地、避暑地として人気のナガルコット。
山頂部付近は道幅拡張工事中で未舗装ですが、ほぼ地震の影響は受けていません。
ホテルについては被害がほとんどなくすでに営業中、修復後今月中に再開できる見通しという所もある中、柱が折れる、傾斜地で下に沈み落ち解体へ、というところもあり立地により様々です。新たに新築中のホテルも数軒あり、開業が待たれます。

ナガルコットの丘

5星のクラブヒマラヤナガルコットリゾートは今月15日再開予定です。これを呼び水として、夏休みには避暑に、モンスーン開けの秋と年末年始はヒマラヤ鑑賞に是非たくさんの方に訪れていただきたいところです。


もうひとつ、カトマンズからポカラへ行くプリティビハイウエイ道中に大願成就の女神を祀るマナカマナ寺院。ネパール人にとってはとても重要で人気の観光地。
寺院自体は無事ですが、地震による傾きが見られ、現在入場不可となっています。麓からのケーブルカーの運行は5月10日に一旦再開されたものの、12日の余震から再び中止となり近日再稼動の見込みです。

地震の影響がほとんどなかったチトワン国立公園、ポカラの観光客も激減し、閑散としています。
ホテル、レストラン、トレッキング、ラフティング、スカイスポーツ全般を大幅に値引きしてツーリストに来訪を心待ちにしています。

以上、地震から1ヶ月を経た各地の現状でした。

PR
各地のホテル、パッケージツアーの割引料金のお問い合わせも承っております。
各地のホテル、パッケージツアーの割引料金のお問い合わせも承っております。

1 - 5件目まで(126件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(124)
インド(7)
中国(3)
ブータン(3)