1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパール子ちゃんさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパール子ちゃんの ナマステ旅案内♪♪  

〜ようこそ素顔のネパールへ。〜

人と地球にやさしい旅を。

プロフィール

ニックネーム:
ネパール子ちゃん
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ガーレ トレックス- リバティーホリデイズ
会社英字名:
GHALE TREKS - LIBERTY HOLIDAYS
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
00977-1-4411001
業種:
旅行業
自己紹介:
ナマステ!

カトマンドゥに実店舗を持つ旅行・トレッキング代理店 「リバティーホリデイズ」「ガーレトレックス」のネパール子ちゃんが、治安情報や旅の穴場スポットなど役立つ情報をいち早く、ネパールの暮らしや街角の風景、また多様な民族と文化、自然遺産などなど盛りだくさんのネパールの魅力を余すところなくお伝えしてまいります。
お楽しみに!!

ネパール旅行のプランニング、宿泊、航空券、お車の手配もお任せ。
ご予算、日程、ご希望をお伺いの上、存分に楽しんでご満足いただけるよう、オーダーメイドのご旅行をご提案いたします。
女性お一人様、小さなお子様連れの旅もご安心を。
安全第一でサポートいたします。

ヒマラヤトレッキング・登山
リバーラフティング
ジャングルサファリ
農村エコホームステイ
世界遺産観光
ヒマラヤ遊覧飛行
ヨガリトリート
アーユルベーダトリートメント
ゴルフ
パラグライダー
バンジージャンプ
バードウォッチング
ネパール料理教室
博物館・ギャラリー巡り
チベットツアー
ブータンツアー
インドツアー
撮影・ロケハン
ネタ・リサーチ

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

Facebook
http://www.facebook.com/iinenepal

Twitter
http://twitter.com/iinenepal

在ネパール日本人商工会 観光部会会員です。

カレンダー

4月<2014年05月>6月
123
456 78910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

建物の目印
The City Museum Kathmandu〜古き良き時代のカトマンズ〜
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:街中・建物・景色 鑑賞・観戦 歴史・文化・芸術 
投稿日:2014/05/06 18:26
3月よりソフトオープンしていたカトマンズシティーミュージアムが正式オープンしました。
ダルバールマルグという絶好の立地に加え、ビルディングからは、スワヤンブナート、天気がよければランタンヒマールまで望めるビューポイント。

オープニングを記念したツアーに参加し、オーナーのシュレスタ氏に案内していただきました。
1階The Fig Cafe 、2階ミュージアムショップ、3階が多目的ギャラリーホール、4階にシティーミュージアム本館となっています。

カトマンズの貴重な写真の数々

ミュージアムには、古い家屋から回収してきた昔のレンガを敷き詰め、控えめの照明で街の細路地をイメージしたつくりになっています。人口水辺に水生植物も配置され、せせらぎが心地よく聞こえる空間。

代々フォトグラファーというシュレスタ家の人々が嘗て撮影し、収蔵されたままになっていた貴重な古い写真などが展示されています。
今は無き建物、見慣れた世界遺産の建築物の古の姿、ニューロードやダルバールマルグ周辺が長閑な田園風景であった当時の様子を知ることができますよ。カトマンズ中心にある人口池ラニポカリにまつわる秘話も伺え、池のほとりにある白い象の意味を始めて知ることができました。
カトマンズの市内観光前後にこのミュージアムで予習、復習をされるとより見聞が深まるのことと思います。

ミュージアムグッズには、ジュエリー、家具、パシュミナ、生活雑貨、小物などネパールならではの逸品がセレクトされています。
Ramalaya(日本大使館前のセレクトショップ)にも取り扱いのあるヒマラヤンアトリエから、コットン素材のベビー用品、タンカ絵師テンジン・ノルブ氏のキャンバスモチーフの小物が素敵!
オリジナルグッズを今後増やしていく予定だそうですので、お土産探しにもぜひおすすめします。

センスも抜群!ミュージアムショップ

今週木曜日(5月8日)は、有名バンドKUTUMBAの10周年記念ライブが開催されます。ネパール、英国からのフュージョンバンドも加わり、ギャラリースペースではライブアートが披露されます。
入場料は400ルピー、またはそれ以上の寄付で、一部先月のエベレスト雪崩事故の犠牲者遺族に贈られます。
午後6時から9時まで。

建物の目印

The City Museum Kathmandu
入場料金は、ネパール人50ルピー、外国人2.5US$。(ギャラリーは特別展示以外は基本的に無料)
※オープン特別期間の今なら誰でも50ルピー(寄付)で館内ツアーで案内してもらえます。
時間等詳細はオフィシャルサイトでどうぞ。
http://thecitymuseum.org/

王宮博物館前のメインストリートからヤクイエティホテルへ入る道、エビスジュエリーの通り。
パーキング、Wifi完備。

PR
半日、1一日市内観光にこちらのシティーミュージアムを組み込むことができます。
お気軽にお問い合わせくださいませ。
半日、1一日市内観光にこちらのシティーミュージアムを組み込むことができます。 お気軽にお問い合わせくださいませ。

1 - 1件目まで(1件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(125)
インド(7)
中国(3)
ブータン(3)