1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. ネパール子ちゃんさんのブログ
  5. ホテル・宿泊記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ネパール子ちゃんの ナマステ旅案内♪♪  

〜ようこそ素顔のネパールへ。〜

人と地球にやさしい旅を。

プロフィール

ニックネーム:
ネパール子ちゃん
居住地:
アジア>ネパール>カトマンズ
性別:
女性
会社名:
ガーレ トレックス- リバティーホリデイズ
会社英字名:
GHALE TREKS - LIBERTY HOLIDAYS
会社所在地:
アジア>ネパール>カトマンズ
会社電話番号:
00977-1-4411001
業種:
旅行業
自己紹介:
ナマステ!

カトマンドゥに実店舗を持つ旅行・トレッキング代理店 「リバティーホリデイズ」「ガーレトレックス」のネパール子ちゃんが、治安情報や旅の穴場スポットなど役立つ情報をいち早く、ネパールの暮らしや街角の風景、また多様な民族と文化、自然遺産などなど盛りだくさんのネパールの魅力を余すところなくお伝えしてまいります。
お楽しみに!!

ネパール旅行のプランニング、宿泊、航空券、お車の手配もお任せ。
ご予算、日程、ご希望をお伺いの上、存分に楽しんでご満足いただけるよう、オーダーメイドのご旅行をご提案いたします。
女性お一人様、小さなお子様連れの旅もご安心を。
安全第一でサポートいたします。

ヒマラヤトレッキング・登山
リバーラフティング
ジャングルサファリ
農村エコホームステイ
世界遺産観光
ヒマラヤ遊覧飛行
ヨガリトリート
アーユルベーダトリートメント
ゴルフ
パラグライダー
バンジージャンプ
バードウォッチング
ネパール料理教室
博物館・ギャラリー巡り
チベットツアー
ブータンツアー
インドツアー
撮影・ロケハン
ネタ・リサーチ

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

Facebook
http://www.facebook.com/iinenepal

Twitter
http://twitter.com/iinenepal

在ネパール日本人商工会 観光部会会員です。

カレンダー

2月<2017年3月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記事一覧

1 - 5件目まで(18件中)

トゥマディ広場のニャタポラ寺院
世界遺産バクタプール近郊の今
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
  • アジア>ネパール>ナガルコット
  • アジア>ネパール>ネパールその他の都市
テーマ:街中・建物・景色 ホテル・宿泊 歴史・文化・芸術 
投稿日:2015/06/04 15:23
以前のエントリーにも書きましたように、カトマンズダルバール広場の多くの寺院や建物に被害が出ましたが、無事に残っているものもあります。現在再公開に向けて復旧活動が続いています。

地震の爪痕が残る広場を訪れるのは心が痛みますが、多くの人に訪れていただき、関心を持ち続けてもらうことこそが観光産業、カトマンズ、国の復興には不可欠です。
カトマンズ盆地内の世界遺産サイト、ボウダナートは仏塔の修復作業中ですが、入場可能。パシュパティナートも通常通り観光可能となっています。

さて、前回に続いてカトマンズから東に位置する古都バクタプル、ナガルコット、マナカマナ寺院の地震後の現状をお伝えします。
バクタプールへの道の状態ですが、すでに地割れ箇所は補修済みで通行に影響はありません。

トゥマディ広場のニャタポラ寺院
バクタプール世界遺産エリア内は一部区域を除いて入場可能です。古い住宅や世界遺産の一部に大きな被害が出ましたが、ネパール一高い寺院といわれるニャタポラ寺院をはじめ、奇跡的にもほとんど被害を受けていない建造物も多く残されています。トゥマディ広場、博物館広場も見学可能。
宿泊施設、土産物店、レストランの営業はまばら状態で、テントや路地裏にはつっかえ棒が目立ちます。

バクタプルダルバールスクエア55窓の宮殿

バクタプールの北に位置するネパール最古の仏教寺院のチャングナラヤン。

参道にも全半壊の被害が出ましたが、瓦礫もほぼ撤去され、通行可能となりました。参道のチャング博物館もオープンしています。寺院自体にもかなりの被害が及んでいるため境内は立ち入り禁止。オープン間もなかったLiving Traditions Museum Nepalも大きな被害を受け、当面閉鎖中。
チャングミュージアム

ヒマラヤの展望地、避暑地として人気のナガルコット。
山頂部付近は道幅拡張工事中で未舗装ですが、ほぼ地震の影響は受けていません。
ホテルについては被害がほとんどなくすでに営業中、修復後今月中に再開できる見通しという所もある中、柱が折れる、傾斜地で下に沈み落ち解体へ、というところもあり立地により様々です。新たに新築中のホテルも数軒あり、開業が待たれます。

ナガルコットの丘

5星のクラブヒマラヤナガルコットリゾートは今月15日再開予定です。これを呼び水として、夏休みには避暑に、モンスーン開けの秋と年末年始はヒマラヤ鑑賞に是非たくさんの方に訪れていただきたいところです。


もうひとつ、カトマンズからポカラへ行くプリティビハイウエイ道中に大願成就の女神を祀るマナカマナ寺院。ネパール人にとってはとても重要で人気の観光地。
寺院自体は無事ですが、地震による傾きが見られ、現在入場不可となっています。麓からのケーブルカーの運行は5月10日に一旦再開されたものの、12日の余震から再び中止となり近日再稼動の見込みです。

地震の影響がほとんどなかったチトワン国立公園、ポカラの観光客も激減し、閑散としています。
ホテル、レストラン、トレッキング、ラフティング、スカイスポーツ全般を大幅に値引きしてツーリストに来訪を心待ちにしています。

以上、地震から1ヶ月を経た各地の現状でした。

PR
各地のホテル、パッケージツアーの割引料金のお問い合わせも承っております。
各地のホテル、パッケージツアーの割引料金のお問い合わせも承っております。
Da Yatra Courtyard
ダ ヤトラ コートヤードホテル@ポカラ
エリア:
  • アジア>ネパール>ポカラ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 ホテル・宿泊 
投稿日:2015/04/12 15:29
中国からのツーリスト増加、またネパール国内からの観光客もたくさん訪れ、ポカラにもどんどん新しいホテルが建設されています。美しい景色、さまざまなアクティビティーを楽しめるポカラ。観光のピークシーズン中はデラックスホテルが軒並み満室になるほど好調です!ご希望のホテルへの宿泊は早めに予約を入れましょう。

Da Yatra Courtyard

さて、久しぶりのホテル探訪。
レイクサイドにオープンして3ヶ月のDa Yatra Courtyard Hotel 。レイクサイドの大通り、Onece Upon A Timeレストランの角の路地を奥に30mほど進むと6階建ての白い建物が見えてきます。客室数は48室と中規模ですが、広々としたお部屋はデラックスなインテリア、備品、アメニティーが揃っており、朝食も、スタッフの細やかなホスピタリティーも大満足のホテルです。

フェワ湖を挟んで日本山妙法寺を見上げるシースルーエレベーターは圧迫感を感じさせません。各階のホールもガラス張りで明るく広々。客室は湖側と山側に別れており、中央コリドールも贅沢に幅広くとられており、クッションのよいカーペット敷きです。

4人用ファミリールーム

客室もネパールのホテルにしては天井高が高いこと、大きな出窓があり(レイク側)、テラス(山側)があり、ツインの部屋面積はカトマンズのハイアットより広くなっていますので、大変開放感があります。
お部屋タイプはデラックススイート、ファミリールーム、ツイン、ダブルから選べます。
12歳以下のお子様の添い寝利用なら無料。犬、猫などペットとの旅行を希望する方も、条件次第で対応してくれますので、是非お尋ねください。

バスアメニティー
デラックススイートのバスルーム

水周りについても、シャワーの湯量、水圧、温度ともに十分。バスタブは一部のお部屋に限られますので、リクエストを。レインシャワーは最近のブティックホテル、デラックスホテルのマストアイテムになってきている印象ですね。
使い捨てのスリッパ、インスタントコーヒー、紅茶(ゴールデンティップスの茶葉も!)、ミネラルウォーターも揃っています。

朝食ビュッフェ
1階のレストランのビュッフェ朝食も品数豊富。フレッシュスイカジュース、果物、ポリッジ、ソーセージ、ゆで卵、ベーコン、焼きトマト、シンガポール焼きそば、チャナ豆のカレーとロティなどなどボリューミーです。※時節や諸事情により変更されます。

スパも併設。サランコット、マチャプチャレも見渡すことができる眺望のよい屋上カフェはまもなく出来上がります。スイミングプールも来年以降に出来上がる予定。さらに将来は山側の敷地に別館も計画されています。

レイクサイドの中心地、ショッピング、食事、ナイトライフも楽しめる便利な立地♪上質な滞在を求める方におすすめいたします。

PR
Da Yatra Courtyard Hotel へのご宿泊予約、お問い合わせも承っております。
ポカラへの航空券、送迎車両、観光ガイドのパッケージもご用意しています。
Da Yatra Courtyard Hotel へのご宿泊予約、お問い合わせも承っております。 ポカラへの航空券、送迎車両、観光ガイドのパッケージもご用意しています。
3ROOMS
Babar Mahal Revisited ショッピングコンプレックス その2
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:買物・土産 街中・建物・景色 ホテル・宿泊 
投稿日:2015/01/28 17:25
A SHOP WITH A STORY

ババルマハルにある元ラナ家のお屋敷であった高級ショッピングスポットに、手工芸品のフェアトレードショップA SHOP WITH A STOYがオープンしたので、ふらりと立ち寄ってみました。
手工芸品店でみかけるフェルト、キャンドル、シルバー、繊維製品など素朴で温かみのある雑貨たちがセンス良くディスプレイされています。

3ROOMS

なんと、昨年にはゲストハウス3Roomsも開業。このお屋敷内に泊まることができるようになりました!しかし、屋号のとおりたった3部屋だけですので予約は必須!
センター内の雑貨店Pasalの品でコーディネートされた素敵なお部屋になっていますよ。そして朝食はフレンチのシェ・キャロリンで頂くことができます。

paper moon

KOBOLO

珍しいネパール製の時計店、海外でも大人気のロクタ紙製品店、ブティックなどなど、お財布がさびしいときも目の保養によい散策となること間違いなし!施設内にATMに衝動買いを煽られそうになりますが…。


以前の記事もあわせてどうぞ。
※仏像のギャラリーはなくなり、パシュミナや織物の専門店になっています。
http://www.tour.ne.jp/blog/nepal/51915/

PR
フェイスブックもあわせて「いいね!」よろしくお願いします♪
フェイスブックもあわせて「いいね!」よろしくお願いします♪
昆明長水国際空港
朗報!上海-カトマンズ線就航♪昆明長水国際空港追加情報も。
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
  • アジア>中国>昆明(コンメイ)
  • アジア>中国>上海(シャンハイ)
テーマ:鉄道・乗り物 旅行準備 ホテル・宿泊 
投稿日:2014/11/05 13:06
昆明長水国際空港
ネパール子ちゃんのブログなのですが、昆明国際空港の記事に「よかった」をたくさん頂いています。
日本からネパールへの経路のひとつとして、中国東方航空の上海〜昆明、昆明〜カトマンズというルートは不便ながら安値で人気ですね。

今月より上海〜カトマンズ直行便が週6便運行します。
スケジュールは以下の通り。
MU2583浦東/上海 07:55 カトマンズ 13:05
MU2584 カトマンズ14:05 浦東/上海23:10
7時間25分の飛行飛行時間で結びます。

カトマンドゥ到着後、乗り継いでポカラへ同日移動も可能、岐路も午前中目一杯観光やショッピングの時間が取れますね。
日本からだと上海で一泊となりますが、これまでの昆明一泊よりはかなり利用しやすいかと思います。
引き続きカトマンズ〜昆明の便もありますし、東南アジアへの便も多いのでこの空港を利用される方に、新たに昆明長水国際空港のトランジット情報をご紹介します。
空港内のホテルレセプション
空港内、国際線出発ロビー側の2階、シースルーのエレベーターを降りた正面にあるのが「空港机場賓館」
こちらで宿泊と時間制で休憩が可能。
宿泊料金は市内の星付きホテル並みのようです。画像参照。
深夜、早朝発着便の方には利用価値があり、でしょうか。
宿泊料金一覧表


前回も触れました空港目の前にある「昆明百事特悦航酒店」
http://www.bestyuehang.com/
こちらはとても快適に過ごせる5つ星デラックスホテルで、4時間以上の時間制での利用も可能。
ホームページを見ると、現在上記の机場ホテルより宿泊費が安い!明らかにレベルが高いにもかかわらず、です。
昆明百事特悦航酒店 ロビー

予約をして、空港から電話をすれば5分程度で専用車がお迎えに来てくれます。ホテル専用の車寄せが到着ロビー外にありますから、停車中のバンに声をかけて乗車も可能です。
フロントで英語も通じましたし、ベルボーイも簡単な英語が話せます。
ホテル周辺には何もありませんが、幼児用プレイエリアがフロントデスク裏にありました。
ホテル内のお土産店、レストランはとても高級感漂っています。
朝食は2階のレストランにて、雲南の麺料理、点心、焼きそば、炒飯、シリアル、炒め物、豆乳、お粥などのビュッフェです。(午前6時から9時半迄)
こちらのコーヒーがこのクラスのホテルにしては非常に残念;雲南コーヒーを提供してくれるとうれしいところ。

お部屋に関して言えば、ベッドの寝心地はとても良く、バスローブもデラックス。
アメニティーには雲南らしいプーアル茶もポイント高!!
ベッドサイドにはIpod用のスピーカーもありました。
ベッドルームとバスルーム(ブラインドが下ろせます)、シャワー、トイレすべてが透明ガラスで仕切られているのが難点かもしれません。
余談ですがホテルオリジナルの花びら入り?クッキーが絶賛発売中でした。

昆明駅の無差別殺人テロ事件の影響でか空港は以前に比べると警備を強化している様子が伺えました。
台湾のスイーツ店も開店間近、素敵なチベット族のお土産店もオープンしており、これからは欧州行きのフライトも就航ということで今後の更なる発展が期待される空港です。

PR
トレッキングのベストシーズンとなりました!
一部の国内線、ホテルは非常に混み合い予約が難しい状態となっています。
年末のご旅行はぜひともお早めにお申し込みくださいね!
トレッキングのベストシーズンとなりました! 一部の国内線、ホテルは非常に混み合い予約が難しい状態となっています。 年末のご旅行はぜひともお早めにお申し込みくださいね!
デラックスルーム
モダンチベタンテイスト Hotel SHAMBALA 
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
テーマ:街中・建物・景色 ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2014/07/07 23:27
カトマンズとパタンを囲む環状線リングロードの北に位置するチャクラパットは、アメリカ、パキスタン、オーストラリア、タイ大使館があるプライムロケーション。
この交差点を北上すると、ブダニルカンタ。その先はシヴァプリ国立公園となっています。
そのチャクラパットはバンスバリに今年オープンした全60室のHotel SHAMBALA。

スパ棟 吹き抜け

外観はチベット様式、内装も現代の設備を備えたとてもおしゃれなチベット風。本格的なスパAyatana Spaが併設されています。屋上にはカトマンズを高見から見下ろすラウンジとスリリングなシティービューのスイミングプール!
レセプション、レストラン、各部屋のインテリアは、ホテルのロゴ同様の大胆な筋斗雲?柄の壁紙が使われ、柔らかな照明に浮かび上がります。カーペットやファブリックもチベット独特の色柄で統一され落ち着いた印象。
デラックスルーム

スイートルームのリビングには、illyのコーヒー豆とエスプレッソマッシーンが備え付けられていて、お部屋でいつでもフレッシュなコーヒーの味と香りを楽しめます。

エスプレッソマシーン付
スイート 寝室

そして、何と!ベッドルームの窓際にジャグジーバス。これだけ開放的なバスタイムを過ごせるところはなかなかありませんよ。

レストランではモモ、トゥクパだけでなく、今後さらにチベットらしいエスニックな料理を提供できるようになるとのことです。
レストラン

周辺にお土産屋やおしゃれなレストランは少ないけれど、バドバティニ、セールウェイズと2つのスーパーマーケットまで徒歩5分程度。世界遺産サイトのスワヤンブナート、ボウダナートへもリングロードに沿って簡単アクセス。
賑やかな繁華街を避けて、のんびりと静かに過ごしたい方にお勧めです。

Hotel SHAMBALA
http://www.shambalahotel.com

PR
ネパール国内のホテルのご予約、ガイド付き観光ツアーパッケージ、日程、ご予算に応じて承ります。
ネパール国内のホテルのご予約、ガイド付き観光ツアーパッケージ、日程、ご予算に応じて承ります。

1 - 5件目まで(18件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
ネパール(125)
インド(7)
中国(3)
ブータン(3)