1. 旅行比較サイト トラベルコちゃん
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. トラベルコちゃんさんのブログ
  5. マルタ 観光地 ブログ記事

特派員ブログ


  海外エリア: ヨーロッパ > マルタ の他のブログはこちら|

トラベルコちゃん、なんでもレポート!

プロフィール

ニックネーム:
トラベルコちゃん
居住地:
東京都
性別:
女性
年代:
10代
会社名:
株式会社オープンドア
会社英字名:
OpenDoor Inc.
会社所在地:
東京都
業種:
その他
自己紹介:
旅行大好き!トラベルコちゃんです!
みんなに旅の楽しさを伝えたくて、今後もたくさん、たくさん旅しちゃいます。
ちゃーんと報告するので、お楽しみに♪

カレンダー

2月<2017年3月    
1234
567891011
12131415161718
192021222324 25
262728293031

街全体が世界遺産!はちみつ色の街、ヴァレッタへ

2016/07/14 14:49
路地
エリア:
  • ヨーロッパ > マルタ
テーマ:
  • 観光地
  • / 世界遺産
透明度抜群のビーチがあるコミノ島、自然豊かなゴゾ島など、たくさんの魅力がつまったマルタですが、個人的にマルタで一番好きになった場所、それがマルタの首都、ヴァレッタです。
ヴァレッタ
夕暮れ時に街全体が「はちみつ色」に染まるこの瞬間が、一番好き。

このヴァレッタのベストショットが見られるのは、対岸にあるスリーマという街。
「The Point」というショッピングモールに行く途中の階段が、ベストオブベストの撮影スポットです!

すっかりとこの景色に恋してしまった私は、街の色合いが変わる様子を観察してみました。(2時間も!)

子供の頃に大好きだった映画「魔女の宅急便」の風景になんとなく似ている気がして、松任谷由実さんの「やさしさに包まれたなら」をBGMに、だんだんと暗くなるヴァレッタの街並みを眺める時間は、まさに至福の時間でした♪
スリーマからのバレッタ

翌日、いざヴァレッタへ!
スリーマからのアクセスはバスかフェリーの2択。天気もいいのでフェリーに即決!

スリーマのフェリー乗り場へ。
船乗り場

夏場の間スリーマ→ヴァレッタ間は、朝の7時から深夜0時15分までの約30分置きにフェリーが出ています。
観光客だけでなく、地元の人の足として使われている交通機関のようです。
ボートスケジュール

チケットは乗り場のすぐ近くで購入できます。
チケット売り場


往復で2.8ユーロ。
チケット

いざ出発!
日差しを遮れる1階の船内シートと、オープンシートの2階席があるので、どこでも好きな場所を選んでOKです。(もちろん私は眺めが良い2階席!)
出発後ボート
10分もかからずに対岸のヴァレッタへ到着です。

フェリーを降りて、街の中へ。
「坂道と、車の縦列駐車が多い街」というのが、最初の印象。
坂道


そして「小道が多い街」というのが、第2の印象。
私がヴァレッタを好きな理由が、この「小道の面白さ」にあります。
地図をリュックに仕舞って、ただひたすら直観で歩き回ります。
路地裏1

そうすると、ふと、こんな絵葉書のようなシーンに出逢えたり。
路地裏2
歩けば歩く程、この街の魅力を感じられて、気が付けば2時間もひとりで歩き回っていました。

静けさを感じられる小道も魅力ですが、やっぱりメインストリートも忘れてはいけません!街の真ん中に伸びる「リパブリック通り」が、ヴァレッタで一番賑わうストリートです。
メイン通り
人気のジェラートショップからブランド店まで、数多くのお店が並んでいるので、見ているだけでもワクワクしちゃいます♪

リパブリック通りを歩いていると見えてくるのが「聖ヨハネ大聖堂」。
外観はいたってシンプル。
教会

中に入ってみると・・・
外観からは想像がつかない程の豪華な内装にビックリ!
教会内
至る所に金の装飾や、細かな彫刻が施されていて、“豪華絢爛”とはまさにこの事。
ただただ感激、の一言です。

天井の絵を良く見てみると、面白いものを発見しました。
窓枠に座る、2人の男性の絵。
ちゃんと影がついて、立体的に見えますよね!
教会天井

天井ばかりに目線が向いていましたが、床にも注目です。
なんと、床一面に大理石の墓石が敷き詰められているんです。(すべて、騎士団の墓だそう!)
教会の床
墓石に描かれている絵がひとつひとつ違うので色々見ていたのですが、どうもお墓の上を歩くのが申し訳ない気がして、縁の所をつま先立ちしながら移動していた私。
絶対まわりから変な目で見られたんだろうな・・・(/o\)ハズカシイw

ちなみにこの教会、有名な画家カラバッジョの絵を見ることが出来ます。
撮影禁止の為写真はありませんが、「光の魔術師」とも呼ばれたカラバッジョの作品は一見の価値ありです!


教会をじっくりと見学して、時間は11:30頃。
急いである場所へ向かいます。

その場所とは、「アッパー・バラッカ・ガーデン」。
スリーシティーズが一望できる展望台へ。
大砲

時刻は11:50分。人が続々と集まってきました。
なぜこんなに時間を気にしているかというと、実は12時ちょうどに発射されるという大砲を見たいから!
待機中

そして12時ちょうど。
「ズドォォォン!!!」という、想像以上に大きな音を立てて、真ん中の大砲から発射!
あまりの迫力に、思わずカメラを落としそうになりました。(みなさんも注意!)
発射
12時と16時の2回発射されるようです。10分前くらいに到着して、ベストポジションをキープするのがおすすめ♪

ここで注意。
このように↓発射間際にはたくさんの人が集まりますが、発射の爆音に気を取られているとスリに財布やスマホを狙われるという事件も発生しているようです。
人ごみ注意
マルタは他のヨーロッパに比べてとっても安全な国、と私自身も実感していますが、やはり油断は禁物です。
貴重品は体の前に持ってきて、盗難に合わないように注意してくださいね!


いかがでしたか?
マルタの首都ヴァレッタ、ぜひ滞在中に一度は訪れてみてくださいね!
おすすめです(^^)/
  • この記事が参考になった人(2)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
マルタ特集ページ【まるごとマルタ6選!】公開中!トラベルコちゃんスタッフが現地取材で見つけた『本当におすすめするマルタ情報』をご紹介します!これを見たら絶対マルタに行きたくなる(^^)/♪
マルタ特集ページ【まるごとマルタ6選!】公開中!トラベルコちゃんスタッフが現地取材で見つけた『本当におすすめするマルタ情報』をご紹介します!これを見たら絶対マルタに行きたくなる(^^)/♪
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • ご利用上の注意をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
韓国(96)
ベトナム(57)
タイ(53)
香港(30)
台湾(24)
インドネシア(19)
シンガポール(18)
ミャンマー(13)
フィリピン(8)
スリランカ(7)
マカオ(7)
インド(6)
カンボジア(4)
中国(3)
マレーシア(1)
中近東
アラブ首長国連邦(70)
トルコ(1)
ヨーロッパ
スペイン(11)
ノルウェー(8)
マルタ(7)
ギリシャ(4)
イタリア(4)
スウェーデン(1)
アフリカ
南アフリカ共和国(19)
ハワイ
ハワイ島(62)
オアフ島(56)
マウイ島(31)
ミクロネシア
サイパン(20)
グアム(12)
ロタ(3)
オセアニア
オーストラリア(25)
ニュージーランド(7)
南太平洋
ニューカレドニア(53)
フィジー(12)
タヒチ(5)
北米
アメリカ西部(66)
アメリカ東部(61)
カナダ(12)
北海道
道南(16)
道東(1)
道央(1)
東北
宮城(5)
岩手(2)
青森(2)
秋田(2)
山形(1)
福島(1)
関東
東京(14)
千葉(5)
栃木(4)
神奈川(3)
茨城(1)
北陸
新潟(1)
石川(1)
福井(1)
中部・東海
愛知(3)
山梨(2)
三重(2)
静岡(1)
近畿
大阪(16)
滋賀(10)
兵庫(2)
京都(1)
奈良(1)
和歌山(1)
中国
島根(1)
山口(1)
九州
福岡(6)
佐賀(5)
長崎(2)
熊本(2)
大分(2)
沖縄
沖縄離島(9)