1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 旅行ブログ
  4. AJTさんのブログ

特派員ブログ


  海外エリア: アジア > ウズベキスタン の他のブログはこちら|

アッサローム・ウズベキスタン! ようこそAJTへ!

AJT アッサローム!ウズベキスタン
ウズベキスタン国営航空指定販売代理店

プロフィール

ニックネーム:
AJT
居住地:
東京都
性別:
女性
会社名:
株式会社AJT
会社英字名:
AJT,INC.
会社所在地:
東京都
会社電話番号:
03-3456-0451
業種:
旅行業
自己紹介:
ウズベキスタン国営航空指定販売代理店のAJTです。
ヨーロッパ人観光客に非常に人気のあるウズベキスタン。近年、日本人観光客にも注目されてきています。
旧ソ連のウズベキスタンは、稀にみぬ多民族国家、そしてとっても親日家の国です。シルクロードの世界を体験してみてはいかがでしょうか!?

カレンダー

10月<2008年11月    
1
234567 8
9101112131415
161718 1920 2122
23242526 272829
30

記事一覧

1 - 4件目まで(4件中)

カルタミナール
「博物館都市」のシンボル
エリア:
  • アジア>ウズベキスタン>ヒワ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 世界遺産 
投稿日:2008/11/26 18:14
コメント(0)
タシケントから国内線で北西へ約1時間半、ウルゲンチ空港へ到着します。
ウルゲンチから車で約40分行くと、「博物館都市」と呼ばれるヒヴァに到着。

ヒヴァの中心は「イチャン・カラ」。
イチャン・カラは、ヒヴァの城壁に囲まれた都市のことを言います。
そしてこのイチャン・カラ、1990年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。

イチャンカラの城壁

「ここは現代の世界か、テーマパークか、それとも中世へタイムスリップ…?」
と思ってしまうような、世界が広がっています。

イチャンカラの代表的な大きい青い塔、「カルタ・ミナール」。

カルタミナール

「カルタ・ミナール」とは、短いミナレット(イスラム教宗教建築の塔)という意味で、
まさに名前の通り。
実は未完成のまま残されているミナレットなのです。
未完成の理由については、いくつか説が残されていますが、当時の王様が亡くなった為工事が中断されたようです。

カルタ・ミナールは、街の中どこからでも常に見えるヒヴァのシンボルです。

カルタミナール2

PR
AJTホームページ「アッサローム!ウズベキスタン」
AJTホームページ「アッサローム!ウズベキスタン」
スザニ赤
おみやげにおすすめ「スザニ」
エリア:
  • アジア>ウズベキスタン>サマルカンド
テーマ:買物・土産 
投稿日:2008/11/20 15:44
コメント(2)
スザニ赤

「スザニ」とは、装飾的な刺繍を施した布を意味します。
母から娘に代々伝わる嫁入り道具の一つです。
女の子が生まれると母親はスザニを作り始め、何年もかけて作ったそのスザニは未完成の
まま娘の結婚時に持たせます。
そしてその続きを娘が縫って完成させる、という風習があります。

スザニを作る女性

実はこのスザニ、ヨーロッパでは非常に人気があるのです。
ヨーロッパでは、ウズベキスタンから輸入されたスザニは売切状態が続いているとか。

スザニ黄白

一つ一つ丁寧に施された刺繍はとても細かく色使いも鮮やかで、中央アジア独特かつ上品な美しさを持っています。

壁掛けやベッドカバー、枕カバー、クッションカバーなど多くの種類のスザニがあります。

ウズベキスタンのお土産にひとついかがでしょう?

PR
AJTホームページ「アッサローム!ウズベキスタン」
AJTホームページ「アッサローム!ウズベキスタン」
ユルタ
遊牧民生活を体験
エリア:
  • アジア>ウズベキスタン>ウルゲンチ
テーマ:観光地 街中・建物・景色 ホテル・宿泊 
投稿日:2008/11/18 15:15
コメント(0)
ユルタ

遊牧民が生活住居として利用しているテントのようなものはご存知ですか?

中国では「パオ」、モンゴルでは「ゲル」、そしてウズベキスタンでは「ユルタ」と呼ばれています。

ウズベキスタン北西部に広がるキジルクム砂漠にあるユルタで、宿泊体験ができます。

ユルタ内部

ウルゲンチから車で約2.5時間。砂漠といっても路頭に迷うほど遠く行きにくい場所にある訳ではありません。
車利用で、簡単に行けます。

砂漠・湖・ラクダ

ツアーでは、ランチのみの利用でここのユルタが使われることがとても多いですが、砂漠、湖、遺跡、そして時々ラクダに囲まれたユルタで泊まってみるのも貴重な体験では…??

PR
AJTホームページ「アッサローム!ウズベキスタン」
AJTホームページ「アッサローム!ウズベキスタン」
ティラカリメドレセ天井
金箔の神秘的世界へ
エリア:
  • アジア>ウズベキスタン>サマルカンド
テーマ:世界遺産 
投稿日:2008/11/07 11:11
コメント(6)
サマルカンドの中心、レギスタン広場に建つ3つの大きなメドレセ(イスラム神学校)のうち、
中央にあるのは、ティラカリメドレセ。

ティラカリメドレセ

「ティラカリ」とは「金箔」という意味で、内部はまさに名前の通り。
英語では「Gold-Covered Medressa」と訳されていて、あまりの美しさで有名です。


さて、内部の礼拝堂。
壁には星、植物、アラビア文字がモチーフの模様がとても鮮やかです。

ティラカリメドレセ礼拝堂


そして、ティラカリメドレセ一番の見どころは、金箔の天井。

ティラカリメドレセ天井

「はーー」っと、思わずため息が出てしまうほどの美しさ。
言葉も出ずにただ眺めるだけで時間がすぎていく、そんな感覚に包まれて、その美しさに吸い寄せられます。

人の少ない開館直後の朝に訪れれば、よりいっそう神秘的な空間を感じることができます。

PR
AJTホームページ「アッサローム!ウズベキスタン」
AJTホームページ「アッサローム!ウズベキスタン」

1 - 4件目まで(4件中)

▲ このページのトップへ