タイ
バンコクBangkok
最終更新日:2012年04月04日
旅行・基本情報 観光情報
旅行情報 気候とシーズン 基本情報 大使館
イメージ写真
バンコク概要
タイの首都として経済、文化、教育、宗教の中心地。独特の美しい極彩色の寺院や王宮が数々あり観光スポットとしても人気が高い。食やショッピングにおいても、賑やかな市場や屋台、水上マーケット等は、特に観光客には見逃せない楽しみです。
旅行情報
行き方
日本からのアクセス                                  ※青文字は、直行便出発地及び曜日です。
出発地
(出発曜日)
東京(成田)毎日) 、 大阪(関空)毎日) 、 名古屋毎日) 、 福岡毎日)
所要時間
【東京(成田)】6.5時間(直行)  【大阪】6時間(直行) 
【名古屋】6時間(直行)  【福岡】5.5時間(直行) 
空港アクセス
空港からバンコク市内へは約30km。主な交通手段はバス(エアポートエクスプレス)かタクシーです。
バスは、高速道路を経由して市内の主要地点と連絡しており、料金目安は150Bで、運行時間は5:30〜1:00です。
一般タクシーは、ターミナル1階から乗車できます。料金目安は、市内まで約300B〜500Bとなります。料金メーターの料金プラス50Bの追加料金、高速道路料金(25〜65B)が別途必要です。
(2006年10月16日現在)
ツアー情報
平均旅行日数と平均旅行代金
東京発 4日間    \64,667 大阪発 4日間    \70,644
名古屋発 4日間    \70,511 福岡発 4日間    \73,800
旅行代金季節変動 (月平均)
旅行代金季節変動
▲このページのトップへ
気候とシーズン
気候
11〜2月頃の乾季がベストシーズンと言えます。毎日さわやかな晴天が続き、雨もほとんど降りません。
服装
一年を通して日差しが強く、高温多湿の気候なので、通気性の良い服装をおすすめします。ただし、デパートやレストランの中、エアコンバス・空調寝台車などでは、エアコンが効きすぎているところがありますので注意してください。羽織るものが一枚あると便利です。
 また、敬虔な仏教国であるタイでは、寺院は神聖なる信仰の場所です。参拝するときは、節度ある服装を心がけてください。
平均気温・降水量
気温
旅行シーズン・月別服装
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
旅行ベスト
シーズン
服装
《旅行シーズン》 :ベストシーズン :適シーズン
《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
▲このページのトップへ
基本情報
言語 タイ語
通貨 バーツ(THB) レート 約3.17円(2013年11月04日現在)
パスポート 入国時、残存有効期間6ヵ月以上
査証 30日以内の観光目的滞在は査証不要(無査証の場合、往復予約済航空券が必要。入出国方法により査証要否が異なる) 。
予防接種 黄熱の汚染地区に滞在または通過後10日以内に入国する場合、予防接種証明書の提示が求められる。マラリアの予防薬の服用しておいた方が望ましい(訪問地域による)。
時差 GMT+7 (日本より2時間遅れている) チップの習慣 なし
免税 タイではほとんどの商品にVAT(付加価値税)が7%かけられている。条件が揃っていればVATが払い戻されるので、忘れずに手続きしよう。
電圧 110/220V 周波数 50Hz
プラグタイプ
Cタイプ BFタイプ
※パスポート・査証に関しては、外国籍の方は別途確認が必要になります。
治安について
概して治安は良いですが、外国人旅行者の多いエリアや乗り物内(夜行長距離バスなど)では盗難事件が多発しています。貴重品は肌身離さずが鉄則。観光地ではあの手この手で外国人から金品を巻き上げようとする犯罪があとを絶たないので、トラブル対策ページを事前によく読んでおいてください。
交通事情
郊外電車が殆ど走っていない上、列車は極端に本数が少ないため、中流階級以上を中心に乗用車が、また、タクシーやバスが公共交通機関として広く用いられているが、これがバンコクを世界有数の渋滞都市にしている。近年は渋滞解消のため地下鉄が開通し、更なる路線の建設が進められている。
営業時間
官公庁   : 月〜金曜 8:00-12:00 13:00-16:30
銀行   : 月〜金曜 9:30-15:30
商店   : 月〜日曜 10:00-20:00
渡航に関する注意事項
宗教を尊ぶ国なので寺院等での不用意な行動、言動は避けましょう。仏教上、僧侶は女性に接触してはいけない教義があります。乗り物等での不意な接触にも注意しましょう。子供の頭をなでることもタブーです。また、王宮や一部寺院ではタンクトップ、ホットパンツなど極端に肌を露出した服装やかかとの無いサンダルでは入場できません。
クレジットカードについて
ホテル、コンビニ、デパートなどで利用が可能。空港から市内などへの主要交通機関は現金対応のみ。
クレジット利用の手数料は、日本で両替する手数料よりも安い。
また、国際ブランドのクレジット・デビット・プリペイド、国際キャッシュカードなら、空港や市内のATMでタイバーツの引出しが可能。ただし、タイでは、ATMを設置している銀行側で引出し手数料を課す場合が多いので注意したい。
空港にも設置されているSiam Commercial BankのATMなら日本語にも対応している。
ちなみに、カード決済時に日本円かタイバーツかを聞かれることがあるが、円決済にすると、3〜5%の為替手数料を上乗せされるため、バーツ決済のほうがトクな場合が多い。
なお、クレジットカードの不正利用に関しては、本人に明らかな過失がある場合(裏面に署名がないなど)を除いて、全額補償される。
3泊4日なら、カードを併用して現金は1人1万円程度あれば十分。
▲このページのトップへ
在日大使館・領事館
タイ王国大使館
住所   : 東京都品川区上大崎3-14-6
電話   : 03-3441-1386
受付時間   : 9:00〜11:45、14:00〜17:30
休日   : 土・日、両国祝祭日
URL   : http://www.thaiembassy.jp/
タイ王国大阪総領事館
住所   : 大阪府大阪市中央区久太郎町1-9-16 バンコク銀行ビル
電話   : 06-6262-9226
タイ王国横浜名誉総領事館
住所   : 神奈川県横浜市西区南幸2-12-6 ストーク・ミキビル403号
電話   : 045-312-4128
タイ王国名古屋名誉領事館
住所   : 愛知県名古屋市中区錦3-6-29
電話   : 052-963-3451
▲このページのトップへ
※情報は予告なく変更になる場合がございます。重要事項につきましては、渡航前に関係機関にお問合せ下さい。