イタリア
ベネチアVenice
最終更新日:2010年07月07日
旅行・基本情報 観光情報
旅行情報 気候とシーズン 基本情報 大使館
イメージ写真
ベネチア概要
”水の都”として知られる人気の観光地で、世界遺産に登録されている。
海に連なる潟湖(ラグーン)上に栄えて来た都市で、大運河をはじめ100を超える運河が、町全体に網の目のようにはりめぐらされている。
自動車の乗り入れができないため、公共の交通手段は運河を行く水上バス。観光客には、ゴンドラに乗りながらカンツォーネ(歌)を聞く”ロマンチックなゴンドラセレナーデ”が人気を集めている。
2月には中世の仮面をかぶった人たちが街を歩く有名なカーニバルが行われる。
旅行情報
行き方
日本からのアクセス                                  ※青文字は、直行便出発地及び曜日です。
出発地
(出発曜日)
東京(成田)毎日) 、 大阪(関空)毎日) 、 名古屋日,月,水,金,土)
所要時間
【東京(成田)】15時間(経由)  【大阪】15時間(経由) 
【名古屋】17時間(経由) 
空港アクセス
空港は、本土にあるマルコ ポーロ空港(MARCO POLO AIRPORT:VCE)
マルコポーロ空港から市内へは約13km
サンマルコ広場まで水上バス 70分 10ユーロ、水上タクシー 70ユーロ
ツアー情報
平均旅行日数と平均旅行代金
東京発 7日間    \231,833 大阪発 8日間    \241,311
名古屋発 8日間    \252,689
旅行代金季節変動 (月平均)
旅行代金季節変動
旅行客層
人気の観光名所なので、ハネムーンから、夫婦、母娘旅行、学生旅行など、幅広い客層が訪れている。
また、世界的に有名な観光地であるため、世界中の観光客で常に混みあっている。
▲このページのトップへ
気候とシーズン
気候
イタリアの気候は、日本と似ていて、四季がはっきりしているが、湿度が低い。
そのため、夏は比較的涼しく、冬は寒く感じられるであろう。
四季それぞれの楽しみがあるため、1年中観光シーズンではあるが、気候的に過ごしやすいのは、4,5,10月。7、8月は観光客で大変にぎわう。
また、2月には有名なカーニバルが行われる。
服装
イタリアの気候は、日本と似ていて、四季がはっきりしているが、湿度が低い。
イタリアは南北に長く、ローマが東京と同じくらいの気温で、北部は低く、南部は高くなる。基本的に東京と同じような服装でOKだが、冬場は冷え込むので、暖かくしていきたい。
夏は日差しがきついため、サングラスと帽子は必携。朝晩は多少肌寒く感じることがあるため、薄手の上着があると便利。
平均気温・降水量
気温
旅行シーズン・月別服装
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
旅行ベスト
シーズン
服装
《旅行シーズン》 :ベストシーズン :適シーズン
《服装》 :半そで :長そで :要上着 :要防寒着
▲このページのトップへ
基本情報
言語 公用語はイタリア語。観光地や観光客が行くようなホテル、レストランでは英語も通じる。
通貨 ユーロ(EUR) レート 約135.237円(2013年11月04日現在)
パスポート 入国時、残存有効期間が90日以上必要
査証 90日以内の観光目的の滞在は査証不要
予防接種 不要
時差 GMT+1(日本より8時間遅れている) サマータイム期間中(通常3月末〜10月末)は7時間の時差となる チップの習慣 なし
免税 イタリアで購入した規定金額以上の商品を、未使用の状態でEU国外へ持出し個人的に利用する場合に付加価値税(IVA)の払い戻しを受けられる制度があります。 [TAX FREE SHOPPING]という青、白、銀の3色の表示のある1つの店舗で、1回につき、155EUR以上の買い物をした場合、お店で書類をもらい、EU出国時に税関でスタンプをもらい、手続きを行ってください。
電圧 220V 周波数 50Hz
プラグタイプ
Cタイプ
※パスポート・査証に関しては、外国籍の方は別途確認が必要になります。
治安について
観光地なため比較的治安はいいほうであるが、観光客を狙ったスリや、置引きの被害があるので、荷物の取扱いには充分に注意したい。
交通事情
ベネチア本島には、バスや乗用車は乗り入れできないので、島内では、水上交通か徒歩になる。
◆主な水上交通
水上タクシー(ヴァポレットVaporetto):最もポピュラーな交通機関。大運河やラグーナの島々とを結んでいる。
水上タクシー:タクシーのボート版。水上タクシーは一応の設定料金はあるが,乗る前に交渉して決める場合が多い。乗場はTAXIの表示がある。
ゴンドラ:漕ぎ手が唄うカンツォーネを聞きながらベネチアの風情を楽しめる。
営業時間
官公庁   : 月〜金曜 8:30-14:00
銀行   : 月〜金曜 8:35-13:35, 午後の1時間(例えば 15:00-16:00)
商店   : 月〜土曜 8:30-12:30, 15:30-19:30
渡航に関する注意事項
禁煙になっている場所での喫煙は罰されますので注意しましょう。2005年1月10日(月)以降、イタリアでは「禁煙法」が施行されます。これに伴い、レストラン、カフェ、バー等の公共の場での喫煙は原則禁止となります。またお昼休みを長くとる習慣がありますので、商店や、銀行、官公庁の営業時間には注意しましょう。
◆2007年6月15日より、10,000ユーロ相当以上の現金や現金化可能な資産を欧州連合(EU)域内に持ち込む、もしくは域外に持ち出す場合に税関での申告が必要になります。
▲このページのトップへ
在日大使館・領事館
イタリア大使館
住所   : 東京都港区三田2丁目5-4
電話   : 03-3453-5291
URL   : http://www.ambtokyo.esteri.it/ambasciata_tokyo
在大阪イタリア総領事館
住所   : 大阪市中央区城見2丁目1-61 ツイン21 MIDタワー31階
電話   : 06-6949-2970
▲このページのトップへ
※情報は予告なく変更になる場合がございます。重要事項につきましては、渡航前に関係機関にお問合せ下さい。