1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. ケニア
  5. ナイロビ
  6. グルメ
  7. =イ= インジャラ

アフリカンエクスプレス

~アフリカ旅行のインデックス~

アフロスペース リミテッド
アフリカへの個人旅行のコンサルティングから各種リサーチ、番組企画、街角情報、芸能談義など情報満載
プロフィール

ニックネーム:
アフリカンエクスプレス
居住地:
アフリカ>ケニア>ナイロビ
性別:
女性
会社名:
AFROSPACE LTD.
会社英字名:
AfroSpace Ltd.
会社所在地:
アフリカ>ケニア>ナイロビ
会社電話番号:
+254-20-2213246
業種:
現地ツアー企画・現地ガイドなど
自己紹介:
東アフリカ そして
アフリカ大陸の
さまざまな顔を
取材・旅行手配・
リサーチなど
を通して
ご紹介します。

カレンダー
12月<2023年1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

=イ= インジャラ

2010/03/09 15:51
インジャラ
エリア:
  • アフリカ > ケニア > ナイロビ
テーマ:
  • グルメ
ナイロビ市内では
ここ10年程の間に
エチオピア料理店が
かなり増えた。

エチオピア料理=インジャラ。
本場エチオピアのインジャラは
「テフ」という雑穀を
2,3日発酵させて作るため
かなり酸味が強く癖のある味だが、
ナイロビのインジャラは
小麦粉が主成分ゆえ
クセがなく酸っぱさもほどほど。
スパイシーなお料理が好きな
ツーリスト&在住者(特に女性)
には概ね好評だ。

スパイシーな<ドロ・ワット>や
香ばしい<ジルジル・ティブス>
やさしい口当たりの<シロ>
などさまざまな具材を一度に楽しめるうえ
お値段も手ごろ。

食後は<ブンナ>(エチオピアコーヒー)で一服。
残念ながらコーヒーセレモニーを披露するお店は
ほとんどないが、乳香(フランキンセンス)を
添えて配膳してくれることが多い。
乳香とコーヒーの香りが
スパイスの強い香りを中和してくれる。
時間とお腹の余裕があるときにお勧めです。
タグ:
インジャラ
ワット
ブンナ
フランキンセンス
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
アフリカへの個人旅行のコンサルティングから各種リサーチ、番組企画、街角情報、芸能談義など情報満載
アフリカへの個人旅行のコンサルティングから各種リサーチ、番組企画、街角情報、芸能談義など情報満載