1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん

  海外エリア: アフリカ > タンザニア の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
9月<2022年10月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記事一覧

1 - 5件目まで(31件中)

キリマンジャロを見たくて、1
キリマンジャロを見たくて、(タンザニア)ダルエスサラム→モシ
エリア:
  • アフリカ>タンザニア>ダルエスサラーム
  • アフリカ>タンザニア>キリマンジェロ
テーマ:鉄道・乗り物 世界遺産 
投稿日:2000/10/31 11:45
 昨晩、ザンジバルを出た我々を乗せた船は、朝6時、朝焼に染まるダルエスサラムの港に到着。
 港に降りると、その足でバスステーションまで歩き、モシ行のバスに乗る。

 キリマンジャロのふもと、モシの街迄5〜6時間と聞いていたので、お昼過ぎには着くだろうと思っていたら、工事中で片側一車線だけの道路が延々と続き、道は大渋滞。
 それでものろのろと何とか進んでたのに、とたんに車の列は1時間以上も全く動かなくなってしまう。

 バスから降りて、連なる車の列の前方を見てみると、大きなタンクローリーが2台、真っ黒焦げになって道の真中に横たわっていて、今、クレーン車でそれを移動しようと作業中なのだ。これは時間が掛かりそうだ。
 2台のタンクローリーの後ろにもう1台、黒焦げになって横たわるワゴン車の姿もある。背筋がゾッとする光景だ。

 ようやく事故車の撤去が終わり、バスが進み出したのもつかの間、例によってバスは故障。乗務員の人はバスの下にもぐり込み、何やらディーゼルエンジンの部品らしき物をはずしたり、つけたり、はずしたり、洗ったり…。

 そんなこんなで、お昼過ぎに着く筈だったモシには、夕暮れ時、午後5時頃到着。
 まあ、まだ明るい内に着いて良かった。

 見晴らしの良い、中心街の外れにあるYMCAに宿を取り、キリマンジャロ山の見える部屋をリクエスト。

キリマンジャロを見たくて、1
 夕闇に沈みかけた、雲に囲まれた巨大なキリマンジャロの影がうっすら見える。そして、雲のすき間から万年雪をたずさえた頂き少しだけが顔を出している。
 明日、晴れますように…。


【食事】

朝:なし
昼:野菜スープ、ご飯
夜:ピラフ

【トラベルメモ】

1US$ = 800TS(タンザニアシリング)

・ストーンタウン→ダルエス 船フライングホース号 夜21:00発 翌6:00着  30US$/1人(往復) 帰便はオープン TC払可
  外国人は専用室で横になって寝れると聞いていたが、地元の乗客と一緒に座席で座って寝る。どうやら、フライング・ホース号は大小2種類あるようで、大きな方なら横になれるようだ。チケットは往復で事前購入。10/25参照。
イルカと泳ぐ☆ 1

・バス ダルエスサラム→モシ
9500TS/1人
ダルエス発の長距離バスは全て郊外のバスステーションから出発するが、従来の街中のバスステーション周辺にもバス会社のオフィスがあり、切符はそこで買える。まだ郊外バスステーションまでそこから無料で送迎してもらえる(だだし送迎バスの時間は決まっているので、事前にチェックが必要)。

【宿】(タンザニア)YMCA 15US$/W1室 朝食付
キリマンジャロの眺め良し

NoPhoto
イルカと泳ぐ☆ (タンザニア)ザンジバル島のストーンタウン⇔キジムカジ→ダルエスサラムへ
エリア:
  • アフリカ>タンザニア>ザンジバル
テーマ:マリンスポーツ 世界遺産 
投稿日:2000/10/30 11:33
 昨日の何もする事ができない辛い一日を越え、やっと今日という日がやって来た。
 さあ、今日は何をしようか。
 
 ザンジバル島のウエストコースとの北端近くのギジムカジという所で、イルカと泳げるとの事なので、行って見る事に。
 「まさかまさか、ビーチに囲いを作って、その中で飼われているイルカと泳ぐんじゃないの。」なんて、「イルカと泳げる」というフレーズに疑念をいだいていたのだが…。

 ストーンタウンからキジムカジのビーチまで車で1時間半。
 朝の海は干潮で、干上がっている遠浅の海を7〜800m歩いて、ボートの停泊している所まで歩く。

  イーストコースト・パジェの海と比べると、見劣りしてしまうが、それでも青く透き通る遠浅の海とエメラルドグリーンの沖の海とのコントラストが美しい。

 浅瀬のヘリから、深度を深めた海に泊まっているボートに乗り込む。
 ボートは浅瀬のヘリに沿うように進んで行くと、ボートのおじさんが少し先を指差しながら、
 「イルカがあそこにいるから、準備をして。写真は後からでも撮れるから、まずはシュノーケリングをした方が良い。」
と言うので、マスクとフィンを付けて、待機。

 いるいる、幾つものイルカのクイッとわん曲した背中と背ビレが水面を躍動している。

 「Go! クリックリー!!」おじさんが叫ぶ。
 フィンを着けた足をバタバタさせ、我々は一斉に海に飛び込むも、イルカの泳ぐスピードはとても速い。
 イルカが群れている所目掛けて飛び込んだつもりだが、イルカはもう通り過ぎて行ってしまっている。頑張って追いかけるも、イルカ達は海の下へ潜り込んで行ってしまい、かすかに尻尾と影が一瞬見えた程度。

 水面から顔を上げ、またイルカが上がって来て、背中を出していないかと探しながら海を見渡すと、かなり遠くにその姿が。
 「上がって来い」とおじさんが、手招きをするので、フィンとマスクを取って、一旦、ボートの上に戻る。
 ボートは、再び遠くへ泳いで行ってしまったイルカの姿を追う。

 ボートがイルカに近付いてくると、おじさんはまた、
 「キープ レディ(準備はいいか!)。Go!! クイックリー クイックリー!!」
 今度は、イルカが進む方向を予測し、そちらを目掛けて飛び込み泳ぐ。
 今度は、水面下ギリギリを滑るように泳ぐイルカ達のうしろ姿が、ハッキリ見える。

 が、頑張って追いかけるも、イルカに追いつける筈も無い。イルカ達はあっという間に視界の外へ。うしろ姿がハッキリ見えたと言っても、ものの2〜3秒だろうか。

 そして、またボートに戻り、ボートはイルカを追いかけ、おじさんの号令とともに急いで海に飛び込み、全力で泳いで、イルカのうしろ姿を追う。
 これの繰り返し。

 まるで、コマンドーの訓練をしているかのようだ。

 こんな事を5回も繰り返し、ヘトヘトになってボートに戻ると、運良く、今度はイルカの方から、ボートの前に姿を現した。すかさず飛び込む。

 いる。隣をイルカが泳いでいる。イルカの隣で自分が泳いでいる。
 何頭ものイルカのすぐ横を自分が泳いでいると、まるで自分もイルカになってしまったかのようだ。

 それでも、イルカと並んで泳げたのは5〜6秒程。またボートに戻り、6回目の正直。
 同じボートに乗った白人の何人かはもう疲れたのか、あきらめて、ボートの上からカメラでイルカの姿を追っている。

 「海の上からなら、これまで何度もイルカを見たし、これからもそのチャンスはある。でも、一緒に泳ぐチャンスなんてもうないかもしれない。」
そう思って我々はあきらめずに、おじさんの号令と共にまた飛び込む。

 「レディ、ゴー!!」「バタバタ… ドボン」。

 また、イルカの尾しか見えない。一生懸命追いかけるも、イルカは水中に潜って行ってしまう。
  「また、だめか」と思いつつも、イルカが潜って行った海の底を見入ると、イルカ達は比較的浅い、海面からのぞく我々の視界の範囲におり、その影を追って我々は必死に泳ぐ。

 すると、今度はイルカの方からこちらをめがけて、上ってくるではないか。
  「キューッ、キューッ」鳴き声が聞こえる。
 細長い口先。クイッと上がった口元とかわいらしい目。体をくねらせ、ドルフィンキックで優雅に泳ぎ、じゃれ合いながら6〜7頭のイルカが向かってくる。

 「オーイ、こっちへおいで」思わず手を振った。

 イルカ達は見る見る近付いて来て、やがて、自分はイルカの群れに取り囲まれてしまう。

 手足をばたつかせる変な生き物の様子を伺っているのか、ただおかまいなしに泳いでいるだけなのか、しばらく自分のまわりを取り囲むようにイルカ達は行ったり来たり。
 あまりに近付きすぎて、かまれたり体当たりされたりしないかと、少し怖い。手を伸ばせば触れられそうだ。

 やがてイルカ達は同一方向へ向かって泳ぎだし、人間の自分は置いてきぼりに。 イルカの尾を追いながら、もう一度手を伸ばして振ってみると、一頭のイルカがくるっとターンし、こちらに向かって来た。

 イルカは目の前で体を横にして止まると、頭を上下に振って、どうやらこちらを伺っているようだ。または何かを言っているのか、あいさつでもしてくれたのか。

 そして、間もなくそのイルカは群れのもとへ戻って行ってしまった。

 イルカ達が視界から去ると、水面から顔を上げ、Junkoと2人で手でOKサイン。2人とも興奮覚めやらない。

 詳細な描写は避けますが、見た所、イルカ達は大事な部分も露わで、どうやら愛の営みの真っ最中。
 おじゃましちゃってごめんね。

 夜、ダルエスサラム行の夜行の船の上で揺られながら、 夢でまたイルカと泳ぐ。


【食事】

朝:揚げパン
昼:ココナツミルクカレー
夜:チャパティ

【トラベルメモ】

1US$ = 800TS(タンザニアシリング)

・ストーンタウン発キジムカジ・ドルフィンツアー 
昼付 1人15〜25$ 我々は20$/1人のツアー レンタルマスク 1000TS レンタルフィン 1000TS 朝8:00〜9:00発  イルカはとても早いので、それなりの泳力は必要。フィンも必要。ツアー会社の人の話だと、イルカと泳げる(会える)確率は90%とのこと。 つまり、少なくとも10回に1回は空振りと言うことで、運もある程度必要かも。

・船(夜行) ザンジバル→ダルエス フライングホース号 30US$/1人(往復) 帰便はオープン TC払可
 夜21:00発 翌6:00着 外国人は専用室で横になって寝れると聞いていたが、地元の乗客と一緒に座席で座って寝る。どうやら、フライング・ホース号は大小2種類あるようで、大きな方なら横になれるようだ。チケットは往復で事前購入。
イルカと泳ぐ☆ 1

選挙の日は危ない?1
選挙の日は危ない?(タンザニア)サンジバル島のストーンタウン
エリア:
  • アフリカ>タンザニア>ザンジバル
テーマ:その他 
投稿日:2000/10/29 11:25
今日のストーンタウン、やけに静かだ、静まり返っている。

選挙の日は危ない?1

 もちろん、日曜日だからと言うせいもあるが、今日はザンジバルでは選挙があるのだ。
 そのせいで、島のほぼ全ての経済活動はストップ。

 昨日の午後、パジェから戻って来た後、幾つか旅行会社をあたってみたが、今日は全てのツアー、手配ともできないと断られてしまったのだ。
 おまけに、昨晩、いつもの港のシーフードの屋台街や、マーケットの近くの安飯屋街ともほとんど店は出ておらず、夕刻に出向いた我々は肩透かし。

 ある旅行会社のおじさんの話では、
 「選挙の日は何があるかわからないから、ホテルでじっとして、外に出ないほうが良い。」
との事。
 と言う訳で、今日は本当に何もする事の無いつらい一日となってしまった。

 お昼過ぎ、耐え切れず、パンぐらい売っているだろうと恐る恐る街に出るも、ほぼ全ての店という店は閉まっている。ほんの幾つか、露店のバナナ売りがいる程度。仕方なく、昼は宿でカビパンをむしる。
 何も好きこのんで、カビパンを食べている訳ではない。もしもの時にと非常食用に買っておいたパンの表面にカビが生えてしまっていたので、慎重にカビをむしり捨てて、食べているのである。

 午後はあまりにも何もする事が無いので、部屋のベッドのカヤの中でムリヤリ昼寝。このような状況下では「一体、自分はここで何をやっているんだろう。」とか、つい考えてしまう。
 もしかしてこの先、厳格なイスラム教国で断食月(ラマダン)とかにあたってしまったら、この苦しい状況が何日も続くこともあるかも知れない。そんな事まで頭をよぎる。

 夕方、もしかしたらと一分の願いを懸けて、港の屋台街へ。
 いつものシーフードのバーベキュー屋などは全くいないが、何と一軒だけ屋台が出ているではないか。
 そこで食べた焼きたてのチャパティがおいしかった事。

 チャパティを食べたら、宿に帰ってさっさと寝よう。
 早く明日が来るように。


【食事】

朝:パン、ゆで玉子、フルーツ
昼:カビパン
夜:チャパティ

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 800TS(タンザニアシリング)

【宿】(ザンジバル・ストーンタウン)Warere Guest House 16US$/W1室 朝食付き TC払可

コバルトブルーの海1
コバルトブルーの海 (タンザニア)ザンジバル島のパジェ→ストーンタウン
エリア:
  • アフリカ>タンザニア>ザンジバル
テーマ:ビーチ・島 世界遺産 
投稿日:2000/10/28 11:14
 ここは、ザンジバル島の東海岸。
 早起きをして、まずは満潮の海の向こうから昇る朝日を拝む。
 
コバルトブルーの海1

 水平線に浮かび上がる太陽のまばゆい陽射しが光の帯を作り、穏やかな波に乗ってゆらめく。
 日が昇りきると、潮はどんどん干いて行き、澄んだ海の色は、たちまち淡いコバルトブルーに。

 干上がった浅瀬では、何やら貝や海草やらを採って歩く村民の姿も。
 美しく穏やか。静かで平和な風景だ。

 ただのんびりと、この美しい海とビーチを眺めているたら、あっという間に午前も11時過ぎ。
 「またいつか、今度はもっとのんびり来よう。」と車で再びストーンタウンへ。

 我々はまだまだザンジバル初心者。明日、あさってとかけて、この島の他のスポットも訪れてみたいので、今回は一泊で我慢。そう思ってストーンタウンに戻ったのだが、まさかそんな事になってしまうとは。。。


【食事】

朝:目玉焼き
昼:ピラフ
夜:ジャガイモサラダ、ちょっとスパイシーな牛肉入りピラフ(大盛で300TS。おいしかった。マーケット近くの屋台にて)。

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 800TS(タンザニアシリング)
・ワゴンのトランスポート イーストコースト(パジェ)→ストーンタウン 3000TS/1人 1.5〜2時間

【宿】(ザンジバル・ストーンタウン)Warere Guest House 16US$/W1室 朝食付き TC払可

世界一美しい☆楽園のビーチ 1
世界一美しい☆楽園のビーチ (タンザニア)ザンジバル島のストーンタウン→パジェ
エリア:
  • アフリカ>タンザニア>ザンジバル
テーマ:ビーチ・島 世界遺産 
投稿日:2000/10/27 11:02
 ザンジバルは活気があり、とても賑やかな島だ。  朝、頼んでおいたワゴンの車で島のイーストコーストに向かうと、ストーンタウンを出て、しばらくの間、かなりの広範囲に渡って道沿いに絶え間なく家々や商店が並び、沢山の車や人々が道を行き交う。

 だが、イーストコーストへ近付いていくと、やがて家並みはまばらになり、ヤシの木をバックにブッシュの間を抜けると、小さなパジェの街とイーストコーストのビーチがお目見えする。

 昨日行ったプリズン島の海は確かにキレイではあったが、他の世界の美しいビーチと比べてしまうと、「まあ、こんなものか」と言った程度。ゾウガメに会いたい人以外は特にわざわざ行く必要もないだろう。

 しかし、このパジェのビーチと海を見て驚かされた。
 旅立つ前、どこかのサイトで、「ザンジバルの海が世界で一番美しい」と断言していたのを見て、「それは言い過ぎだろう」と思っていたのだが、

 タヒチもモルジブもカリブもグレートバリアリーフも行った事がある私が断言させて頂きます。これまで世界中、色々な所へ行きましたが、私がこれまで見た中で、
 「ここ、ザンジバルの東海岸、パジェのビーチが世界でも最も美しい!!」

世界一美しい☆楽園のビーチ 1

 どこまでも続く遠浅の海は1日を掛けて、潮が干満し、コバルトブルーから、エメラルド、ペパーミント色と刻一刻と色彩を変えて行く。

 サラサラのパウダーのような白砂は時に砂州となり、干潮時のコバルトブルーに真っ白なコントラストを与え、時に、波打ち際で白波と混じり、クリーム色にざわめき、満潮時にはエメラルドの海をまるでクリームソーダか乳酸菌入りのメロンジュースのような一面ペパーミントグリーンに染める。

 ヤシの木が並ぶビーチに人影もまばら、近代的なウォータースポーツの騒がしさとも全くの無縁で、波と風と海風に揺れるヤシの葉の音しかしない。

 「楽園はここにあった!」

  これまで、サンゴ礁の美しいエメラルドグリーンの海は幾つも見てきているが、こんな色合いの海は初めて見る。しかも、時々に変化する色合いがまた美しく、目が離せない程だ。

 ストーンタウンからここパジェまでは、車で2時間弱。朝10時過ぎには、パジェのビーチサイドのパラダイス・ビーチ・バンガローで水着に着替え、早速干潮の海を沖に向かって散歩に出る。

 所々、パウダーサンドの砂州が顔を出し、深くてもふくらはぎ位までしかない浅い海が沖に数Kmも続いている。
 青く透き通るコバルトブルーの水が、光の帯を作りキラめく。

 たまに群生するウニを踏みつけない様に注意しながら、1km程ゆっくり進んで、半径1m程のサンゴが、水面から顔を出しているのを見つけると、サンゴの上にサンダルやタオルなどを置いて一休み。

 浅い海に腰を下ろして海水に肩までつかると、水は強い陽射しに程良く温められていて、ぬる目の温泉気分で心地良い。
 マスクを着けて、サンゴのまわりを観察すると、色々な種類の小さな魚たちが結構いて、充分シュノーケリングも楽しめる。

 午後1時を過ぎた頃から、潮はどんどん満ち始め、海の色はエメラルドグリーンから、ペパーミントグリーンへ。

 ただ、海を眺めているだけで、その圧倒的な美しさに時間を忘れさせられてしまい、あっという間に1日が過ぎて行く。

 もし、ナミビアが初めて訪れた国だったら、ナミビアのサバンナや砂丘も捨てがたいが、初めて見るパジェの海は間違いなくこの旅のベスト・スポット候補No.1☆

 「世界には我々の知らないすごい所がまだまだあるんだな。」
改めて思い知らされた。

 写真は評判だけでは分かりません。実際に来てみて見てみないとネ。


【食事】

朝:パン、玉子、フルーツ
昼:パン
夜:イカサラダ、揚げ魚の煮付け

【トラベルメモ】

1US$ ≒ 800TS(タンザニアシリング)
・ワゴンのトランスポート ストーンタウン→イーストコースト(パジェ) 3000TS/1人 1.5〜2時間 ストーンタウンの旅行会社で予約
・マスクレンタル(下記宿にて) 1000TS

【宿】(パジェ)パラダイス・ビーチ・バンガロー 35US$/W1室 朝食付
在住日本人が経営。この日は留守で会えませんでした。 ロケーションは最高 
夕食:4200TS 和風 おいしいと評判がいいが、この日は高い割にはイマイチでした。

1 - 5件目まで(31件中)