1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. イチローとジュンコさん

  海外エリア: アジア > 韓国 の他のブログはこちら|

イチローとジュンコの夫婦珍道中

~バックパッカー日記~

プロフィール

ニックネーム:
イチローとジュンコ
居住地:
東京都
自己紹介:
2000年9月 日本を旅立ったイチローとジュンコは、飛行機で、南アフリカ・ケープタウンに降り立った。
二人はそこから日本まで、飛行機を使わずに、陸路と船のみで帰る。
アフリカ大陸南端の喜望峰から日本まで、アフリカ、東西ヨーロッパ、中東、シルクロードとまるまる1年かけての、夫婦珍道中。
野宿もしました。ゴリラと挨拶もしました。サハラを越え、ヒマラヤを越え。。
大自然、世界遺産、カルチャーショック、紛争の傷跡、そして、多くの出会い。
2001年8月無事帰国した二人の旅を振り返って、番外編コラムを掲載します。

カレンダー
6月<2022年07月>8月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記事一覧

1 - 5件目まで(31件中)

NoPhoto
ソウル・軽わざ (韓国)ソウル
エリア:
  • アジア>韓国>ソウル
テーマ:街中・建物・景色 旅行準備 
投稿日:2001/07/31 12:01
 先進国、韓国。その物価は思っていたよりも高い。

 お昼に入った有名なビビンパ屋では、石焼ビビンパが7000W(700円)、チジミが10000W(1000円)。
 中国では物価がむちゃくちゃ安かっただけに、物凄く高く感じられる。

 でも、そんな韓国のソウルを、安く楽しくあげるためにワザがあるのだ。

 石焼ビビンパとチジミをたいらげた我々が、次に向かった大きなビルの地下にある有名免税店。
 ここでは無料でコーヒーを何杯でも飲めるのだ。

 食後のコーヒーブレイクを済ますと、今日もソウルの街に降りしきる雨を、避けるように観光案内所へ。
 広くてキレイなソウルの観光案内所には、テーブルとイスが沢山あり、自由にくつろげる。オープンエアのテーブルでは、飲食もOKだ。

 おまけに無料でインターネットもし放題。PCは10台程あり、情報収集やヒマつぶしにはもってこいだ。

 ソウル繁華街の大型デパートの地下食品街では、試食もさかん。
 こちらのおばさんは、日本人のおばさん以上にパワフルで、ベーカリー前に出されたカステラ風のパンの試食には、皆奪い合いで腕を延ばす。
 「早くしないと、なくなっちゃうよ!!」
と自分をせかすJunko。あわてて自分も手をのばすと、試食用のパンカゴにかろうじて残っていた崩れまくったパンクズを、グーで握って口に運ぶ。

 一向に弱まらない雨足。夜はコンビニでパンとエビセンを仕入れて部屋で食べる。
 コンビニでは、おにぎりもカップラーメンも24時間売っている。
 韓国ならではの辛口カップラーメンや、キムチツナオニギリなどを、コンビニで楽しむのも、また面白いものだ。


【食事】

朝:パン
昼:石焼ビビンパ、海鮮チジミ
夜:パン、エビセン

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)
・ 東和免税店 タダでコーヒー飲み放題
・ 韓国観光公社 タダでインターネットし放題、広い共同スペースも居心地抜群。スタッフも皆親切。

【宿】(ソウル)東山旅館 15000W/W一室

52カ国目、韓国入港  1
52カ国目、韓国入港 (韓国)仁川→ソウル
エリア:
  • アジア>韓国>韓国その他の都市
  • アジア>韓国>ソウル
テーマ:街中・建物・景色 ホテル・宿泊 グルメ 
投稿日:2001/07/30 11:44
 ついにこの旅の最後の訪問国、韓国に到着。

 船が到着した仁川の港で入国を済ませ、ハングルの看板が並ぶアスファルトの街角に出る。

 空からは雨。雨粒を避けて地下道へ。
 地下道はショッピングセンターとなっており、列車の駅まで続いている。ブティック、靴屋、携帯電話ショップ等々、日本の駅前の地下商店街を彷彿とさせる。
 駅の改札の近くでは、日本にもいがちな、目をあわせたくない不良風の若者達がたむろしている。

 切符は自動販売機でも買えるが、韓国初心者の我々、大事を取って窓口で購入。
 自動改札に切符を通して、ホームでソウル市街への列車を待つ。列車はソウル市街の地下鉄へと乗り入れている。
 間もなく現れた列車、中は日本の地下鉄にそっくりだ。

 ソウルの鐘閣駅で列車を降り、階段を登って地上に出る。
 外は相変わらずの雨。

 伝統工芸品街、仁寺洞の、うどん屋の脇の路地に見つけた、安宿の看板の下の門をくぐる。
 「アンニョハセヨー!!」
 小柄で人の良さそうなおばさんが迎えてくれる。
 W一室15000W(=1500円)。狭いが、ソウルの中心街のロケーションでこれはお値打だろう。

 部屋にはクツを脱いで入る。テレビと敷き布団が用意されている。

 街並、地下鉄、クツを脱ぐ部屋に敷き布団、そして道行く人の顔、格好、何から何まで日本そっくりだ。

 韓国初日、あいにくの雨だが、それでも我々の「韓国でのお楽しみ」が流れる事はない。
 夜、早速ソウルの街角で、プルコギをつつく。

52カ国目、韓国入港  1

 そう、これが、我々の韓国の旅でもくろむ最大の「お楽しみ」。雨だろうと、台風だろうと、猛暑だろうと、構ったことではない。

 今日、今ここから我々の「アフリカ喜望峰から日本へ」の旅最終章、「韓国食べまくりの旅」の幕が開く。


【食事】

朝:桃、梨、月餅
昼:パン
夜:プルコギ、トッポギ(甘辛煮の細長ダンゴ)

【トラベルメモ】

1$≒1000W(韓国ウオン)

【宿】(ソウル)東山旅館 15000W/W一室

船で韓国へ  1
船で韓国へ (中国)天津→韓国へ
エリア:
  • アジア>中国>天津(テンシン)
テーマ:鉄道・乗り物 
投稿日:2001/07/29 11:37
 朝、宿をチェックアウトすると、道をはさんで向かいにある団地の入口に出ていた屋台で、露天のテーブルの横に荷物を置いて、朝食に、豆乳やワンタンスープを取る。中国最後の朝に、湯気とともに漂うようこの雰囲気を、しみじみと味わう。

船で韓国へ  1

 「○×○△◎…?」
 「???」
市バスに乗って、早目に港に行って、チェックインカウンターが開くのを待っていると、突然、おじさんとお姉さんに、ハングル語(韓国語)で話し掛けられる。

 我々の様子を見て、韓国人ではない事が分かった様だ。
 「日本人ですか?」
日本語が喋れるようだ。

 「アルバイトをしませんか。荷物を運んでもらうと、1人50000ウォン(5000円)です。税関は問題ありません。韓国に着いた後、少し時間が掛かります。」
 見ると、そのおじさんとお姉さんの仲間らしき人達が、客船ターミナルの建物の前で、何やら荷物をダンボールから出して、大き目の手提げに小分けに梱包している。その手提げを、韓国行きのフェリーの乗客に、バイト代を払って運んでもらうつもりのようだ。

 荷は、くつか何かの様に見える。周りを見渡すと、どうやら船の乗客のほとんどは韓国人。そのあやしげなバイトを頼んでいるのも受けるのも韓国人だ。
 でも我々は日本人、税関は問題ないと言われても、韓国語はわからないし、くつの様に見えても実際何を運ばされているのか分からない。

 だいたい、ただ荷を運ぶだけで5000円のバイト代は、割が良すぎる気がする。上手い話程気を付けなければ。
 「ごめんなさい。」
と、お断り。

 ただでさえ、天津の街のそちこちにはハングル文字が見られ、朝鮮半島が近付いて来たなと思わせられていたのだが、船に乗り込んで見ると、中国の天津に停泊中にも係らず、もうそこはすっかり韓国の雰囲気だ。

 乗客、乗員は皆韓国人、船内の表示は全てハングル文字、そして、レストランでは韓国料理のメニューが並び、全て料金表示は、韓国通貨のウォンになっている。自動販売機では、日本のコインとそっくりの、ウォンのコインのイラストが描かれている。レストランから立ち込める、コチジャンの臭いがたまらない。

 船は中々立派なもので、我々は一番安いエコノミー切符だったのだが、指定席ならぬ指定ベッド、共同浴場やカジノまである。
 ロビーのTVでは韓国のWow Wowのような衛星放送で、次から次へとひっきりなしに映画が放映されている。韓国映画やハリウッド映画に混じって、シャル・ウィ・ダンス他、日本映画も字幕付で放映されている。韓国では日本の映画は上映禁止だと聞いていたが、それはあくまでも一般的な映画館での話らしく、もう長く、このような形や、ビデオでなら、公然と黙認されているらしい。

 「海の上に出ちゃえば、船から見える景色は、インド洋も地中海もここも、そう変らないね」
船の丸い窓の外に、暗み行く、何だか不気味にも思える、えんえんとくねり動き続ける広大な海原を見ながら、ロビーのソファーに腰掛けて、暇つぶしにくつろいでいると、後ろから、
 「日本人ですか?」

 またあやしいバイトか何かの話かと思って振り向くと、若い女性が2人、にこにこしている。彼女達は大学生で、夏休みを利用して中国を旅行した帰りだそうだ。
 一人は学校で日本語を勉強していたそうで、お互い暇な船上と言う事もあって、カタコトの日本語であれこれ談笑にふける。

 「韓国は初めてですか?」
 「はい、初めてです。」
 「韓国では何をしますか?」
 「おいしい物を色々食べたいですねぇ。キムチにカルビ、プルコギにチジミ…」

 「よかったらソウルに着いたら連絡下さい。案内しますよ。」
と、電話番号とe-mailアドレスをメモしてくれる。
 何だか幸先いいね。

 アフリカから旅を始めて11ヵ月余り、ついに日本のお隣、この旅最後の国、韓国に入る。
 最後の最後、おいしい物をいっぱい食べて、いっぱいゆっくりして行こう。


【食事】

朝:揚げパン、豆乳、ワンタン、麻花(天津の名物のお菓子)
昼:チーズパン、クッキー、月餅
夜:チャーシュー、パン

【トラベルメモ】

1$=8元(中国元)
・天津→韓国・仁川 11:00発 翌14:30着 両替は船のカウンターでしてくれる。又、韓国の中国大使館前のおばさんもしてくれるそうだ。

天津・塘沽  1
天津・塘沽 (中国)北京→天津
エリア:
  • アジア>中国>北京(ペキン)
  • アジア>中国>天津(テンシン)
テーマ:街中・建物・景色 ホテル・宿泊 
投稿日:2001/07/28 11:28
 我々は、明日の船で、天津港から韓国へ向かう。そういう訳で、今日は大事をとって、一日早く列車で天津へ向かう。

 天津駅のある天津市内は、北京程大きくはないが、北京以上に洗練された大都会で、安宿の情報もない。そこで、天津駅よりぐっと港寄りの塘沽駅まで、列車に乗る。

 中国沿岸部の主要都市をひんぱんに結ぶ路線は、これ迄乗って来た長距離列車より更に近代的な車両で、今回我々が乗った列車もオール2階建車両だ。

 天津の塘沽駅へ降り立つと、背中の荷物をおろし、Junkoに荷物の見張番を頼んで、一人街へ探索に出る。実はここは塘沽地区の情報はほとんど持ち合わせておらず、地図もない街で、足と勘を頼りに、安宿探しに出たのだ。

 これ迄旅してきたシルクロードの街のような観光地でもなければ、北京や天津市内の様な大都市でもない。きっと安宿があるはずだとふみ、情報不足を承知で塘沽に乗込んできたのだ。
 人や車の流れをよみ、にぎわいを漂わせる方へと足を向け、道行く人や路端で立話をしているおばさんなどに話をきく。

 そうして幾つか見つかった宿の内、一軒の「招待所」では宿泊を拒まれてしまう。恐らく外国人の宿泊は許可されていない宿だったのだろう。
 そして一軒は、中に入ると未だ建設中。
 バスターミナル近くの一軒は、悪くない感じではあったが、Junkoが待つ駅からは遠い。明日向かう港行の市バスは駅前から出るし、重い荷物を背負うのであんまり遠くは避けたい。

 ようやく見つけた一軒、外から見るとかなり老朽化した建物に見えたので、恐る恐る中に入ってみると、外から見えたのは事務所か何かの建物で、客室の建物はまあそこそこだ。
 カウンターには英語の表示もある。「海晶賓館」という名前から見て、港に出入する外国人も使うホテルなのだろう。

 ドミトリーは一人15元(200円位)、うん安い。でも今日は中国最後の夜、せっかくいい安宿を見つけたのだからと、ふん発して、W一室80元の部屋にチェックイン。
 窓から入るそよ風が気持ちよく、静かでいい所だ。

 そして、事前にほとんど情報を持っていないここ「知らない街」を、ぶらぶらと歩いてみる。
 観光地でも繁華街でもない天津・塘沽。団地風のアパートが並び、天津市内行のバスがひっきりなしに行き交う住宅地だ。

天津・塘沽  1

 その中心にある小さな市場が、また、住宅地ならではの極めて庶民的な趣き。そんな市場で買い食いしたり、明日の船の旅に備えて、おやつや食料を買ったりするのが楽しいのだ。

 「ここ、中々落ち着けていい所だね。」
 「最初からわかってたら、何泊かするんだったね。」

 既に韓国行の切符は購入済、明日には立たねばならない。

 夜は、市場前の屋台でのテーブルでディナー。
 チャーハンに、野菜炒めに、海鮮スープ。どれも相変わらずの大盛なのに、相変わらずの安さ。これで15元しかしない。

 ついこの間まで胃疲れしてたと思ったら、
 「こんなに食べれるかな?」
とか言い合いながら、今日は2人でぺロッとたいらげてしまった。
 どうやら、胃の方も、中国に慣れて来てしまったようだ。

 「こんな調子で毎日食べてたら、きっと太っちゃうよ。」
それで中国人は、毎朝、毎晩、外で太極拳やダンスをして体を動かしているのだろうか。

 そう言う訳で、ここら辺が潮時で、丁度良かったのかも、少々心残りがある程度で中国をたつ位が。
 何でも腹8分目がいいって言うもんね(?)


【食事】

朝兼昼:セロリ、キクラゲ等がのった中華冷麺とサラダ、桃、梨
夜:野菜炒、海鮮スープ、チャーハン

【トラベルメモ】

1$=8元(中国元)
・ 北京→(天津)塘沽 列車 2時間 40元

【宿】天津(塘沽)海晶飯店 82元/W(ドミは一人15元より)

北京ダック  1
北京ダック (中国)北京
エリア:
  • アジア>中国>北京(ペキン)
テーマ:街中・建物・景色 グルメ 
投稿日:2001/07/27 11:23
 昨夜、万里の長城・黄花城の上で夜を明かした我々。
 夏の北京の街中はかなり蒸し暑いのだが、さすがに、郊外の黄花城の上で迎える明け方は、冷え込み、朝は寒さに目を覚まさせられる。

 すがすがしい朝の空気を肺いっぱいに深呼吸すると、長城・黄花城を下りる。

 畑地に囲まれてた黄花城、細い道路によって2つに分断されている。
 「この道は、日本がここの長城を壊して作ったんだよ。」
と、道沿いただ一軒あるお店のおばさん。もちろんの事の真偽は定かではない。

 全く未整備で草ぼうぼうの黄花城、観光客向けの施設など全くないのかと思っていたら、池の向こうに小さい真新しいホテルが一軒ばかり。ここもいつまで、こうして無料で自由に立入る事ができるだろうか。

 今日は、我々2人の最後の北京。明日は天津へ立つ。

 黄花城上で一泊して万里の長城も満足した。そして最後の最後は、「最後の晩餐」だ。 北京で、最後の晩餐にふさわしくは、そう、「北京ダック」!!

 黄花城へ一緒に行った面々と、更に2人の日本人旅行者を加え、総勢7人で夜、わざわざ北京中心街、前門の繁華街へくり出す。

 レストランの個室の真中のには、もちろん円くクルクル廻るテーブル。
 そして、表面がこんがりと焼かれた北京ダックが登場。エビアンカケのオコゲも「ジュワッ」といい音を鳴らしている。湯葉料理も美味しそうだ。

北京ダック  1

 テーブルをぐるぐる廻して、さんざん舌筒を鳴らし、お腹いっぱい食べて、お会計をきくと、一人当り16元。250円もしない。
 北京ダックまで頼んだフルコースで250円なんて、マクドナルドより安い!!皆その価格に感動している。

 北京ダックを北京で食べて、ここに北京での日々のクライマックスを迎えたのだ。


【食事】

朝兼昼:キクラゲ他中華炒め料理
夜:(レストランディナー)北京ダック、湯葉包料理、おこげ、スープ他

【トラベルメモ】

1$=8元(中国元)

【宿】(北京)京 飯店 25元/ドミ一人

1 - 5件目まで(31件中)