1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅の情報
  3. 海外旅行の情報ブログ
  4. エアーワールドさんのブログ
  5. タヒチ記事一覧

特派員ブログ


  海外エリア: 南太平洋 > タヒチ の他のブログはこちら|

エアーワールドのブログ

〜スタッフからの最新情報盛り沢山〜

プロフィール

ニックネーム:
エアーワールド
居住地:
大阪府
会社名:
エアーワールド株式会社
会社英字名:
AIR WORLD CO.,LTD.
会社所在地:
東京都
業種:
旅行業
自己紹介:
エアーワールドでは、常にお客様の立場から、より安全で快適な旅行手配を安心してお任せ頂けますよう、お問い合わせの段階から、迅速・丁寧を心がけております。パラオではすっかりお馴染みの、「アクアマジック」を利用したダイビングツアーから、ライセンス取得コース、体験ダイビング、現地オプショナルツアーなどの手配も承っております。是非、お気軽にスタッフまでご相談・お問い合わせください。

尚、ブログは、大阪営業所のスタッフが中心に更新しております!

カレンダー

11月<2017年12月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

ゴーギャン
タヒチのゴーギャン博物館
エリア:
  • 南太平洋>タヒチ>パペーテ
テーマ:鑑賞・観戦 
投稿日:2011/01/05 13:39
コメント(0)
南太平洋の極上のブルーラグーン、緑の島々と優しい人々を愛した偉大な画伯ゴーギャン。

タヒチ1

彼が愛してやまなかったタヒチ島パペーテから約50キロに【ゴーギャン博物館】があります。

美術音痴の私でさえもタヒチで必ず行ってみたいところがこの博物館でしたが...
入口にはガードマンのような人も見えず、入場券を売っているところもありません。

中に入って呆然、ゴーギャンの年表や彼が使っていたものの展示があって、色が薄れたレプリカや絵画の写真が展示されていて、当然の事?ながらオリジナルの作品は1点もありません。

タヒチアンダンス

見覚えのある絵画の下には【本物は岡山県の倉敷美術館所蔵】と書いてあり、ゴーギャンが描いた本物の絵画は、多分世界各地の有名美術館でしか見ることが出来ないのでしょうネ〜。

【我々は何処から来たのか、我々は何者か、我々は何処へ行くのか】

我々は何処から来たのか

何となく解ったような解からないような...。

【博物館】を【美術館】と思い違いしていた私が全て悪いのですが...。

タヒチ
タヒチのナイトツアー
エリア:
  • 南太平洋>タヒチ>パペーテ
テーマ:ビーチ・島 
投稿日:2010/03/18 15:00
コメント(0)
パペーテの某高級ホテルのマネージャーから『今夜は私と割り勘でナイトクラブに行きませんか?』と、とても嬉しいお誘いがありましたので、二つ返事。

タヒチ水泳

ナイトクラブは大きめの小屋に安物のバンドが入っていて、昔のディスコのようなビヤガーデンのようなところですが『ナナ!なんと美しいお嬢様方が大勢踊っているではありませんか!』

テーブルに着くとお嬢様方がこちらを見てウインクをしていて、手招きで飛んできてくれたお嬢様の美しい足を見て『世の中にはこれほど大きいハイヒールがあるのか!』と、びっくり仰天。

低音のフランス語を聞いて始めて、お嬢様だと思ったのはお兄様だったことに気が付きました。
【どうやらタヒチには、ホステスさんが働いているナイトクラブは無さそうでした】

お勘定はホストさん2名でお飲みになったシャンペン1本の1万円と、私と友人が呑んだビール4杯で8千円の合計1万8千円也、1人当たり9千円の割り勘でした。

タヒチ島

こうして極めて健康的な、パペーテの夜が静かに更けて行きました。

1 - 2件目まで(2件中)

▲ このページのトップへ


国一覧

アジア
フィリピン(6)
ネパール(3)
マレーシア(3)
中国(2)
タイ(2)
韓国(1)
モンゴル(1)
台湾(1)
インド(1)
スリランカ(1)
ミャンマー(1)
ヨーロッパ
イギリス(1)
スイス(1)
ハワイ
ハワイ島(1)
ミクロネシア
パラオ共和国(10)
ポンペイ島(ポナペ島)(3)
オセアニア
ニュージーランド(1)
オーストラリア(1)
南太平洋
タヒチ(2)
北米
カナダ(10)
アメリカ西部(3)
アメリカ東部(2)