1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. バンスタブログの中の人さんのブログ
  4. バンコク・大使館からの注意喚起

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

---

~ビーチリゾートから屋台のご飯まで何でもお届けします。~

プロフィール
ニックネーム:
バンスタブログの中の人
居住地:
アジア>タイ>バンコク
性別:
男性
年代:
30代
会社名:
バンコク旅行センター
会社英字名:
bangkok ryoko center
会社所在地:
アジア>タイ>バンコク
会社電話番号:
66-2-237-9126
業種:
旅行業
自己紹介:
こんにちは〜
バンコク旅行センタースタッフのブログの中の人です。

タイの首都バンコクを中心にタイ全土の情報やお得なプロモーション情報など公開します。

カレンダー
12月<2020年1月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

バンコク・大使館からの注意喚起

2012/11/23 22:57
エリア:
  • アジア > タイ > バンコク
テーマ:
  • その他
在タイ日本大使館からの注意喚起、です。



「ピタック・サイアム・グループ」による反政府集会の実施に関する注意喚起
(11月23日現在)

1 タイ政府によれば,ブンルート退役陸軍大将らが率いる「ピタック・サイアム・グ
ループ」は,以下のとおり反政府集会の実施を予定しているとのことです。

【集会予定】
◎日 時:11月24日(土)午前9時頃〜
※11月25日(日)も継続する可能性があります。
◎場 所:ラマ5世騎馬像前
◎人 数:数万人規模の模様

2 このような状況の中,22日午前タイ政府はバンコク都内の3地区(ドウシット区,
プラナコーン区,ポム・プラープ・サトルー・パーイ区)に対して,22日から30日までの
期間にかけて国内治安維持法を適用することを閣議決定しました。同法の発動に
伴い,これらの地区においては状況に応じて,「一部交通手段の制限」,「移動規
制」,「検問所の設置」,「武器類所持禁止」,「公共施設への立入制限」,「安
全確保のための電子機器の一時使用禁止」等といった様々な規制が課される可能
性があります。

3 つきましては,上記のとおり国内治安維持法が発動された地区においては,状況
に応じて様々な規制が課される可能性があることから,事前に報道等から最新情報
の入手に努めるとともに,不測の事態に巻き込まれないよう,特に反政府集会が実施
されるラマ5世騎馬像周辺には可能な限り近づかない等,安全確保に十分注意を払
ってください。
  • この記事が参考になった人(0)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない


国一覧
アジア
タイ(659)