1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. バンスタブログの中の人さんのブログ
  4. 人体の不思議展 in バンコク

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

---

~ビーチリゾートから屋台のご飯まで何でもお届けします。~

プロフィール
ニックネーム:
バンスタブログの中の人
居住地:
アジア>タイ>バンコク
性別:
男性
年代:
30代
会社名:
バンコク旅行センター
会社英字名:
bangkok ryoko center
会社所在地:
アジア>タイ>バンコク
会社電話番号:
66-2-237-9126
業種:
旅行業
自己紹介:
こんにちは〜
バンコク旅行センタースタッフのブログの中の人です。

タイの首都バンコクを中心にタイ全土の情報やお得なプロモーション情報など公開します。

カレンダー
9月<2019年10月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

人体の不思議展 in バンコク

2013/06/04 17:05
エリア:
  • アジア > タイ > バンコク
テーマ:
  • 観光地
  • / 鑑賞・観戦
  • / 歴史・文化・芸術
人体の不思議展in バンコク http://www.human-body.biz/
人体の不思議展1



紹介文には、何気に凄いことが、妙にかる〜い感じで書かれていたりします。

2012年、日本からチュラロンコーン大学に貴重な人体標本が寄贈されました。
本物の人体をプラスティネーションという特殊な技術で加工し作られたこの人体標本は、水分を全く含まず、無臭で、容易に手で扱うことができます。人体の細部まで見る事で、自分自身の体を身近に感じ、「身体」、「健康」に興味を持ち、「命」の大切さに気づきます。

日本で2002年より「人体の不思議展」として、日本各地を回ってきたこの標本。約10年間で650万人が見た驚きのプラスティネーション標本がついにタイにやってきました。タイ国民はもちろん、さまざまな人種が集まるこの国で、これまで以上に衝撃と感動を与えて参ります。

展示標本は約130点。そのうち全身標本14体。

そして、英語版の紹介文には無いのに、日本語版の紹介文にはなぜか、「体験コーナーでは、自分の手で『脳』を持ちあげてみましょう」と書かれています。

人体の不思議展2

これまで以上に衝撃と感動を与えて参りますって、なんだろうこの選挙公約みたいなのはと思いながら、「2002年からの約10年、日本各地で約650万人...」となると、1年に約65万人。これは、1票の格差で注目の高知3区の選挙人登録者の3倍以上、最大格差の千葉4区の選挙人登録者よりも15万人くらいも多いのね、と変な比較をしていました。

実際には、ホルマリン臭が立ち込めるという感じではなく、予想以上にキレイ。脳は、体重の約2%だそうで、60キロの人だと約1.2キロ。置かれている標本は、少し軽いそうですが、持ってみると、こんなものかな、と。この小さな脳が、人の動きを支配していると思うと、確かに驚きではあります。大ヒットドラマの「仁-JIN」を思い出させるような胎児の標本などもあります。

興味のある方(無い人はまず行かないでしょうけど)、見たいと思いながら、結局650万人に入れなかった方、6月は月曜日を除く毎日10時〜18時(最終入場17時30分)に、BTSサイアム駅から徒歩5分程のチュラロンコン大学内「歯学部16(DENT16)ビル」9階へ。 タイの最高学府に、人体標本を見に行こう! って、かる〜い感じで。
タグ:
バンコク
人体の不思議展
  • この記事が参考になった人(3)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • この展示会、日本で見たことあります。標本と聞くと”ホルマリン”のあの臭いが想起されますが、全く無臭で快適な展示でした。だけど、骨格はもちろんの事、血管や筋肉の細部まで観察でき、妊婦のおなかの中や、病巣などの標本も非常に興味深いものでした。
    BKKに出かける際は、必ず寄らせていただきます。 Posted by ikefuji 【2013/06/06 13:17:41】
  • ikefuji様
    コメントありがとうございます。
    ということは、650万人に入ってらっしゃったわけですね。
    私も、臭いとか気にしていたんですが、実際に見に行ったら、予想外に「きれい」でした。日本ではもう見られないという事ですので、機会がございましたら、是非。 Posted by バンスタブログの中の人 【2013/06/06 14:44:14】

国一覧
アジア
タイ(659)