1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 旅行ブログ
  3. バンコクペリカンさんの旅行ブログ

  海外エリア: アジア > タイ の他のブログはこちら|

日通ペリカントラベル・ネット・バンコクが発信する現地情報

日通ペリカントラベルネットバンコク
ラオスのホテル予約、ツアー、空港送迎、ガイド、情報満載。現地価格で予約
プロフィール

ニックネーム:
バンコクペリカン
居住地:
アジア>タイ>バンコク
会社名:
日通ペリカン・トラベル・ネット・バンコク
会社英字名:
会社所在地:
アジア>タイ>バンコク
業種:
旅行業
自己紹介:
シンガポール日本通運株式会社を本部とする現地旅行会社ネットワークです。



「旅行者の訪れる土地の事を一番よく知っているのは、その土地で働き、生活する私たちだ」と考え、アジアの各地で活躍する現地旅行会社や現地情報発信会社の参加を得て、2004年にアジア旅行情報発信ネットワーク「日通ペリカントラベルネット」を設立いたしました。



今日、この理念はアジアにとどまることなく、もっと大きな世界へ広がっています。

カレンダー
10月<2019年11月    
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事一覧

1 - 5件目まで(36件中)

NoPhoto
お酒が飲めない日
エリア:
  • アジア>タイ
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2010/07/19 16:30
サワディーカー(^▽^)/

ペリカントラベルネット バンコク店です。

タイは雨季真っ只中、毎日のように雨が降っています。

水はけの悪い場所も多く、長靴を買おうか検討中です。

この時期は、蒸し暑さもさる事ながら、食べ物にも注意ですよ!

さて、7月27日は、仏教に関する祝日「カオパンサー」です。


☆カオパンサーとは☆

陰暦8月の満月の日にあたるアサハブチャー(三宝節)の次の日の事。

カオパンサーの日は祝日となります。

僧侶たちは、このカオパンサーと呼ばれる日からオークパンサー(出安居)

と呼ばれる日までお寺に三ヶ月こもり、修行に励みます。

「パンサー」は、サンスクリット語で「年」、「雨季」という意味。

また「カオ」は入る、「オーク」は出るという意味です。


タイでは、法律でアルコール類の販売が禁止される日があります。

選挙の前日や、今回のような仏教関係の祝日がそれに当たります。

信仰心の深いタイ人の一部は、この日から3ヶ月間禁酒する人もいるとか。

(私の周りにはそのような奇特な人はいませんが...)


そのため、バーやクラブなどは軒並みクローズしています。

夜遊びをしたい観光客の皆様は気をつけましょう。

100%閉まっているわけではありませんが、見つける方が難しいかも...

レストランでも、販売自粛する場合があります。


ど〜しても呑みたい!という方は、前日に用意しておくといいかもしれません

私は毎年そうしてしのいでいます(`・ω・´)

NoPhoto
大使館からのお知らせ(UDDデモに関して)
エリア:
  • アジア>タイ
テーマ:その他 
投稿日:2010/04/09 16:11
反独裁民主戦線(UDD)等による集会実施に関する注意喚起
(2010年4月9日12:00現在)

1.タイ政府によれば、UDDは、本9日(金)にバンコク都内数カ所(UDDは、具体的な場所を公表しておりません)にデモ行進を行うとの情報に接しており、具体的な行進場所が公表されていないため未確認であるとしながら、タイ政府関係者の公邸、私邸、政府主要機関、軍関連施設等に行進を行うことが予想されるとのことですので、報道等により最新情報を入手するようお願いいたします。

2.なお、9日(金)午前12時、タイ政府はテレビ中継にて、UDDのデモ隊のうち一部がパンファー橋(王宮付近)及びラチャプラソン交差点(セントラルワールド/伊勢丹付近)から移動を開始し、
『パトゥムタニー県ラートルムゲオ郡に所在するテレビ局「PTVチャンネル」(UDD系テレビ局・タイコム社)』
に向かっていることを認め、同地域での集会に関し、デモ隊が話し合いによる解散に応じない場合には、放水・催涙ガス等を使用しての鎮圧を行う用意がある旨発表をしました。
 実際に軍・警察等がデモ隊に対する鎮圧を行った場合には、その周辺では大きな混乱が生じる可能性も排除できません。

3.つきましては、タイに渡航・滞在される方は、本情報を基礎情報として、今後とも報道等から引き続き国内の治安情勢に関して注意を払い最新情報の入手に努めるとともに、今後とも集会・デモ等が開催されている地域の付近には近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

◆ご旅行の際はデモ隊に近づかないようにし赤色、黄色、ピンク色の服は
 着用しないようご注意下さい。

NoPhoto
大使館からのお知らせ(非常事態宣言)
エリア:
  • アジア>タイ
テーマ:その他 
投稿日:2010/04/08 11:02
【大使館からのお知らせ】
                   

===========================

バンコク都他5県に対する非常事態宣言発令に伴う注意喚起
(2010年4月7日現在)

1.7日(水)午後6時過ぎ、アピシット首相は、バンコク都他5県に対し、「非常事態宣言」を発令しました。
具体的な規制内容は現時点では発表されておりませんが、関連勅令の規定によれば、同地域にて「5人以上の集会の禁止」、「報道の検閲」、「交通の規制」、「指定場所への立入禁止」等の実施が可能となり、今後の具体的措置の発動に伴い、混乱が生じることも予想されますので、外出等に当たっては、今まで以上に注意を払う必要があります。
 なお、非常事態宣言適用地域は下記のとおりです。
【適用地域】
  ○ バンコク都全域
  ○ ノンタブリー県全域
○ サムットプラカーン県内 6郡(サムットプラカーン郡、バンプリー郡、プラパデーン郡、プラサムットチェディー郡、
バーンボー郡、バーンサオトン郡)
※ スワンナプーム国際空港はバンプリー郡に所在します。
○ パトゥムタニー県内 5郡(タンヤブリー郡、ラートルムゲオ郡、サームコーク郡、ラムルッカー郡、クローンルアン郡)
○ ナコンパトム県内 1郡(プッタモントン郡)
○ アユタヤ県内 4郡(ワンノイ郡、バンパイン郡、バーンサイ郡、ラートブアルアン郡)

2.つきましては、タイに渡航・滞在される方は、本情報を基礎情報として、今後とも報道等から引き続き国内の治安情勢に関して注意を払い最新情報の入手に努めるとともに、政府機関及びその他集会・デモ等が開催されている付近には近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511
__________ NOD32 4765 (20100112) Information __________

NoPhoto
反独裁民主戦線(UDD)等による集会実施に関する注意喚起 (2010年4月1日現在)
エリア:
  • アジア>タイ
テーマ:その他 
投稿日:2010/04/02 11:21
      【大使館からのお知らせ】
                   

===========================

反独裁民主戦線(UDD)等による集会実施に関する注意喚起
(2010年4月1日現在)

1.タイ政府は、30日の閣議におきまして3月11日(木)から適用している国内治安維持法について、適用地域を一部拡大し、期間延長することを決定しました。今後のデモの状況等によっては、「道路閉鎖」等の規制措置が取られる可能性もあります。
 なお、国内治安維持法適用地域、期間は下記のとおりです。

【4月7日まで延長】
  ○ バンコク都全域
  ○ ノンタブリー県(ノンタブリー市、パークレット郡)
  ○ サムットプラカーン県(サムットプラカーン市、バンプリー郡、バーンサオトン郡、バンボー郡、プラパデーン郡)
   ※ スワンナプーム国際空港はバンプリー郡に所在します。

【4月2日から6日まで(メコン河委員会首脳会合開催のため)適用】
  ○ペッブリー県チャアム郡のうち、チャアム市、サムプラヤー市
  ○プラチュアップキリカーン県ホアヒン郡のうち、ホアヒン市、ヒンレックファイ市、タッブタイ市、ノンケー市

2.他方、UDDは、4月3日(土)に大規模抗議活動を行う旨発表しました。現時点で抗議活動の具体的な形態や時間等は発表されておりませんが、デモ行進や集会場所を移動して大規模集会等の抗議活動が行われる可能性も排除できず、その場合デモ隊の移動経路及び抗議活動が行われる付近では渋滞、混雑が発生する可能性があります。

3.また、バンコク都内各地で小規模な爆弾事件が断続的に発生しており、今後、爆弾事件が頻繁に発生する可能性も排除されません。これまで爆弾事件が発生している政府諸施設、軍関係施設、司法関連施設及びテレビ局等に近づくことは特に注意する必要があります。

4.つきましては、タイに渡航・滞在される方は、本情報を基礎情報として、今後とも報道等から引き続き国内の治安情勢に関して注意を払い最新情報の入手に努めるとともに、今後とも集会・デモ等が開催されている地域の付近には近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

NoPhoto
反独裁民主戦線(UDD)等による集会実施に関する注意喚起
エリア:
  • アジア>タイ
テーマ:その他 
投稿日:2010/03/12 12:52
【以下、大使館からのお知らせです】

                    
===========================

反独裁民主戦線(UDD)等による集会実施に関する注意喚起
(2010年3月11日現在)

1.一部新聞等で「集会が行われる付近の道路が閉鎖される」と報道されていますが、これらの道路封鎖についてタイ政府当局によれば、確実な地点・時間を設定して厳格に運用するものではなく、デモ・集会の状況に応じ弾力的に対応する由です。
 したがって現時点では、報道されている「道路封鎖地点」は「確実に封鎖されることが決定している地点」ではなく、あくまで「封鎖等の交通規制が見込まれる地点」と判断されます。
 よって、デモ・集会の開催が見込まれる地点周辺では、急遽の交通規制や立入規制等が予想されると共に、デモ・集会地点以外においても交通渋滞等が予想されます。バンコク都内の移動が必要な場合は、時間に余裕を持って行動されることをお勧めいたします。

2.また、タイ空港公団は、国際便を利用する旅行者に対して、3、4時間前のチェックインを推奨しています。現時点でスワンナプーム空港付近においてデモ・集会等が開催されるという情報には接しておりませんが、上記のとおり交通渋滞等が発生する可能性は否定できないことから、空港をご利用される場合においても、時間に余裕を持って行動されることをお勧めいたします。

3.つきましては、タイに渡航・滞在される方は、報道等から引き続き国内の治安情勢に関して注意を払い最新情報の入手に努めるとともに、今後とも集会・デモ等が開催されている地域の付近には近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511

1 - 5件目まで(36件中)