1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. yummyさん
  4. マダガスカルの記事一覧

  海外エリア: アフリカ > マダガスカル の他のブログはこちら|

ねこたんの足あと

~あちこち行って。いろんなもの見て聞いて歩いて食べて。~

プロフィール

ニックネーム:
yummy
居住地:
東京都
性別:
女性
自己紹介:
本業は小説を書くかたわら、
占いとヨガのサロンを主宰しています。

占いは手相とタロットカード。
ヨガは南インド ケララ州で州公認のインストラクター資格を取得しました。
少人数制のクラスを展開しています。
ご興味のある方は、
http://alvayu.jp
にアクセスしてみてくださいね。


小さい頃からアフリカに憧れていて、海外旅行デビューはエジプト。それからケニアへ行き、念願のサバンナに。アフリカのあとにアジアに行き始め、人からはよくルートが逆だよ、と言われました。

私はその国の何かひとつでも見たいものがあれば、どこへでも行きます。それがきっかけですが、あとは行き当たりばったり。何かをするため、にその国へ行くわけではなく、ただただその国に浸かるような旅をします。
だからこそ、生きた情報をその場で得ることができるのだと思います。

どちらかといえばカオス的な国を旅するのが好きですが、でも近年ヨーロッパも堪能しました。先進諸国もきっちり知り、その両方を知ることが大事だと思ってますから、あまり偏ることもありません。

もうずっとヨガ修行をするため、定期的にインドへ行っています。一回の旅行期間は約2ヶ月ほど。滞在型なのでその地については精通していきます。前回は昨年11月に、今年もまた秋に訪れる予定です。

私が旅先で出会ったできごとや人たち、おいしいものやホテルやショッピング、交通事情、失敗談や病気になったこと、コワかったことなどのトピックや情報が旅する人たちの役に立てばとてもうれしいです。

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

NoPhoto
ドキュメンタリー小説 マダガスカル・ジャーニーVOL.2 マダガスカル最初の夜 
エリア:
  • アフリカ>マダガスカル>アンタナナリボ
テーマ:街中・建物・景色 旅行準備 ホテル・宿泊 
投稿日:2011/06/24 23:42
コメント(0)
今はシーズンでホテルは混んでいる、と最初に助手席の男が言ったように、ホテルはどこもいっぱいだった。

最初の3軒はガイドブックの乏しい情報に従って連れて行ってもらった。が、全て満室。
マダガスカルでタナでこの遅い時間に3軒ともフラれるとは予想外だった。それは私だけでなく、彼と彼女も同じだったようだ。
「じゃあ何軒か僕らが知っているところにあたってみよう」
助手席の男が励ますように言った。が、その後も数軒不発に終わった。
まずい。
時間は過ぎる一方だし、ここまでタクシーを連れまわしたとなると、最初の交渉金額に上乗せされかねない。
そして、疲れてきた。
早くホテルでほっとしたい。
助手席の男がホテルのレセプションから戻ってきて、首を振った。
ここも満室らしい。
OK。ドライバーがハンドルを叩いて振り返った。
「ワシの知り合いのホテルに連れて行ってやろう。ただし、安くはないぞ」
……背に腹はかえられない、この際。

ホテル・ド・プリンスという名のホテルは確かにゲストハウスには見えなかったが、一泊の料金はそれほど高くはなかった。が、部屋は5階建ての最上階のスイートルームしか空いておらず、日本円にすると3000円ほど。
私たちは顔を見合わせた。
部屋にはツインベッドとソファがあった。
「どうする? 3人でシェアする?」私はふたりに訊いた。
「……オレはいいけど、もしキミらがイヤでなかったら」
彼はソファを指差し、オレはここで寝るから、と付け加えた。
「私もかまいませんよ」彼女も頷いた。
3人でシェアすれば一人1000円ですむ。一泊1000円はバックパックの旅としては安くはないが、部屋がよさそうなので納得できる。
バスルームへ行き、トイレの水が流れることとお湯のシャワーが出ることを確認する。
これで決まりだ。
私たちはタナの街を徘徊してくれたドライバーたちに礼を言い、おカネを渡した。

初めて出会った人と部屋をシェアすることは、一人旅では時々あることだ。
これまでにもそういうことがあったが、トラブルになったことは一度もない。それは不思議に幸運なことだ。
私たちは荷物をおろし、顔や手を洗い、ようやくほっとした。
部屋の中央にはテーブルがあり、ソファとイスがある。私たちはテーブルを囲んだ。

「オレは佐藤 陸」自分の寝床になるソファに座った彼が名前を告げた。
「私はハルカ。野田 遙です」私の隣に座った彼女が言う。
「私は」ふたりが私を見る。「秋野 楓」
最初の自己紹介は照れくさく、みなぎこちない。仕事のときはそんなふうに感じないのに。肩書きの入った名刺の力なのかもしれない。
「今夜は突然こんなことになっちゃったけど」リクが話し出す。
「オレ、明日朝早く出る予定だから」
「何時頃?」
「たぶん、6時とか7時。気にしなくていいからさ」
「タナから移動するんですか」ハルカが訊いた。
リクは頷き、
「アンチラベに向かう予定。マダガスカルをぐるってまわって、タナは最後にゆっくり見るつもりなんだ。……キミらは?」
「あ、私も午前中にはホテル出ますよ」
「どこかに行くの」今度は私が尋ねた。
「知り合いがタナに来ていて。その人に会う約束してるんです」
「しばらくタナにいる予定?」
彼女は首を傾げると、
「うーん。その人の予定によっては出るかも。たぶんその人とマダガスカルをまわると思うから」
「えーっと、か……」リクが私を見た。
「カエデ」
「うん、カエデさんは」
「私は……2〜3日はタナにいるつもり。けど、ふたりが出るんじゃ、ホテルを探さないとなぁ。一泊3000円を一人で払うのはキツいし」
「宿、混んでそうでしたもんね」
「うまく見つかればいいけどね」
「ま、朝になれば動くツーリストもいるだろうから」とリク。
私はリクを眺めた。
ほとんど坊主で陽に焼けた精悍な顔付き。
「あのさ」私は彼の小型のバックパックに視線を向け、
「荷物少ないよね。そのバッグ、ふつうのナップザックみたい」
ああ、彼はザックを引き寄せると、
「デカいのはナイロビの宿に預けてあるんだ。2〜3週間くらいで戻るからって」
「えー、ってことは相当長い旅なんですね」ハルカが目を輝かす。
「うん、まぁ……3年ぐらいかけてバイクで世界一周するんだよね」
驚いた。
「で、今ちょうど1年たった頃で」
「どこを走ってきたの」
リクは私を見ると、
「カナダから出発して北米、南米を縦断して、で、セネガルに飛んで西アフリカを南下して、南アフリカから今は東を北上中」
「アフリカのあとはヨーロッパ?」
「そう。ヨーロッパをまわってトルコからユーラシアを横断するつもり」
はぁ、私もハルカもため息をついた。
リクはそういう反応にはもう慣れているらしく、特に顔色も変えず、
「マダガスカルは中休みみたいなもん。ナイロビでバイクを点検に出しててね。それとスーダンとエチオピアのビザを申請してる最中で。ビザがおりるまで何日もかかるっていうからさ。じゃ、その間バックパッカーの気分でも味わおうかと思って」
そこまで言って、リクはようやく笑顔を浮かべた。
世の中、思い切ったことをする人がいるものだ。
「すごいなぁ。3年かぁ。私は日本出てから3カ月くらいなんですけど、あと3カ月くらいで帰る予定なんです」
「ハルカさんはどこ行ってきたの」リクが尋ねた。
「タイにしばらくいて、そのあとナイロビに。……カエデさんは?」
「私は……」
今回は3週間とちょっとの旅だ。
最初の数日をナイロビで過ごした。そしてマダガスカルに2週間、残りの1週間をケニアのビーチ、モンバサと国立保護区であるマサイ・マラで締めくくる予定でいる。
私には時間がない。だからマダガスカルも行きたい場所を効率よくまわるつもりでいた。
「3週間じゃあっという間ですね」
私はハルカの言葉に頷き、
「仕事があるからね。さすがに何カ月も休めない」
「仕事してるんだ」リクとハルカが同時に言った。
「え。うん。ふたりは?」
「私はバイト辞めてきました」
「オレも」リクは私から目を逸らし、
「仕事、何してるの」
フリ-のライターやってる、私は告げた。
「へー。リクさんもカエデさんもなんかカッコいいですねぇ」
「ふぅん、いい仕事だね」
リクは無表情につぶやいた。

マダガスカルの初めての夜、私たちはずいぶん遅くまで話していた。

アンタナナリボ
ドキュメンタリー小説 マダガスカル・ジャーニーVOL.1 タナへ
エリア:
  • アフリカ>マダガスカル>アンタナナリボ
テーマ:街中・建物・景色 自然・植物 ドライブ 
投稿日:2011/06/04 12:01
コメント(0)
満天の星空だった。

後にも先にもこんな星空は見たことがない。
こぶし大の数多の星が、手を伸ばせば届きそうな場所にある。
その輝きはきらきらとかピカピカという生易しいものではない。
ビカビカだ。ビカビカ光っている、えげつないほど。
夜空を埋め尽くす星たち。
私は初めて星酔いした。

ケニアのナイロビからマダガスカル・エアーで4時間。
マダガスカルの首都、アンタナナリボの国際空港に着いたのは午後9時頃だった。
到着ロビーは、ナイロビやボンベイとは全く違い、閑散としていた。
私は薄暗くだだっ広いロビーの真ん中で、足元にバックパックをおろしたまま一人ぽつんと立っていた。

さて。これからどうしよう。

時間的にも早いとはいえない。まずはホテルを探さねば。
それにはアンタナナリボの市内へ行く。
タクシーで向かうのがたぶんいい。
その前に両替しておいた方がいいだろう。
銀行は……到着ロビーにあると確か本に書いてあった。
私はロビーを見渡した。
すると、まばらな人影の向こうに二人の日本人がいた。
男子と女子。
彼らもこちらを見ている。
私はバックパックを背負うと彼らの方へ近づいていった。

こんにちは、声をかけると、
「どうも」男が軽く頭を下げた。
「こんにちは」女が笑みを浮かべた。「ナイロビの空港で見かけたんですけど、同じ飛行機だったんですね」
「どうやら日本人はオレらだけみたいだな」
私たちはぐるりとあたりを見回した。
ナイロビでもボンベイでも空港には日本人団体客がいたけれど、今は黒い肌の人々がちらほらいるだけだ。
「ホテル、決まってます?」私は尋ねた。
二人とも同時に首を振る。
「キミは?」今度は男が尋ねる。
私も首を振り、
「とりあえず市内に行こうと思ってるけど」
「オレもそう。なら、タクシーをシェアしようか」
「私も一緒に行っていいですか」
私は彼女を見た。かわいらしい丸顔の、まだ二十代前半と思われる女の子。
「ふたりは知り合いじゃないの」
彼らは顔を見合わせ、
「オレらもナイロビの空港で会ったんだ」
「そう、マダガスカル・エアーのカウンターで」
では、私たち三人とも初めまして、なのだ。

ロビーを出る前に両替をした。
マダガスカルの物価がよくわからないので、一応100ドルだけ換金した。すると手渡されたのは単行本のようにぶ厚い札束だった。
マダガスカル・フランの札にはマダガスカル固有のレミュー(原猿)、ワオキツネザルがプリントされていた。
このサル。しっぽが縞々のこのレミューを見るのも、私のマダガスカルでの目的のひとつだ。

外に出ると、やはりナイロビやボンベイと異なり客引きもまばらだった。
男二人組のタクシーの客引きが近寄ってきた。
たったひと組の客引きとは。ボンベイでの客引きの凄まじさを思うと、多少物足りない気もする。
交渉は英語だった。
タナ市内まで。OK、ついでにホテルも紹介してあげるよ。
話はすぐにまとまり、私たちはタクシーに乗り込んだ。バックシートに3人並んで座る。
走り出すと、助手席に座った二人組の一人が話しかけてきた。
ジャパニーズ? どっから来たの。マダガスカルは初めてかい?
タナまでは30分くらいだよ。今はシーズンでホテルは混んでるだ。。。
彼はタナ、タナと連発する。どうやらタナとはアンタナナリボの通称らしい。
窓の外は暗く何も見えない。道の両側が原っぱなのか川なのか何もわからない。遠く空港の灯りがゆっくりと後ろへ去っていく。
タクシーの揺れに浮遊するような奇妙な感覚。現実離れとでもいおうか。
ところがいくらも走らないうちに急にクルマのスピードが落ちた。
え、と思う間もなく、タクシーは道の端に寄り停まってしまう。
二人組はクルマを降り、前に回ってボンネットを開けた。助手席にいた男がこちらへ来ると、
「エンジントラブルだ。直すから、その間外に出ていていいよ」
空港から市内に向かう途中でもうトラブル!
やれやれ。
私はクルマのドアを開け外に出た。
暗い。隣に立った連れの顔もよく見えない。
なにげなく上を向いた。
その瞬間、私は息をのんだ。

満天の星。

暗い空は数多の星で埋め尽くされていた。
「すごい」
両隣でふたりが同じように息をのむのがわかった。
こぶし大の星がぎらぎらと光っている。
ピカピカなんてかわいいもんじゃない。
ビカビカ、ぎらぎら、だ。
えげつないほどの輝き。
私たちは3人ともばかみたいな顔で星空を見上げ続けていたに違いない。
頭がくらくらしてきた。
これが星酔いというものなのか。

エンジンが直り、私たちは再びタクシーに乗り込んだ。
「星を見ていたのか」
ドライバーが振り向いて尋ねた。
「うん、すごく星が見えるんだね。びっくりした」と彼女。
「ニホンじゃ星は見えないのか」
「見えるけど、ここほどじゃないよ」
「ふぅん? 星が見えない方が、ワシには驚きだがね」
ドライバーはにやりとした。にやりとしたのがわかったのは、きれいな白い歯が闇の中で浮き上がったからだった。

1 - 2件目まで(2件中)


国一覧
アジア
インド(21)
ベトナム(7)
台湾(3)
ネパール(2)
カンボジア(2)
タイ(1)
ヨーロッパ
イタリア(2)
アフリカ
マダガスカル(2)
ケニア(1)