1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. yummyさん
  4. ネパールの記事一覧

  海外エリア: アジア > ネパール の他のブログはこちら|

ねこたんの足あと

~あちこち行って。いろんなもの見て聞いて歩いて食べて。~

プロフィール

ニックネーム:
yummy
居住地:
東京都
性別:
女性
自己紹介:
本業は小説を書くかたわら、
占いとヨガのサロンを主宰しています。

占いは手相とタロットカード。
ヨガは南インド ケララ州で州公認のインストラクター資格を取得しました。
少人数制のクラスを展開しています。
ご興味のある方は、
http://alvayu.jp
にアクセスしてみてくださいね。


小さい頃からアフリカに憧れていて、海外旅行デビューはエジプト。それからケニアへ行き、念願のサバンナに。アフリカのあとにアジアに行き始め、人からはよくルートが逆だよ、と言われました。

私はその国の何かひとつでも見たいものがあれば、どこへでも行きます。それがきっかけですが、あとは行き当たりばったり。何かをするため、にその国へ行くわけではなく、ただただその国に浸かるような旅をします。
だからこそ、生きた情報をその場で得ることができるのだと思います。

どちらかといえばカオス的な国を旅するのが好きですが、でも近年ヨーロッパも堪能しました。先進諸国もきっちり知り、その両方を知ることが大事だと思ってますから、あまり偏ることもありません。

もうずっとヨガ修行をするため、定期的にインドへ行っています。一回の旅行期間は約2ヶ月ほど。滞在型なのでその地については精通していきます。前回は昨年11月に、今年もまた秋に訪れる予定です。

私が旅先で出会ったできごとや人たち、おいしいものやホテルやショッピング、交通事情、失敗談や病気になったこと、コワかったことなどのトピックや情報が旅する人たちの役に立てばとてもうれしいです。

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

good hotel
旅のトラブル対処法・宿泊編1 おせっかいなホテルはNG
エリア:
  • アジア>ネパール>カトマンズ
  • アジア>インド>ベナレス(ワーラーナシー)
テーマ:旅行準備 ホテル・宿泊 
投稿日:2013/07/17 23:53
コメント(1)
ネパールやインドのホテルやゲストハウスは、たいがいがフレンドリーだ。
よくクチコミでも「親切なオーナー」だとか「気さくなスタッフ」などと評されている。
むろん、それはいいことだ。が、それも過剰になればウザくなり、そして面倒なことになる。

特に気を付けなければならないのは、客を監視し、自由を妨げるホテルだ。
私はカトマンドゥとバラナシでそうしたホテルに遭遇した。
もちろん、フロントはじめスタッフは全員が親切でフレンドリーだ。
だからつい安心してしまうのだが……

出かけようとするたびに
「どこへ行く?」
「そこへは一人で行かない方がいい」
「危ないからスタッフに案内させよう」
「歩いては行けないからリキシャを呼んであげる」

はじめはそうなのか、と思ったが、出かけるたびにいちいちうるさい。
私は気ままに歩きたいのに強引にガイドがついたりする。
で、それを振り切って歩いてみると言うほどのこともないことに気がつく。
そこで私は考えた。
まるで監視されているようではないか。
なぜこうも干渉してくるのか。
このままではホテルから出られなくなるのではないか、という危機感さえ感じた。
一度など、あまりにしつこく案内するのだのリキシャを呼ぶだの言われ、思わず「友達に会う」とウソをついた。すると、スタッフの顔色がみるみる変わり、「それはネパール人か?」と問いただされた。

なるほど。
彼らは私を他のホテルへ行かせないよう、目を光らせているのだ。
大事な金ヅルだと思っているのだろう。
一人で歩きまわらせて、他の現地人と仲良くなり、ホテルを移るようなことにならないよう、必死なのだ。

結局、そう感じた私はバラナシでもカトマンドゥでもそれらのホテルからすぐに出た。予定していた泊数よりも早くチェックアウトするといったため、少し揉めたが、××に行く飛行機のチケットがとれたから、とかなんとか言って強引にアウトした。

他のホテルにチェックインしたところ、また干渉されたらどうしようと思ったが、そんなことは全くなかった。
というか、それがまっとうなホテルなのだ。
そもそも客が相談したら応えてくれるのがホテルだし、どこへ行くの? と訊いても、それは雑談のひとつにほかならない。客に必要以上に干渉したり、××へ行くな、とか、こうじゃなきゃダメなどというホテルは、やはり信用できない。

しかしこうしたホテルを最初から見極めるのは難しい。
泊まってみてはじめてわかることだからだ。
泊まってみて、もしこうした監視系ホテルであった場合は、速やかにチェックアウトしよう。もちろん、他のホテルに移る、と言いさえしなければ、アウトする理由はなんだっていい。
ただし、チェックアウトする前に移るホテルは決めておいた方がいいだろう。
私は監視の目を逃れてホテルを探した。

親切・気さくと干渉・束縛・おせっかいのボーダーを自分でちゃんと引くことが肝心だ。

ビーチは紫外線100%!
旅のトラブル対処法・健康編4 〜侮るな、紫外線〜
エリア:
  • アジア>インド
  • アフリカ>ケニア
  • アジア>ネパール
テーマ:街中・建物・景色 ビーチ・島 旅行準備 
投稿日:2011/08/24 00:09
コメント(0)
2011年、今年もまたインドへ行く季節がやってくる。
10月にはきっと上陸している。
そして毎度おなじみ細かいパッキングが待っている。ああめんどくさ。

ちょうど今日本は夏真っ盛りなのでUVケア用品がたっぷり安く売られている。
インド用に今買っておくのが賢い。やはりSPF50 PA+++。

インド、アジアはもちろん、アフリカ、ビーチ、砂漠……どこへ行くにしろ、紫外線対策は必須である。
女も男も。
別に大丈夫だしーーと思う人も山ほどいるだろうが、そのときは大丈夫でも、その油断はそれから数年後に突如として顔やからだに現れる。
きれいな30代、40代、それ以上になりたい方はとにかく必須です。

どんなUV対策が効果的か?

まずは必ず顔にだけでも日焼け止めクリームやローションを塗る。
SPF50 PA+++ と表示されてあるものがいい。これが日本で今のところ日焼け止めの最高数値だ。
できれば首のうしろや鎖骨のあたり、腕、手の甲、膝から下、足の甲にも縫っておくといい。
ちなみに私はボディ用、フェイス用は分けている。
ボディにはドラッグストアで手に入る類のもの。いろいろ塗り試ししたなかで、NIVEA系がお肌になじみがいいようだ。
フェイスには……じゃーん、DIORの今年発売されたBBクリーム。ちょっとお高いが、肌が本当にきれいに見える。しかもファンデも必要ないくらい。店のおねえさんはBBの上にさらにファンデを塗ることを勧めていたが、パウダーをはたけば問題ないくらい。

UV対策には小物使いも大事。
サングラス。なるべくグラスが大きいもの。ストールやスカーフ。これは髪をアップにしたときに首まわりを守ってくれるし、肩や背中もカバーしてくれる。ストールに関しては現地調達も可能。
そして帽子……と言いたいところだが、帽子は意外にめんどくさい。かぶったり脱いだりしてる間にいつのまにかなくなっていたり、髪の生え際にじと〜っと汗をかいて不快だったり。そもそも顔全部をカバーしてくれるわけでもない。
そこでおススメなのが、日傘だ。
日傘は効果抜群だ。私は晴雨兼用折り畳み傘をバックパックやスーツケースに必ず入れておく。めんど〜〜という気持ちもわかる。確かに荷物になるし、さしたり閉じたりめんどくさい。しかし、あるのとないのとでは日焼け度と、そして疲れ方が全く違う。

そういう私も昔からUV対策に必死だったわけではない。
20代の頃は相当てきとーだった。
エジプトやらケニアやらから帰ってきても、さほど日焼けした記憶もないし、元々色白な私は日射しでぐんぐん焼けることもなかった。
私って肌が丈夫できれい。
ずっとそう思っていたのだ。
ところが。30代になり、あるとき一ヶ月のネパール旅行から帰ってきたときに状況は激変した。
あご辺りににきび発見。しかもひとつふたつではない。赤く大きい。
薬を塗っても化粧品を変えても一向に直らない。赤みが引いても跡は残ったまま。
しかも口の周りのほうれい線がやけに目立つ。
ヤバい!!!
このままだと一気に老化へまっしぐらだ。
でもなぜ? 肌は丈夫できめ細かくきれいなはずの私が??

やむなく私はエステへ通い始めた。
おカネがかかるので、初回体験無料や優待券を使いまくりあちこちのエステに行きまくった。その結果、腕が確かで気の合うエステシャンのいる某エステサロンにしばらく通うことにした。
彼女は言った。
「本来はとてもきれいな肌なんですよ。でも乾燥がひどくて、肌の代謝力が落ちてしまっていて、だから汚れをため込んで、結果今の状態になってるの。どうしてここまでひどくなったのかしら」
私は長年続けている旅の話をした。すると、
「紫外線が強くて乾燥していて、水もあまりきれいじゃないところばかりね。肌はそのとき平気でも後から影響が出てくるもの。これまでのツケがまわってきたってことですよ。ほら、ヨーロッパ人のマダムたちって背中とかシミだらけでしょう? あれは若いときに陽にあたりすぎたせいなのよ」

彼女の腕と私の努力によって、その後私の肌は回復した。
以来、私はUV対策には本当に敏感になった。あいかわらず紫外線の強い国ばかり旅しているが、現在は特に問題はない。
日傘を携帯し、道は日陰を選んで歩く。昼間は7分袖やストールを活用する。カフェでもバスでも直射日光を受けない場所へ移動する。
細かいことだが、後悔したくないので気を付ける。

もちろん、日焼けに対しては個人差があるだろう。
女子でも全く気にしない、むしろ陽に焼けるのが好きな人もいるだろう。
中にはファンデーションさえも「息苦しい感じがして」と塗らない知人もいる。
そういう人はばんばん焼けばいいし、10年後のシミやシワも自然な変化と受け入れればいいことだからね。

1 - 2件目まで(2件中)


国一覧
アジア
インド(21)
ベトナム(7)
台湾(3)
ネパール(2)
カンボジア(2)
タイ(1)
ヨーロッパ
イタリア(2)
アフリカ
マダガスカル(2)
ケニア(1)