1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. 現地在住旅行社で安心さんの旅行ブログ

  海外エリア: オセアニア > オーストラリア の他のブログはこちら|

日通ペリカントラベル・ネット・ケアンズ発信現地情報

~旅行業のプロは発信致します。 現地に居住(駐在員ではありません。)だからわかる情報をお知らせしてます。 思い出に残る旅をご提案致します。~

旅行業のプロが発信致します
世界トラベルネットワーク 日本通運グループだから思い出の残る旅を、後悔しない旅の相談をお待ちしてます。 安いから頼みますか?現地で万一の時の対策は??
プロフィール

ニックネーム:
現地在住旅行社で安心
居住地:
オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
会社名:
日通ペリカントラベル・ネット・ケアンズ運営店アズウェイ オーストラリア
会社英字名:
会社所在地:
オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
会社電話番号:
+61 1300 761880
業種:
旅行業
自己紹介:
シンガポール日本通運株式会社を本部とする現地旅行会社ネットワークです。

「旅行者の訪れる土地の事を一番よく知っているのは、その土地で働き、生活する私たちだ」と考え、アジアの各地で活躍する現地旅行会社や現地情報発信会社の参加を得て、2004年にアジア旅行情報発信ネットワーク「日通ペリカントラベルネット」を設立いたしました。

今日、この理念はアジアにとどまることなく、もっと大きな世界へ広がっています。
日本の旅行会社には出来ないサービスを世界各地から直接お届けしたいと思っています。

より多くの皆様に日通ペリカントラベルネットをご利用いただき、快適で安心な旅行をお楽しみいただけるよう日々精進してまいりますので、格別のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

カレンダー
10月<2014年11月    
1
234567 8
910111213 1415
161718192021 22
232425 26272829
30

記事一覧

1 - 5件目まで(7件中)

Bckey
マリンランド・ミラネシア・ワニ園(Marineland Melanesia)
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2014/11/25 10:40
コメント(0)

本園でぜひとも見ておきたいのは、2012年ギネス世界記 録で史上最大と認定され、今現在もその記録を保持し続けているクロコダイルの「カシウス」。全長5. 48メートル、重さは1トン以上、推定(人)年齢は110歳以上というその存在感と迫力は、後ずさりをしてしまうほど。1984年にNTで捕獲され、当園 に移されてからは30年以上経っている。1日に2回行なわれる餌付けショーでは、カメや魚を巨大クロコダイルが食す、迫力あるシーンが見られる。カシウス のほかにも、生まれたばかりの赤ちゃんワニをはじめ、4メートルを越すブロントやブラ、3.5メートルのトリニティーなど、40匹以上のワニが飼育・展示 されいる。子ワニと一緒に写真撮影をすることも可能。

また園内には、グリーン島から海水を引いた水族館もあ り、100種類以上の海洋生物を見ることができる。サンゴ礁の複雑な地形を移動するために歩くサメといわれるエポーレット・シャーク、バラマンディ、海ガ メなどが鑑賞可能。ギフト・ショップではパワー・ストーンや珊瑚のアクセサリー、またワニの歯や革製品などの珍しい品も購入できる。


PR
アズウェイはペリカントラベルネット シドニー・ゴールドコースト・ケアンズ運営店で現地手配のオペレーターとして30年の経験を持つ日本と現地に事務所を持つ日系旅行会社です。
アズウェイはペリカントラベルネット シドニー・ゴールドコースト・ケアンズ運営店で現地手配のオペレーターとして30年の経験を持つ日本と現地に事務所を持つ日系旅行会社です。
Bckey
ここは押さえたい ケアンズ 聖モニカ教会(St. Monica’s Cathedral)
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
テーマ:歴史・文化・芸術 
投稿日:2014/11/25 10:35
コメント(0)
世界最大級規模のテーマ・ステンド・グラス

第2次世界大戦時、ケアンズ沖で起きた海戦で戦死した人たちの供養のために建設された教会。ステンド・グラス細工師ゲリー氏とジル氏が、デザイン構成だけ でも2年間を費やし、2000年に完成した時には、計4年間の月日が流れていた。この教会のステンド・グラスには、「ピース・ウィンドウ」と呼ばれる終戦 50周年を記念して造られたものや、創世記から天地創造時の流れを思わせる「クリエーション・ウィンドウ」などさまざまなデザインがある。中でも「クリ エーション・ウィンドウ」は、世界最大級の大きさを誇り、1枚当たり縦6メートル、横1.7メートルのガラスが、総面積320平方メートルに渡って広がっ ているので圧巻だ。そのほかにも、イルカやクジラなどの海をテーマにしたものから、オーストラリアらしいカンガルーやカソワリまで幅広いデザインが楽しめ る。細やかな流線で忠実に描かれたステンド・グラスは美しさと迫力と持ち合わせ、目の前にした人は、その完成度の高さに思わず息を飲んでしまうことだろ う。教会は無料で入ることができるので一見の価値あり。


PR
アズウェイはペリカントラベルネット シドニー・ゴールドコースト・ケアンズ運営店で現地手配のオペレーターとして30年の経験を持つ日本と現地に事務所を持つ日系旅行会社です。
アズウェイはペリカントラベルネット シドニー・ゴールドコースト・ケアンズ運営店で現地手配のオペレーターとして30年の経験を持つ日本と現地に事務所を持つ日系旅行会社です。
ツサ
2014年11月25日UP〜最新GBR発信SOFレポート
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
テーマ:マリンスポーツ 
投稿日:2014/11/25 08:59
コメント(0)
皆さんこんにちは。
ここオーストラリアにてネイティブは´Hello´の代わりにG’dayという言葉を挨拶時に使うこともあります。
発音は「グッダイ」って感じで^^さらには相手に親しみを込めて´mate´(マイト)を付け加えます。

この表現「Hello, mate」「G´day, mate」を活用して海外でのコミュニケ-ションに役立たせてみてはいかがでしょうかー。

【コッドホール・リボンリーフの旅】
ダイブサイト : ケーブス、ピクシーピナクル、ピクシーウォール、ライトハウス、チャレンジャーベイ、スネークピット、ダイナマイトパス、コッドホール
水温 :26.2℃ 透明度 :20m 流れ :ほとんど無し
さぁーって、緊急時に備えての予行練習は万全!!
私たちSOF号トリップではダイビング中における万が一の不測事態に備えて
初日にBCDオーラルインフレーション、シグナルフロート、ライフライン(GPS搭載無線機)の使用練習を行います。
これによりお客様の緊急時に対する不安と以前の講習時に覚えたスキルの再確認に役立っています。
実際にお客様から「使用法を思い出せて良かったです」といった声も上がっています。
大小2つの根が水深約25mからそびえ立つライトハウスボミー。
その間にはタカサゴ、ウメイロモドキ、そしてヨスジフエダイとキンセンフエダイの群れを見る景色はまさに´黄色いじゅうたん´。
ピクシーピナクルではこのような小さくてかわいい仲間もお目にかかれますよ^^
アカフチリュウグウウミウシ
オトヒメウミウシ
シラナミイロウミウシ
モンハナシャコ
さて、そろそろオイラの出番だ!!
コッドホールでは今日も元気に、んっ?眠そうだって??
いえいえ、こんな顔なんです、、、
ポテトコッドのお食事タイム(コッドフィード)、御馳走様でした。。
【コーラルシ-の旅】
ダイブサイト : シルバーシティー、ギャップ、ハーフウェイウォール、アドミラルティ-、ソフトコーラルウォール、ノースホーン、キャッスル、スティーブスボミー、センチュリーベイ
水温 :26.2〜26.4℃ 透明度 :20m 流れ :弱(ソフトコーラルウォール)
いきなりですが、皆さんのダイビングスタイルは大物派、マクロ派、ドリフト派それとも・・・!?
やって来ましたシルバーシティー、ギャップ。
根あり谷あり、またリーフの浅瀬に向かう砂地があるかと思えばその反対側は圧巻のドロップオフ。
壁面には沢山のくぼみやアーチがいくつも形成されそこを幾度となく通り抜けてゆく気分はまるで探検家!!
オオイソハナバナも茂ってここは地形派にはたまらないポイントであり私も大好きな場所でございマッスル!!
では今日もシャークフィードへの準備が整ったところで・・・STOOOOOP !!
来たぁ〜、ハンマーヘッドシャーク☆

興奮して開いた口がふさがらねー。朝一、ここノースホーンのチェックダイブではカンムリブダイの行進も見れたし・・・
というわけでシャークフィードのお時間です。
Enjoy meal.
最終日はやっぱり癒しのダイビングで締めくくりということでコレ!
ここはやはり、これですね^^
センチュリーベイの珊瑚畑をみながら
さよなら さよなら さよならー

SOF日本人スタッフ タクロー


PR
アズウェイはペリカントラベルネット シドニー・ゴールドコースト・ケアンズ運営店で現地手配のオペレーターとして30年の経験を持つ日本と現地に事務所を持つ日系旅行会社です。
アズウェイはペリカントラベルネット シドニー・ゴールドコースト・ケアンズ運営店で現地手配のオペレーターとして30年の経験を持つ日本と現地に事務所を持つ日系旅行会社です。
ツサ
2014年11月21日UP〜最新SOFトリップレポート〜
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
テーマ:ビーチ・島 マリンスポーツ 
投稿日:2014/11/21 15:29
コメント(0)
先週はまさかまさかのジンベイザメが日帰りエリアで目撃できちゃう

今激アツなグレートバリアリーフ!

僕の目の前を約5メートルのジンベエザメが横切ったんですよーー!

ケアンズの新聞を騒がしてましたー!!!

今回のSpirit of Freedomではイルカが何頭も水面から見えちゃいました!

リボンリーフのCaptain’s cornerでのドリフトダイブはダイナミック!流れの強さ半端なかったっす!もう流れに乗るまま!ちょーきもちーーー!

そして今回は普段あまりやらないライブドロップでドリフトダイビングも決行!

船が動いてる最中にエントリーし、ダイビング終了後はテンダーボートでピックアップしてもらいました!なんて楽チンダイビング!!

そんなダイビングであるクルーが見つけたトラフザメ!!

なかなかみないこんなサメにも会えちゃうコーラルシートリップ!くぅーーーーー!たまらないっす!!

シャークフィードではクルーが囲まれちゃってました!

こわーーーーーー!!でもたのしーーーーーー!

North hornで見たバラクーダの大群はすごかったー!完全トルネード!もう画面に収まりきりません!!!

最高!!!!!

日曜日にはみんなでこんな記念写真も!

緊急時の訓練で、乗客のみなさんにも協力してもらいましたー!

毎週訓練をしてるので、もしも万が一何かトラブルが起きてもご安心を!!

水温も26度ととてもあったかくなってきたケアンズの海!

こんな水中もボート上も楽しいSpirit of Freedomにぜひみなさん遊びにきてください!

SOF 日本人スタッフ そら


PR
アズウェイはペリカントラベルネット シドニー・ゴールドコースト・ケアンズ運営店で現地手配のオペレーターとして30年の経験を持つ日本と現地に事務所を持つ日系旅行会社です。
Bckey
味も景色も抜群!ケアンズの老舗レストラン ダンディーズ・レストラン・オン・ザ・ウォーターフロント
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
テーマ:グルメ 
投稿日:2014/11/13 10:59
コメント(0)
オーストラリアの食とワインの魅力

ケアンズでの食事で、

肉料理にしようか魚料理にしようか迷ったら、お勧めなのが老舗レストラン「ダンディーズ・レストラン・オン・ザ・ウォーターフロント」。豪快なビーフステーキや新鮮なカキ、エビなどのシーフードが揃っています。また、旅行者には、先住民アボリジニが食したオーストラリアならではの食材「ブッシュタッカー」を使った料理が人気で、ワニやカンガルー肉のソテーなどが美味しく食べられると評判です。スタッフはフレンドリーで、気さくな雰囲気。ハーバーに面したテラス席でワインを片手に舌鼓を打ってみてはいかがですか?


PR
アズウェイはペリカントラベルネット シドニー・ゴールドコースト・ケアンズ運営店で現地手配のオペレーターとして30年の経験を持つ日本と現地に事務所を持つ日系旅行会社です。
アズウェイはペリカントラベルネット シドニー・ゴールドコースト・ケアンズ運営店で現地手配のオペレーターとして30年の経験を持つ日本と現地に事務所を持つ日系旅行会社です。

1 - 5件目まで(7件中)