1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. 現地在住旅行社で安心さんの旅行ブログ
  4. 現地在住旅行社で安心さん 留学・長期滞在の記事一覧

  海外エリア: オセアニア > オーストラリア の他のブログはこちら|

日通ペリカントラベル・ネット・ケアンズ発信現地情報

~旅行業のプロは発信致します。 現地に居住(駐在員ではありません。)だからわかる情報をお知らせしてます。 思い出に残る旅をご提案致します。~

旅行業のプロが発信致します
世界トラベルネットワーク 日本通運グループだから思い出の残る旅を、後悔しない旅の相談をお待ちしてます。 安いから頼みますか?現地で万一の時の対策は??
プロフィール

ニックネーム:
現地在住旅行社で安心
居住地:
オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
会社名:
日通ペリカントラベル・ネット・ケアンズ運営店アズウェイ オーストラリア
会社英字名:
会社所在地:
オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
会社電話番号:
+61 1300 761880
業種:
旅行業
自己紹介:
シンガポール日本通運株式会社を本部とする現地旅行会社ネットワークです。

「旅行者の訪れる土地の事を一番よく知っているのは、その土地で働き、生活する私たちだ」と考え、アジアの各地で活躍する現地旅行会社や現地情報発信会社の参加を得て、2004年にアジア旅行情報発信ネットワーク「日通ペリカントラベルネット」を設立いたしました。

今日、この理念はアジアにとどまることなく、もっと大きな世界へ広がっています。
日本の旅行会社には出来ないサービスを世界各地から直接お届けしたいと思っています。

より多くの皆様に日通ペリカントラベルネットをご利用いただき、快適で安心な旅行をお楽しみいただけるよう日々精進してまいりますので、格別のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。

カレンダー
1月<2020年2月    
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

記事一覧

1 - 1件目まで(1件中)

アイス
成立しない事を願います
エリア:
  • オセアニア>オーストラリア>ケアンズ
テーマ:留学・長期滞在 
投稿日:2015/05/26 11:11
コメント(0)

2015年5月予算案で保守連合提案

2015年5月予算案が発表された。その中で「ワーキング・ホリデー・メーカーの所得税を、これまで6か月以上の滞在居住者扱いだったが、非居住者扱い に変更し、税率もそれに合わせて変更する」ことがうたわれている。その結果、ワーキング・ホリデーで働きながらオーストラリアを旅行する若者にとっては収 入が30%以上も減ることになり、ワーキング・ホリデー目的地としてのオーストラリアのメリットが小さくなり、ひいては果実摘みなどの労働力が減ることも 懸念されている。

シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

居住者扱いであれば、年収1万8,500ドルまで所得税免除、それ以上の場合も、超えた所得額に対して19%の所得税が課せられるだけで、最終的に源泉 徴収されていた賃金の還付を受けることができた。しかし、2016年7月1日より新法が施行されて、非居住者扱いに変わると、所得税免除が適用されなくな り、年収8万ドルまで32.5%という上限に近い所得税率が課せられる。この変更で4年間の税収が5億4,000万ドル上昇する。

これまで果実摘みなどの低技能低賃金労働は責任もなく短期で働けるため若いバックパッカーらに人気があったがこのような職種にも重税が課せられるようになる。

ジョー・ホッキー財相は、「この変更は、オーストラリア国民に新税や増税を強いることなく、全ての者が平等に税負担すべきだという考えから出たものだ」と発言している。
■ソース
Federal budget 2015: Backpackers hit with higher taxes


PR
アズウェイはオーストラリアの本拠をもつ現地発信型の旅行会社です。日通ペリカントラベルネットの現地店としても皆様にご愛顧頂いております。
アズウェイはオーストラリアの本拠をもつ現地発信型の旅行会社です。日通ペリカントラベルネットの現地店としても皆様にご愛顧頂いております。

1 - 1件目まで(1件中)