1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アフリカ
  4. タンザニア
  5. 旅行準備
  6. コロナ関連でタンザニア入国に必要なこと

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
8月<2022年9月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

コロナ関連でタンザニア入国に必要なこと

2022/07/27 15:21
キリンのシルエット
エリア:
  • アフリカ > タンザニア
テーマ:
  • 旅行準備
タンザニアの水際対策 入国に必要なこと

1.ワクチン接種証明書(QRコード付き)
2.健康問診票


まず1.ですが、2022年3月より、ワクチン接種者(2回以上)は入国時にPCR検査をする必要がなくなりました。ただし条件として、
・ ワクチン接種証明書にQRコードがついていること
・ タンザニア保健省、WHOが認定するワクチンであること(ファイザー、モデルナなど)
→日本の厚労省が発行するワクチン接種証明書はQRコード付きです(2021年12月20日より)。

ところが、2022年3月22日付けの在タンザニア日本大使館発表では、「タンザニア入国時の水際措置が変更されましたが、現時点においては、ワクチン接種証明書だけで入国することはできません」としており 、日本のワクチン接種証明書はQRコードがついていないので、PCR検査を受けて陰性証明書が必要となっています。

え?QRコード付いてる。混乱しますよね。そこで問い合わせたところ、


ワクチン接種証明書に関する確かな規定を明らかにしていないので分かりかねるという旨の返事でした。入国できた人もいるが、保証はできないと。

うーーん。
アメリカやイギリスの大使館発信では、自国のQRコードは入国に有効であると発表しているので、規定がないという訳ではなさそうです。

そこでタンザニア保健省に直接問い合わせました。
日本のワクチン接種証明書にはQRコードが付いている事、QRコードを読み取ると氏名、生年月日、旅券番号、ワクチンの種類、製品名、ワクチン接種年月日等が確認できることを説明したうえで、この証明書が入国の際に有効か、またはPCR検査の陰性証明書が必要か?

すぐに返信が来ました!
「入国許可されます」
ありがとーーー!
上記のワクチンを接種(2回)していれば、問題ないそうです。
※万が一日本の証明書で入国できないような対応をされたら、タンザニア保健省Mnistry of Health Tanzaniaに確認はとってあると伝えてください。心配なら、保健省からの返信メール(証拠)を転送しますのでコメント欄にご連絡ください。

ワクチン接種証明書はお住まいの自治体が発行してくれます。
「海外用」(英語付き)です。ワクチンを接種したとき、接種券に接種済のシールを貼ってくれるので、それをコピーして送る必要があります。その他に身分証やパスポートのコピーなども必要です。詳しくはお住まいの自治体がウェブサイトで申し込み方法を説明しているはずなので、そちらをご参考に。

入国の際、証明書を見せるだけか提出するかは明らかではないので、コピーを持っていたほうがいいです。イギリスの大使館も「QRコードはプリントアウトして持って行くことを強くお勧めする」と書いています。

2.の健康問診票は、本来オンラインで入国24時間以内に提出するのですが、現在そのサイトがメンテナンス中になっています。
https://afyamsafiri.moh.go.tz

そのため、到着時に用紙に書くようです。

2022年7月27日現在、コロナに関わるタンザニア入国に必要な書類は上記2つだけです。(eVISAも必要ですよ!)
何か不備があったら教えてください!!

**************
タンザニアのコロナ感染状況は発表されていないので、全く分からない状況です。多分ケニアと同じぐらい?と臆されてはいますが、「タンザニアはコロナフリーだよ♪」とかいって皆マスクをしていないので、もっと多いことも想像されます。渡航される方は充分過ぎるぐらい気を付けましょうね。

私はナノフィルターマスク(医療レベル)、消毒液(アルコール度85%)、消毒用シート(もちろん85%)、うがい薬、鼻うがいなど、東京の人混みに入るとき以上に神経質に準備しております。
旅先では気が緩みがちだし、ましてやタンザニア人や観光客もマスクをしていない人がほとんどなので、「大丈夫じゃない?」って錯覚しがちですが、コロナは終わっていません。万が一感染してしまった場合、日本のように医療が万全ではないことを肝に銘じておいてください。

※このページは渡航をおすすめしているのではありません。渡航が決まっている方に対しての情報提供です。
  • この記事が参考になった人(1)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。