1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. 武田ちょっこさんのブログ
  4. ンゴロンゴロ自然保護区「3つの不思議1」

  海外エリア: アフリカ > タンザニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
南アフリカガイドブック、東アフリカガイドブックを作っています。
著書:『ケニア・タンザニア旅ガイド
まるまるサファリの本ver.3』
『南部アフリカ旅ガイド
まるまるサファリと大自然の本』サワ企画
『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。
ブログ:地球まるまるサファリの旅

アフリカ旅行を楽しむには「動物の生態や自然」が重要。ガイドブックには載っていないアフリカ旅行のコツも併せてご紹介します。

カレンダー
12月<2020年1月    
123 4
567 891011
121314 15161718
192021 22232425
262728293031

ンゴロンゴロ自然保護区「3つの不思議1」

2011/03/02 15:12
水牛
エリア:
  • アフリカ > タンザニア > ンゴロンゴロ
テーマ:
  • 観光地
  • / 動物
アフリカには野生動物にまつわる不思議な話が多々ありますが……。

ンゴロンゴロ自然保護区では、巨大なクレーターの内部でどうぶつをウオッチングします。
“クレーター”というのは噴火口のことで、つまりその内部が野生動物のサンクチュアリになっている状態。
分かりやすく説明すると、こんな感じ↓
クレーター

内部へ向かう坂道を下りた所では、外輪山を360度ぐるりと見回すことができ、「火山口の中に入っちゃったんだー!」と実感しますよ。
この中は、山手線円内3個分に相当する広さだそうです。

クレーター内部
(“ンゴロンゴロ”はマサイの言葉で、大きな穴という意味)

外輪山に囲まれた、ちょっと閉鎖感のあるエリア。
ここに棲むどうぶつ達は、ちょっと不思議です。

まず、ンゴロンゴロ・クレーターの内部には、どういう訳かキリンが1頭もいないのです。
それには、「キリンが好きなアカシアがないからだ」
という説明があるけれど、“レライ”という名の森にはアカシアが茂っているしなぁ。
なんでだろう?
森の中のゾウ
(レライの森のゾウ。“レライ”はマサイ語でアカシアという意味)

キリンの他にインパラもいませんねぇ……。インパラについては誰も気にしていないようだけど(^^ゞ
でも、ほぼ同じような草を好むガゼルはいるのに、なぜだろう?

さらに不思議な話は、『ンゴロンゴロ自然保護区3つの不思議2』へ……
  • この記事が参考になった人(26)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
  • 写真に迫力ありますね。生々しい現実を
    伝えてくれてるのは、戦場カメラマンみたいですね。

    象さんは男子会をしてるのですかね
    低周波で連絡を取ってると聞いたことありますよ。

    象の雄たけび聞いたら、
    ライオンもびびるって聞いた事あるよ。 Posted by ひろ 【2011/03/02 20:46:12】
  • コメントありがとうございます。
    男子会っ??かな?
    ゾウの男子は成長すると群れを離れ、単独行動をとるようになるのです。
    タンザニアのタランギレ国立公園での女子会は、お婆ちゃんゾウから赤ちゃんまで集まって大賑わいですよ。ここでは30頭以上の群れが見られます。

    ゾウの雄たけびは恐いですよ!
    キャンプのテントの中でしばしば聞きますが、固まってしまいますねー。 Posted by 武田ちょっこ 【2011/03/02 23:21:40】
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
香港(3)
アフリカ
ケニア(218)
南アフリカ共和国(15)
ボツワナ(12)
タンザニア(10)
ジンバブウェ(6)
ナミビア(6)
ザンビア(3)
北米
カナダ(3)