1. ι? ???
  2. 旅行ブログ
  3. 武田ちょっこさんのブログ
  4. タランギレ国立公園「タダもんではないゾウの群れ」

  海外エリア: アフリカ > タンザニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
南アフリカガイドブック、東アフリカガイドブックを作っています。
著書:『ケニア・タンザニア旅ガイド
まるまるサファリの本ver.3』
『南部アフリカ旅ガイド
まるまるサファリと大自然の本』サワ企画
『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。
ブログ:地球まるまるサファリの旅

アフリカ旅行を楽しむには「動物の生態や自然」が重要。ガイドブックには載っていないアフリカ旅行のコツも併せてご紹介します。

カレンダー
12月<2020年1月    
123 4
567 891011
121314 15161718
19202122232425
262728293031

タランギレ国立公園「タダもんではないゾウの群れ」

2011/04/22 10:38
ゾウ
エリア:
  • アフリカ > タンザニア > タランギレ
テーマ:
  • 観光地
  • / 動物
面積はマサイ・マラ国立保護区の約6.5何倍。広大な敷地に草食動物を始め、ライオンやヒョウも生息するどうぶつの楽園。
しかもマニヤラ湖の近くに位置し、不便でもないのに、なぜかマイナー極まりないタランギレ国立公園。
でも、個人的にはとってもお勧めです。もちろん訳あって。

<その訳1>
ここは別名「バオバブ公園」と呼ばれ、巨大なバオボブの樹がニョキニョキと生えている所です。他では味わえない、なんだか宇宙的な光景が素敵ですよ。

バオバブとシマウマ

<その訳2>
ここは別名「ゾウの公園」とも呼ばれ、アフリカゾウが多い所なのです。
しかも、ここのゾウはタダもんではないのです。

通常アフリカゾウはサファリカーで近づくと、車を避けたり、素通りして行くのですが、ここのゾウは逃げるでもなく避けるでもなく、「ずんずかずんっ!」と接近してくる無法者が多いのです。特にオス。

ゾウ接近
↑近づき過ぎの反則だけど、近寄ってくるのはゾウのほうなのです(^^ゞ


巨大な群れがGメン歩きで迫ってきて、サファリカーの右に左にと囲まれてしまったこともありました ( ̄_ ̄;)ゞ

ゾウの群れ

乾季には公園を流れるタランギレ川に集まってきていて、大軍団になっていることもあります。

なぜ、マイナーなんだろう?
まあ、おかげで空いていて、ライオンがいても独占できちゃうのが、<その訳3>、です。

ライオンもいればヒョウもいて、珍しいフサミミオリックスなども生息。
それをサファリカーの渋滞もなく、独占状態でじっくり見られるんですよ!
お勧めの公園です。

ツェツェバエがいるので、そこんとこだけ注意してください。
  • この記事が参考になった人(13)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。


国一覧
アジア
香港(3)
アフリカ
ケニア(218)
南アフリカ共和国(15)
ボツワナ(12)
タンザニア(10)
ナミビア(6)
ジンバブウェ(5)
ザンビア(2)
北米
カナダ(3)