1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. 武田ちょっこさん

  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
6月<2011年07月    
12
34 56789
101112131415 16
17181920212223
24252627282930
31

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

砂漠のライオン
アンボセリ国立公園「深刻な乾燥化」
エリア:
  • アフリカ>ケニア>アンボセリ
テーマ:観光地 動物 
投稿日:2011/07/15 10:31
コメント(3)
ケニア南部のアンボセリ国立公園は、白茶けた大地が広がるカラカラの半砂漠地帯。
とはいえ、公園西部の広大な砂漠は雨季になると水没し、アンボセリ湖が出現します。
ここは1万年前までは、深さ40メートルもある湖だったそうです。
乾季の湖
↑乾季はカラカラ。

中央〜東部にはキリマンジャロの雪解け水からなる湿原地帯があり、この辺りはカバやゾウが幸せそうに暮らしている楽園です。
オロケニア湿原
↑オロケニア湿原のカバ

1990年頃、この楽園周辺には疎林が存在していました。
そこはゾウやシマウマ、バッファローが湿原に向かうときの通り道で、ゾウが落とした糞に残る未消化の実を狙って、サバンナモンキーも集まってくるにぎやかな一画でした。
もちろんハイエナやジャッカルも登場。
こんな所↓ (1992年撮影)
1990年代の湿原周辺

ところが……
近年この一帯から、木が一本もなくなってしまったのです。
現在の湿原周辺
↑丸はだか (T□T)

アンボセリ国立公園は乾燥化が深刻で、最近は雨季になっても湖が現われないこともあるようです。


2008〜2009年の旱魃で、ケニア南部からタンザニア北部では、多くの野生どうぶつが犠牲となってしまいました。60%のバッファロー、70%のシマウマがやられてしまい、ヌーに至っては87%も激減してしまったそうです。

2010年の調査では、(アンボセリ、ツァボを含むケニア南部からタンザニア北部で)
シマウマの数は1万3,740頭。
ヌーは8362頭。
キリン、4164頭
ゾウ、1420頭。

一方で家畜は激増していて、
ヒツジとヤギは23万4800頭
ウシは10万頭もいるそうです。

乾燥化の主な原因は、過放牧と違法伐採だと考えられています。
日本人に特に人気のあるアンボセリ国立公園。このまま、野生どうぶつの死に絶えた砂漠になってしまわないことを、祈るばかりです(T_T)

※調査報告は、ケニア野生動物公社(Kenya Wildlife Service)より

キリン
マサイ村の伝説
エリア:
  • アフリカ>ケニア>マサイマラ
テーマ:動物 
投稿日:2011/07/04 09:26
コメント(2)
カラスのように地味な黒い鳥、ギンガオサイチョウ↓

ギンガオサイチョウ

これといって面白みがなく、サファリしている時に見つけても素通りしがちなこの鳥は、なぜかマサイ族に忌み嫌われています。


「この鳥が屋根にとまると、その家は火事になる」
という都市伝説ならぬ、マサイ村伝説があるのだそうです。
理由は謎ですが、過去にそんな忌まわしい出来事がマサイ村で相次いだのかもしれないですね。

また、たとえ火事にならなかったとしても、
「この鳥が屋根にとまると、引っ越す羽目になる」
と信じられているのだそうです。
マサイ族って遊牧民だから、しょっちゅう引っ越しているんじゃなかったっけ?とかいうツッコミはやめといて、やはり、この鳥に不吉なものを感じているのですねぇ。

また、たとえ引っ越す羽目にならなくても、
「この鳥が屋根にとまると、雨が降る」
と、なんだか段々ショボい伝説になってきたけど、そう信じられているのだそうです。

マサイ! 何でこんなチンケな鳥にビビっているんだ。と一笑した私でしたが、この鳥を見た翌日、乾季のナクル湖に大雨が降り、車が立ち往生。爆弾のような雷に襲われました。
うーーーむ。

マサイの村伝説でした。

サイチョウの子育て
(↑オスはメスが子育て中、せっせと食べ物を運んでくれる優しいダンナです)

1 - 2件目まで(2件中)