1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. 武田ちょっこさん

  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
南アフリカガイドブック、東アフリカガイドブックを作っています。
著書:『ケニア・タンザニア旅ガイド
まるまるサファリの本ver.3』
『南部アフリカ旅ガイド
まるまるサファリと大自然の本』サワ企画
『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。
ブログ:地球まるまるサファリの旅

アフリカ旅行を楽しむには「動物の生態や自然」が重要。ガイドブックには載っていないアフリカ旅行のコツも併せてご紹介します。

カレンダー
8月<2013年09月    
1234567
891011121314
151617181920 21
22232425262728
2930

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

キリン
ケニア人はフレンドリー!
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:その他 
投稿日:2013/09/28 12:23
コメント(6)
今回ショッピングモールで起きた事件は本当に残念です。

各旅行会社に問い合わせたところ、今のところツアーは通常通り出発しているそうです。
もともとパックツアーは、できるだけナイロビを避けて通るように組まれているケースが多いのですが、ただ今回のことを受けて、ショッピングモールでの買い物は中止し、他の土産物屋に立ち寄るなどの対処をしているそうです。

各ツアーのコースでは、ウエストランド地区は通らないとのことでした。

また、地元の人に問い合わせたところ、ショッピングモールなどの警備は強化されており、街に警備の警官が増えているので、身分を証明するパスポートは常に携帯するように、とのことです。



今回のテロは、隣国ソマリアの過激派組織によるものですが、これは「ケニア軍をソマリアから撤退させろ」との要求のためです。
つまりケニア政府は長年、ソマリア政府や、危険に晒されているソマリア国民のために、過激派組織を掃討するための協力をずっと行ってきたのです。
また、ケニア北部には難民キャンプを用意し、40万人以上ものソマリア難民を受け入れている状態です。
ケニアは新興国で、決して豊かな国ではありませんが、それでも隣国の平和のために国税を投じて努力しているわけです。

一方国民も、60%以上がキリスト教であるにもかかわらず、「イスラム法廷を受け入れる」という法改正案に、70%の人々が賛成票を投じるほど、宗教に対する差別や偏見を持たないフェアな人達が多いです。

これは私達観光客に対しても同じです。ヨーロッパからのお客さんでも、日本人であっても、常にフレンドリーに受け入れてくれる人達です。

実際、私の周りの旅行者で、出発前は、「チーターは見られるかしら」「天気は大丈夫かしら」とサファリの心配ばかりしていた人達が、帰国後に感想を聞くと、ライオンやチーターを見た感動より先に、「ケニアの人達って皆フレンドリーで親切で、とても楽しかった」と返ってくるほどです。

今回、旅行を中止された方々は本当に残念ですが、キャンセルも選択のひとつだと思います。また機会があったら、ぜひケニアを訪れてくださいね。
旅行を中止しないのも、選択のひとつです。私自身は、今後も外務省の海外安全情報が引き上げられない限り、出発します。
出発される方は、できる限りの情報を集め、気をつけて楽しんできてください。


治安や病気について、リスクを下げるための私なりの方法や準備など、これからも気が付く限り書いていきますので、ぜひこのブログに遊びにきてください。

CONTENTS
治安1「そんなに危ないの?」
治安2「宿について」
治安3「貴重品の管理」
治安4「服装について」
治安5「街での持ち物について
治安6「ナイロビにちょっと長く滞在するとき」
治安7「食堂などで声をかけられたら……」
治安8「しつこいサファリの客引きに困ったら」
治安9 ケニアからタンザニア、陸路で移動
治安10「最後に……」
追加1「ナイロビのホテル滞在」
ケニア・ナイロビの治安 「薬物の運び屋1」
ケニア・ナイロビの治安 「薬物の運び屋2」

キリン
ケニアで米ドルは使えるの?
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:旅行準備 
投稿日:2013/09/20 10:25
コメント(12)
ネット上で「ケニアはドルで大丈夫だったよ」といった体験談を時々目にします。
「ドルは強いから喜ばれる」とか。
確かにお土産物屋でドル払いすると喜ばれます。

でも、喜ばれるということは……、土産物屋はトクをしている。つまりドルを払う私達がソンをしているんです(T□Tゞ

1ホテルの紅茶
(↑ホテルのティーラウンジのミルクティー。ポットサービスで600円ぐらいだった)

2食堂のチャイ
(↑街の安食堂のチャイ。ホットミルクで抽出。40円くらい。勿論ケニアの貨幣シリング払い。味はこっちのほうが美味しかった♪)


ドルで支払っても、おつりはケニアの通貨、シリングで返ってきます。
そのとき端数は代金に上乗せ。たいてい私達が損するように計算されちゃいます。
支払う側はそんな面倒な計算は、お店に任せちゃいますよね。
ドルを使っているとシリングに慣れていないし、返されたおつりを見ても、「こんなもんかな」って信頼しがち。

ドルで支払うと喜ぶというのは、そんな意味もあるんです。

3土産物屋
(↑移動途中に立ち寄る土産物屋。値段は言い値)


おつり程度ならまだいいんですが……。


ドルを使っていると金銭感覚が鈍っちゃうんでしょうか。
100ドル札は高額だし、なかなか出しませんよね。じゃ、一番安い10ドル札は?100ドルを考えると、お手軽な感じです。

例えば、土産物でよくある言い値なんですが……
私:「↓これいくら?(額は含みません)」
4バティック
店員:「80ドルだよ」
↑運良くきっちり持っていない限り、100ドル札が必要ですよね。
うーーん。ここで交渉開始。
80ドルをどんどん値引きさせ、30ドルぐらいまで値切れると、ずいぶん安くなった気がする。
10、20ドル札で買えるし、100ドル札に手を付けづに済む。交渉大成功!?
で、ぽんと払っちゃう日本人が多いんです。(私の知人は50ドル払いました)

落ち着いて考えてみてください!!30ドルってケニアではかなりの額です。
ケニアの通貨に換算したら約2650シリング。
一番高い紙幣1000シリング札を2枚出しても、まだ足りないんですよ!

ちなみにこのバティック、私がガイドブックで「おススメ!」と載せたお店で、85シリングの値札が付いていました。


パックツアーでお金を使うのは、ホテルでビールを飲んだり、土産物を買ったり、あとはチップぐらい。
個人差はありますが、たいてい100〜200ドルくらい両替しているみたいです。

ナイロビのショッピングモールで自由行動を楽しめるツアーが多いようですが、ショッピングモールには両替所があります。
ここで買いたい物が見付かったら、すぐ両替できます。

ドルのまま利用するより、使うぶんだけ両替するほうが安心だと思いますよ。

ケニア旅行の持ち物
ケニア旅行の持ち物「これがあるといい1」
ケニア旅行の荷物「これがあるといい2」
ケニア旅行の持ち物「予備のカメラバッテリー」
ケニア旅行の持ち物「持っていって欲しくないもの」

ケニアの荷物 スーツケースについて
ケニア旅行の持ち物 機内持込バッグ
ケニア旅行の持ち物 受託荷物
ケニア旅行のカメラ
ケニアで米ドルは使えるの?

1 - 2件目まで(2件中)