1. ι? ???
  2. 特派員ブログ
  3. 武田ちょっこさん

  海外エリア: アフリカ > ケニア の他のブログはこちら|

サファリが楽しくなるブログ

~失敗しないケニア・サファリ旅行のためのとっておき情報を、“サファリおたく”がお届けします。~

プロフィール

ニックネーム:
武田ちょっこ
居住地:
神奈川県
性別:
女性
自己紹介:
アフリカのサファリ旅行のガイドブックを作っています。
・『 まるまるサファリの本』シリーズ
取材裏ばなしもブログで発信しています!
Note 武田ちょっこ で検索してね!
・『ちょっこの直行サファリツアー!』講談社
・『どうぶつちゃんLOVE紀行』山と渓谷社
・『野生動物発見!ガイド』築地書館
など。

カレンダー
10月<2013年11月    
12
3456789
1011121314 1516
1718192021 2223
24252627282930

記事一覧

1 - 2件目まで(2件中)

キリン
最近のナイロビの治安「セキュリティチェックの強化」
エリア:
  • アフリカ>ケニア>ナイロビ
テーマ:旅行準備 
投稿日:2013/11/21 20:42
コメント(38)
年末年始にケニア旅行を予定されている方々から、治安についてのお問合せを何件かいただきました。

10月中旬から1ヶ月滞在してきた私の感触を、ご紹介します。

1空からみたケニア
(もうすぐナイロビ到着!背景に見える山はンゴングヒル)

まず、事件が起きたような大型のショッピングモールでは、入り口に警備が立ち、荷物のチェックと金属探知機のようなもので、「ピピッ」という検査をしています。
その他ホテルやオフィスビルの入り口でもセキュリティチェック。
外国人が入るような洋風のレストランやフードコートでもチェックは実施されていました。
警備員は強面のSPって感じの人ではありませんが、テロの抑止力にはなっていると思います。

2日曜日のナイロビ
(↑以前は強盗事件が多発していたウフルパークも、今では、週末の家族の憩いの場。事件が増えている一方で、このように以前より安全になった所もあります)

実はテロ事件について、在ケニアの日本大使館のサイト「領事安全情報」では、ショッピングモールのように人が多く集まる所はテロの標的になりかねないので、長居しないように、と以前から呼びかけていたんです。

このサイトは出発前に読んでおくことをおススメします。
これを読むと「ナイロビ、怖過ぎっ」と行きたくなくなっちゃうかもしれませんが、皆さんの安全のために、しつこく「注意を呼びかけている」んです。
「ナイロビは危ないから旅行するな」とは書いていませんよ!

ちなみに、外務省の海外安全情報でナイロビは、「十分注意してください」です。
これはバリ島と同じレベルなんですよ。
と聞いて、安心して気を抜いてもらってはダメですが、いたずらに恐怖心を抱くのではなく、警戒心を抱いておいてくださいね!


ケニアの治安について
2014年12月の治安雑感
ケニア ナイロビの治安1「そんなんに危ないの?」
ケニア ナイロビの治安2「宿について」
ケニア ナイロビの治安3「貴重品の管理」
ケニア ナイロビの治安4「服装について」
ケニア ナイロビの治安5「街での持ち物について」
ケニア ナイロビの治安6「ナイロビにちょっと長く滞在するとき」
ケニア ナイロビの治安7「食堂などで声をかけられたら」
ケニア ナイロビの治安8「しつこいサファリの客引きに困ったら」
ケニア ナイロビの治安9「ケニアからタンザニア、陸路で移動」
ケニア ナイロビの治安10「最後に……」
ケニア ナイロビの治安「ナイロビのホテル滞在」2012年12月
ケニア ナイロビの治安「薬物の運び屋1」
ケニア ナイロビの治安「薬物の運び屋2」
ナイロビの治安「セキュリティの強化」2013年11月
ケニア 治安 夜は出歩かずににテイクアウェイ

NoPhoto
ケニア・サバンナ乾燥化と湖の水没
エリア:
  • アフリカ>ケニア
テーマ:観光地 
投稿日:2013/11/14 20:42
コメント(12)
12日の夜に無事帰国しました!
32G分の写真を撮ってきて、今は整理に追われています。
ケニア・タンザニアのお話は徐々に更新していきますので、ポレポレ待っていてくださいね。

今回は小雨季を体験してこようという計画で出発したのですが------
雨、全然降りませんでした!
とにかくカラカラ。

もともと乾燥地帯のアンボセリ国立公園では、湿原地帯までが干上がっています。

干上がった湿原
(↑白い部分、雨があれば湿原ですが干上がっていました)

湿原だった所
(↑ハイエナがいる所も、雨季は青々とした湿原です)


一方、ナクル湖やボゴリア湖などリフトバレーの底にある閉鎖湖は、水量が増しています。
ナクルの水かさが増しているという話は聞いていましたが、これほどとは……。

ナクル湖のオフィスは水没してしまっています↓
水没したナクル湖のオフィス

浅瀬の岸辺が水没し、行き場が無くなってしまったフラミンゴ達は、車を近づけても逃げませんよ!
コフラミンゴ

↓岸に上がっているのもいます。
岸にあがったフラミンゴ

水かさが増した湖では、フラミンゴも水没。
腰まで水に浸かったフラミンゴ
ハクチョウのように浮いているのではないんですよ。
お腹まで水に浸かってしまっているんです。
これじゃあ、逃げ出すよね……。

数はまばらです。
数を減らしたフラミンゴ

淋し〜。


はてさて、ではフラミンゴはどこで見られるの!?
あちこち取材して、いい所見付けてきましたよー。

ちょっと待っててくださいね。
これからガイドブックの再編集に大忙しです(^^ゞ

1 - 2件目まで(2件中)