1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. スリランカ
  5. 買物・土産
  6. お土産におススメ スリランカ紅茶(フレーバーティ編)

スリランカ現地旅行会社 スタッフブログ

~スリランカを独り占めできるツアー会社が送るスリランカの最新情報~

【あなただけのスリランカの旅】
こだわりのオーダーメイドから簡単申込みのパッケージツアー(お客様ごとの専用車/ガイド)まで。お客様の希望に合わせた旅行プランをご提案いたします。
プロフィール

ニックネーム:
コンチツアー
居住地:
アジア>スリランカ>コロンボ
会社名:
コンチツアー
会社英字名:
CONCH TOUR
会社所在地:
アジア>スリランカ>スリランカその他の都市
業種:
旅行業
自己紹介:
コンチツアーの “コンチ” とは “ホラ貝” のことで、スリランカではとても縁起のよいものとして知られています。
弊社は、“お客さまだけの特別な旅” をたくさん方に提供するための会社です。
スリランカの現地旅行会社だからこそできる、スリランカの最新の現地情報を発信していきます。

Instagramも公開中です
@conchtour

カレンダー
1月<2023年2月    
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

お土産におススメ スリランカ紅茶(フレーバーティ編)

2018/03/15 12:13
title
エリア:
  • アジア > スリランカ > コロンボ
  • アジア > スリランカ > スリランカその他の都市
テーマ:
  • 買物・土産
  • / グルメ
  • / その他
紅茶の国 スリランカ

セイロンティーと聞けばピンとくるのではないでしょうか。
セイロンはスリランカの旧国名です。

紅茶の国らしく、スリランカには様々なメーカーそして様々な種類の紅茶が販売されています。
今回は個人的に好きなフレーバーティーをご紹介します。
いずれもスーパーマーケット、もしくは政府紅茶局で購入が可能です。

teaela●TEALIA マンゴーティー●(茶葉/ティーバッグ)

このマンゴーフレーバーは紅茶葉にマンゴーピールがミックスされています。
とても香りがよく、飲んだ後にもカップやポットから香り立つほどです。このフレーバーの飲み方のお勧めは水出し。約1Lの水に茶葉を大さじ1杯強いれて冷蔵庫で一晩。すっきりとした飲みごたえとさわやかな香りで暑い時期にオススメです。写真は茶葉ですが、ティーバックも販売されています。

個人的にこのブランドの紅茶がとても好きでよく買い求めます。
このブランドの紅茶は、ポットに熱湯を入れっぱなしにしていても、渋みが出にくく最後までおいしく飲める紅茶が多いです。
元はパッケージの絵柄につられて買い求めたのが始まりですが、とてもおいしい。
「シナモンチャイ」「ダークチョコレートアーモンド」「バニラジンジャーピーチ」もおすすめのフレーバーです。


dilmah

●Dilmah ハイビスカス&ローズヒップティー●
(ティーバッグ)


日本でもよく知られたDilmah紅茶。ここはあえて紅茶葉を使わないフレーバーティーを紹介。
ハイビスカスとローズヒップの組み合わせは日本でも人気のフレーバーではないでしょうか。
この紅茶は、ローズヒップとハイビスカスが7:3の割合で混合されています。他には何もなし。鮮やかな赤味と甘酸っぱい味が特徴です。



soursop●Battler サワーソップグリーンティー●
(ティーバッグ)

サワーソップは日本ではあまりなじみのない果物ですが、日本名ではトゲバンレイシやシャシャップと呼ばれるようです。味はたとえるなら洋ナシに近い味でしょうか。お湯を注ぐと、とても甘い香りがしますが味自体に果物の甘みは感じません。スリランカで売られているグリーンティーは渋味やえぐ味が強いのが多いですが、このサワーソップに緩和されているのかこれはとてもすっきり飲めます。


lipton●Lipton シトラスグリーンティー●
(ティーバッグ)

こちらもグリーンティーベースになっています。上のサワソップティーの時にも書きましたが、スリランカのグリーンティーの渋みがシトラスにより緩和されるのか、すっきりとした味で食後などにおすすめです。
お湯を注ぐと柑橘系のさわやかな香りがのぼりたちますので、リフレッシュティーとしてもおススメです。

<2019年2月追記>
最近、各社紅茶の値段が上がってきています。
上記で紹介したTEALIA マンゴーティーの100g缶は、もともとは500ルピーで販売されていました。途中で600ルピーに値上がり、現在750ルピーで販売されています。
それでも日本で買う紅茶缶よりは安いですが、お土産として気軽に配れる値段ではなくなってきています。

そんな中、最近お気に入りの美味しいスパイスティーを紹介します。

Silkenty ボンベイチャイ
葉茶葉にカルダモン,ショウガ,シナモンがフレーク状にミックスされています。カルダモンは1粒1粒そのまま入っています。名前の通り、ミルクで煮出してチャイとして飲むのもお勧めですが、そのままのストレートティーも、甘いものや脂っこいものを食べた後などに飲むとスッキリします。
缶特筆すべきはその値段。120gの缶で355ルピー。この値段は破格です。調べてみるとこのブランドの会社名はThe Tea and Herb Company、スパイスが惜しみなく使われている理由がわかります。あまりスリランカ国内で見かけないと思ったら、主に輸出向けに生産している会社でした。
見つけた際は、是非お試しください。
タグ:
紅茶
フレーバーティー
スリランカ
  • この記事が参考になった人(4)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
こだわりのオーダーメイドから簡単申込のパッケージツアー(専用車・ガイド)まで扱っております。2019年7月28日出発まで全パッケージツアー値下げ実施中です。車のみの手配も可能です。
こだわりのオーダーメイドから簡単申込のパッケージツアー(専用車・ガイド)まで扱っております。2019年7月28日出発まで全パッケージツアー値下げ実施中です。車のみの手配も可能です。
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。