1. 旅行比較サイト トラベルコ
  2. 特派員ブログ
  3. アジア
  4. スリランカ
  5. お祭り・イベント
  6. スリランカのお正月

スリランカ現地旅行会社 スタッフブログ

~スリランカを独り占めできるツアー会社が送るスリランカの最新情報~

【あなただけのスリランカの旅】
こだわりのオーダーメイドから簡単申込みのパッケージツアー(お客様ごとの専用車/ガイド)まで。お客様の希望に合わせた旅行プランをご提案いたします。
プロフィール

ニックネーム:
コンチツアー
居住地:
アジア>スリランカ>コロンボ
会社名:
コンチツアー
会社英字名:
CONCH TOUR
会社所在地:
アジア>スリランカ>スリランカその他の都市
業種:
旅行業
自己紹介:
コンチツアーの “コンチ” とは “ホラ貝” のことで、スリランカではとても縁起のよいものとして知られています。
弊社は、“お客さまだけの特別な旅” をたくさん方に提供するための会社です。
スリランカの現地旅行会社だからこそできる、スリランカの最新の現地情報を発信していきます。

Instagramも公開中です
@conchtour

カレンダー
10月<2022年11月    
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

スリランカのお正月

2018/04/11 11:58
みるく
エリア:
  • アジア > スリランカ > コロンボ
  • アジア > スリランカ > スリランカその他の都市
テーマ:
  • お祭り・イベント
  • / ホテル・宿泊
  • / 歴史・文化・芸術
いよいよ今週の4/14にスリランカはお正月を迎えます。

「4月なのにお正月?」と疑問に思われた方、スリランカ(正確にはシンハラ並びにタミル)の正月は毎年4月13〜14日となっています

このシンハラ・タミルの正月は太陽の黄道12宮の動きを基準としたヒンズー暦に基づくものです。このヒンズー暦に従って、太陽が双魚宮から白羊宮に入る日が新年となるため、13日か14日とその年によって日にちが若干異なるのです。

新年の時刻やそれぞれに適した時間はホロスコープ(占星術)によってはじき出された時刻となります。
今年の大まかな時間は下記のとおりです。ちょっとした説明とともにご紹介します。
なお下で紹介するのはシンハラ正月ですので、タミル式の場合異なる部分がございます。

○新年:4月14日 午前8時13分
新年の始まりとなります。多くの家庭でこの時間に爆竹が鳴らされ新年を祝います。フキコボシ

○かまど(台所)の使い初め:4月14日 午前10時40分
かまどに火をつける時間です。
一番初めに新品の素焼きの器にココナツミルクを入れて沸騰させます。ミルクの沸騰(ミルクがあふれ出る)様子は豊穣を表しているといわれています。新年最初に作る料理はキリバット(ご飯をココナツミルクで炊いたもの)です。

○新年の儀式:4月14日 午前11時53分テーブルセッティング
新年の最初の食事となります。たいてい母親(もしくは家長)が皆にキリバットを食べさせる(結婚式のケーキバイトをご想像ください)ところから始まり、ブラッドの葉にお金を包んだものを渡しあいます。このブラッドは日本ではキンマと呼ばれるつる性の植物で、ハート形の光沢のある葉が特徴です。豊かさや繁栄の象徴とされており、スリランカでは慶事に欠かせないものです(木の葉に灰やプワックという実を混ぜ噛みタバコとしても嗜好されています)。

次に、目上の方(母親や父親)にぬかずいて挨拶をしたり、家族同士で新年の挨拶をしあいます。

その次は、それぞれの本業に関連のある動作をします。例えば学生ならば教科書を開いたり、仕事をしている人は仕事関連のものを動かす(パソコンやミシン掛け)などをして、仕事や学業が順調に行く事を祈願します。

【正月の食卓解説!】伝統菓子

○プンニャカーラヤ:4月14日 午前1時49分〜午後2時37分
聞きなれない言葉だと思いますが、プンニャカーラヤは英語で言えばInauspicious Time。不吉な時間帯と言えばよいでしょうか。
この時間の間に何かを生産する行為(仕事=利益を生産、料理=食を生産など)するのはよくないといわれています。この時間帯の前までに仕事や料理を済ませかまどの火を消さなければなりません。そして、 この時間帯は静かに家で過ごしたり、寺院に出向いたりして過ごします。

他にも頭にオイルを塗る儀式(4月16日午前10時16分)や仕事始め(4月19日午前6時3分)などがありますが、ここまでやる家庭は少なくなっています。特に会社勤めの人は、ここまで休んではいられないのが現実です。

日本の正月と似ている部分、全く異なる部分とありとても興味深いのではないでしょうか。この時期にスリランカに旅行されている方はホテルなどで新年のセレモニーや伝統菓子など新年の料理を食べることができるかと思います。

反対に、4月13、14日は多くの店が閉まります。バスやタクシーなどの乗り物も少なくなっております。ご旅行中の方はご承知おきください(場所によっては4月11日から15日まで長期休業とする場所もございます)。
ご旅行中で、行きたい店や場所がある方は事前に営業しているかどうかを確認されることをお勧めいたします。

シンハラ・タミルの正月のため、モスリム人の経営のお店など通常営業の場所もございます。

グリーティングカード:シンハラ正月の様子が描かれています。正月
右上から時計回りに。1.キリバットを切り分け、テーブルセッティング。2.目上の人にぬかずき、新年のあいさつ。3.集まった親戚などで、ボードゲームで遊ぶ。4.ココナツミルクの噴きこぼしで、1年の豊穣を願う。5.供花をもって寺院に参拝
  • この記事が参考になった人(6)

この記事は、参考になりましたか?
評価する 評価しない

PR
【あなただけのスリランカの旅】 こだわりのオーダーメイドから1日から7日までの簡単申込のパッケージツアーまで。 お見積りは何度でもOK。納得、満足いく旅のお手伝いいたします
【あなただけのスリランカの旅】 こだわりのオーダーメイドから1日から7日までの簡単申込のパッケージツアーまで。 お見積りは何度でもOK。納得、満足いく旅のお手伝いいたします
コメント
コメント投稿
ニックネーム*
メールアドレス
※メールアドレスを記入すると、ブログ作者にのみ表示されます。
コメント(※300文字以内)*
  • ※ * は必須となります。
  • 利用規約をご確認のうえ、コメント投稿を行ってください。